『フローレスから、日野自動車のバスに乗り、10時間で、グアテマラシティへ到着する』@グアテマラシティ/グアテマラ
マイクロバスは僕と見知らぬ白人を一人乗せて、2時ちょうどにティカル遺跡をを出発する。
1時間くらいして、サンタエレーナのホテルサンフアン前に到着。
ティカル遺跡は広すぎて、ホント、疲れたよ。
部屋に戻って、ちょっと寝ようと考える。
僕は、今夜9時の、グアテマラシティ行きのバスに乗る。
だからホテルをチェックアウトしておいてもよかったのだが、朝はバタバタしていてそれを忘れていた。
せっかく一泊分払っているのだから、部屋に長くいて、何とか払った部屋代を取り返したい。
となればベッドに入って寝るのが一番いいだろう。
もちろんそういうセコイ気持ちも十分にある。
昨日、ホテルサンファンにチェックインしたあと、フローレス島を歩き、サンベニートも見ている。
一応ここいらで見るべきものは見てしまったし、結構疲れてもいた。
問題なのは、フローレス〜グアテマラシティ間の道が未舗装で振動がひどく、バスの中ではとても眠れないという情報があったのだ。
ほんの少しでも眠りを稼いでおけば、グアテマラシティへ着いてホテルを捜したりするのが楽になるだろう。
でも、こう決意すると逆になかなか寝つけないもので、ベッドに横になったまま夕方の7時まで本を読んでしまった。
荷物をまとめて、バス会社に着くのが、言われた通り午後8時。
小さな待合室でチョコレートをかじりながらバスの到着を待つ。
夕食を食べないのは、今夜のバスにはトイレがついてないと聞いているから。
バスが揺れて乗り物酔いにでもなったら困るからね。
以前も書いたが、日本人旅行者でエクアドルまでいって、下痢が直らずバスに乗れなくなって旅行を切りあげた人がいた。
ロサンゼルスの安宿「ホテル大元」から中米経由で南米へ行った男は、南米旅行を決めたあとで日本で痔の手術を受けてきた。
中南米旅行はバスが基本なので、シモの問題は非常に大切な事なのだ。
特に、いざとなったらどこでも立ち小便することができない女の子は、大変だよ。
欧米人の女の子の場合は、トイレに行きたくなったら、道端でバスを止めることも平気だ。
日本女性は、基本的に恥ずかしがりやさんだから、自分勝手にバスを止めることはできないだろうしね。
ボリビアのラパスで中南米旅行していた日本人の女の子に聞いてみたことがある。
やはりバスに乗る2日ぐらい前から水分を控えるそうだ。
女性の個人旅行者は、セクハラ、強姦の心配もある。
それ以前に、トイレも自由に出来ないのだから、大変だよね。
バスは夜8時ちょっと過ぎにやってきた。
メキシコで乗っていたバスとは違って、荷物をバスの屋根の上に載せるという、いかにも中米タイプだ。
しかし、よくインドでやるように自分で屋根に上がって自分で縛りつける事まではしなくて、係員が荷物を固定してくれる。
僕は荷物を上げたバスの反対側に立って自分の荷物が降ろされないように見張る。
バスは日本の日野自動車製だった。
僕の15番は窓側の席で、一応リクライニングするが、シートのクッションは良くない。
出発は午後9時ちょうど。
ほんのちょっと舗装道路を走ったと思ったが、すぐに砂利道に入った。
窓の外は真っ暗闇で何にも見えない。
バスはがたごと揺れるが、覚悟していたほどではない。
さすがに本を読むのは無理だね。
3時間ほど走って、途中でバスが止まって、トイレと食事のための休息があった。
山道に屋台が出ていて、乗客はそこで軽い食事をとっている。
僕は何も食べず、屋台の反対側に歩き、真っ暗闇の路肩で立ち小便した。
じょんじょろりん、じょんじょろりん、じょんじょろりん、ぷるぷる。
そのあとは、バスの中でうとうとしては、バスの揺れで目を覚ますのを繰り返していた。
途中でバスの揺れが止まって舗装道路に入ったのを感じたころ、深く眠りこんでしまった。
明るくなったと思ったら、もうバスはいかにも中米らしい、ごみごみした町の中を走っている。
これが中米最大の150万の人口を持つグアテマラシティだ。
バスは、バスターミナルではなくて、ごく普通の町の狭い通りで止まる。
バスの屋根からバックパックが降ろされる。
僕は自分の緑色のバックパックを見つけて手渡してもらう。
出発が午後9時で、現在は午前7時。
結局、フローレス(サンタエレーナ)から、グアテマラシティへ、たった10時間で着いてしまったよ。
予想していた到着時間よりも、ずっと早い。
さてと、ここはいったいどこなんだろう?
もちろんグアテマラシティなんだが、ガイドブックを見ても、グアテマラシティはだだっ広いんだよ。
夕方に着けば、グアテマラシティで一泊するつもりだったが。
とにかく、自分の位置を確認すること。
そのあとで今日どうするか、それを考えましょう。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx