『5時間歩いても見尽くせない、ティカル遺跡の広さに、世界旅行者も敗北を認める』@ティカル/グアテマラ

【ティカル一号神殿】
1989年3月31日午前7時ごろ、僕は「ホテルサンファン」のマイクロバスで、ティカル遺跡に到着した。
入り口の食堂で、ミルクコーヒーを2杯飲んで、眠気を覚ます。
いままでの経験から、ティカル遺跡も2時間程度で見られると考えている。
ところが、歩いても歩いても、なかなか神殿にぶつからない
ちょっと低くなったところへ出て、右手を見ると、高い建物に出た。
しかし、何の装飾もないので、裏側らしい。
やっと、どれかの神殿の裏に出たようだ。
一号神殿裏から正面に出ようと、土の斜面を登ったとたん目の前がぱっと開けた。
そこには僕が回り込んだスリムな形の急角度のピラミッド(これが一号神殿だ)がそびえ、その正面の広場を建物群がぐるりと囲んでいる。
森の中にぽっかりと、マヤの遺跡に囲まれた静かな場所があるのだ。
これはすごい…。
ちょっとじっくり見てみたい。
僕はまず、右に一号神殿を見るセントラルアクロポリスと呼ばれる建物群に上る。
セントラルアクロポリスから、この広場を見下ろす。
崩れた遺跡に腰を下ろして、少し休む。
静寂が遺跡を支配している。
広場には観光客が20人もいないのではないか。
話し声すら聞こえないのは、この遺跡が大きいせいなのだ。
5人ぐらいの白人のグループが、一号神殿の階段の下で固まって、なにやら話をしている。
どうやら一号神殿に上るかどうか、迷っているらしい。
結局、やせて背の高い、身軽そうな若者が一人、階段を上り出した。
残りの女性や年配の観光客は上るのをあきらめたようで下から見上げている。
それはそうだろう。
僕のいるところから見ても、このピラミッドの階段はほとんど垂直と思えるほどだ。
しかもステップは、やっと爪先がかかるだけで幅も狭い。
若者はよそ見をせず、ひたすら階段を上り続ける。
僕もセントラルアクロポリスを降りて、一号神殿の下へと歩いた。
世界旅行者がティカルへ来て一号神殿に上らないという訳には行かないよね。
一号神殿の階段からは以前誰か落っこちて死んだらしく、それ以来しばらくは登頂禁止になっていたという。
ロサンゼルスの「ホテル加宝」で会った中米旅行者がここへ来た時は上れなかったらしい。
上れるというのはラッキーだ。
階段から落っこちさえしなければね。
階段の下に歩くと、階段の下に"USTED SUBE POR SU CUENTA Y RIESGO" (落ちるのはあなたの勝手)という警告板を見つける。
自己責任の原則が貫かれてなかなか気持ちいいじゃないか。
ここで賢明なる読者諸氏は、「ウシュマルの魔法使いのピラミッドとティカルの一号神殿とではどちらの階段が急か」という、もっともな疑問を投げかけられると思う。
これは難しい問題だ。
なぜかというと、魔法使いのピラミッドには階段の左側に鎖があってそれを伝って上れるようになっていた。
一号神殿はそういった安全設備が全くない。
おそらくこれは「国連科学教育文化機関」ユネスコの政策だろう。
だってマヤ遺跡に旅行者の安全のために勝手に鎖を付けるというのは遺跡保護の観点からは間違っているのだもの。
命より遺跡が大切だというのは文化を守る立場からは常識だ。
さらに、ウシュマルよりティカルの方が湿気が多く、階段が濡れていた。
これも上りにくい理由だ。
世界旅行者は迷いなく一号神殿に昇り始めた。
これまでも世界旅行者はさまざまなところで神の声を聞き、それにしたがって、一度も間違いはなかったからだ。
一号神殿から落っこちて、命を落とすならば、それもまた神の定めと心を決めている。
上った観想を言うと、魔法使いのピラミッドより、ティカル一号神殿の方が危険を感じた。
ただこれはピラミッドや階段の傾斜自体の問題ではないけれどもね。
さて僕はもちろんジーンズにスニーカー、Tシャツとディバッグという軽装だ。
特に一号神殿のような急な階段を上る時に注意しておきたいが、肩から掛けるタイプのバッグは安定が悪いので避けた方がいい。
やはり、キッチリとデイパックを背負った方がいいね。
もちろん誰かと一緒に来たのならば、荷物は持って上らない方がいい。
本当に一歩間違うと命がないのだから。
僕は階段にしがみつくようにして、慎重に登っていった。
やっと登った一号神殿の頂上からの見晴らしは素晴らしかった。
一号神殿に正対して前方にあるのが二号神殿。
これは一号神殿よりもずっと緩やかな幅広い階段で上りやすそうだ。
二号神殿の後ろには同じような形の三号神殿がそびえている。
左にあるのが僕が降りてきたセントラルアクロポリスと呼ばれる建物群。
右にあるのがノースアクロポリスという名の建築物だ。

【2007】
四方をこの建物群に囲まれた広場がグランプラサと呼ばれる。
グランプラサとはスペイン語で、英語にすればグランドプラザ、つまり大広場だ。

【2007】
日本語にしてしまうとあっけない話だね。
一号神殿の中でしばらく瞑想をして神の声を聞いた。

【2007】
階段を降りる時は、ものすごく慎重に一段一段身体を確保しながら、ゆっくりと降りた。
これで、ティカル1号神殿に登ったわけだ。
僕が1989年に来る前も、1号神殿は、一時期登頂禁止だった。
2007年に行った時は、マヤ遺跡では、ほとんどの神殿、ピラミッドの階段は登れなくなっていたよ。
だから、マヤ遺跡のほとんどのピラミッド、神殿に登ったということは、貴重な経験だったね。
やはり、高いところから遺跡を見渡すというのは、感動的だからね。
1号神殿を降りて、ホッと一息つく。
汗を拭きながら、グランプラサの中心に出て、周囲を見渡す。
つぎに1号神殿の向かいにある、二号神殿へ上る。
二号神殿の階段は傾斜が緩やかで広く、誰でも登れる(2007年は2号神殿の階段も登れませんでした)。

【2007】
でも、一号神殿に上った後では、スリルがなくて物足りない。
だからまず簡単な二号神殿に登って、それから一号神殿へと登れば二回楽しめるだろう。
この感覚はジェットコースターのようにどんどんエスカレートしていくもののようだ。
ノースアクロポリスをうろついた後、グランプラサを出て三号神殿へ歩く。
三号神殿は下部が整備されていなくて、上の神殿を見なければただの山の斜面のようだ。
木がびっしりと生い茂っている。
登り口もないようだし、特に他の神殿と変わっている様子もないのでこれはパスする事にする。
さて、次は四号神殿だ。
今までの遺跡では「見るものは一つ」という世界旅行理論を、無理矢理に展開してきた。
パレンケなら碑銘の神殿、チチェンイツアならククルカンのピラミッド、ウシュマルなら魔法使いの神殿。
ティカルでなぜこの理論を適用しないかというと、僕に迷いがあるからだ。
グランプラサとそこにそびえる一号神殿は、もちろん見逃す訳には行かない。
しかし、四号神殿から見る、緑の広がりから突き出したピラミッド群の光景もまた素晴らしいのだ。
四号神殿までもかなり歩いた。
神殿の近くの木の下にコーラ売りのおじさんが座り込んでいる。
コーラを一本買うと1.5Q(75円)する。
普通の二倍の値段だ。
高いが歩き回って汗をかいているので、この誘惑には負けてしまう。
それに一休みするにはちょうどいい場所だ。
おじさんの側にカラフルなディバッグが三個あるのは、どうやら旅行者の荷物を預かっているようだ。
見ると、四号神殿の神殿下部は三号神殿と同様にびっしりと木が生い茂っている。
しかし、そこに細いはしごが架かっていてそれから木の根をよじ登って四号神殿へと取りつくようなルートになるらしい。
これでは確かに荷物は邪魔になるだろう。
尋ねるとタダで荷物を預かるというので、僕もデイバッグを預けて登り始める。
登りつめて、もうお終いかと思ったところに、さらに鉄のはしごがあった。
これを気力を振り絞ってよじ登ると、そこが四号神殿の頂上だ。

【ティカル4号神殿の上から、後方には、1号、2号、3号神殿が見える】
四号神殿の頂上は、かなり広くなっている。
そこに立って周囲を見ると、周囲の森の広がりの間に、ぽつんぽつんとピラミッドの頂上が飛び出している感じ。
ここからの景色は有名なので、登ったところには白人が4人いて写真を撮っていた。
一人はかなり専門的な機材を持っていたので、プロのカメラマンかもしれない。
今までティカル遺跡を歩いていても人にほとんど人に出会わなかったのに、この四号神殿の頂上には旅行者が集まってくるようだね。
一号神殿に上るのをためらう人も、この四号神殿にはなんとか上れるのでこの場所へは必ず観光客が来るらしい。
という訳で実際に「上る」という点、また景色の素晴らしさからいえば四号神殿に分があるだろう。
一号神殿からの景色自体はそう大したものではないし、命の危険もある。
しかし、長期旅行者の立場からはいつまた登頂禁止になるかも分からない一号神殿の方に魅力を感じてしまう。
両方上ればいいんだけれどね。
四号神殿の上から見た景色で、このティカルの遺跡がとんでもなく大きくていろんなピラミッドがあるのだと分かった。
これではとても一日では全部見切れない。
時間の問題だけではなくて、体力が続かないだろう。
神殿から降りて、荷物を預かってくれたおじさんへのお礼の気持ちも込めてコーラをもう一本飲む。
デイパックを受け取って、少し足早に進む。
五号神殿は修理中で上れなかったが「ムンド・ペルディード(失われた世界)」にあるテオティワカン風のピラミッドには上った。
ぽつんと外れて南にある「碑銘の神殿」へ歩く途中で「グループG」という建物に出会った。
道からトンネルで壁を通り抜けて建物の中に入れるようになっている。
その建物の中庭の隅に進み、ジーンズのジッパーを降ろした。
なにをするのかわかるかな?
さっきから溜っていたものを放出するんだ。
じょんじょろりん、じょんじょろりん、じょんじょろりん。
ぷるぷる。
あー、すっきりした。
僕は遺跡でいつも思うのだが、トイレの設備がないところが多過ぎるね。
例えばエジプトのギザにある一番大きなクフ王のピラミッドの内部で記憶に残っているのは、何よりもまずオシッコの臭いだった。
ピラミッドの入口から玄室までは、やっとすれ違えるくらいの細い通路を体をかがめたまま長い距離歩かなければならない。
もし内部で尿意を催したら、出口まではとても持たない。
途中で漏らしたら周りの人の迷惑なので、育ちの良い人は必然的にピラミッドの玄室の隅っこで排尿する事になるだろう。
だからピラミッドの中が小便臭くなるのは理論的に避けられないことになる。
遺跡保存を考えるとこの問題がどうもなおざりにされているようだ。
そう思えばウシュマル遺跡でもイグアナをねらって、遺跡に小便をかけた事があったよなー。
白状するが、これは結構気持ちいいよ。
しかし、2007年にティカルへ行った時は、トイレもちゃんと整備されていたので、いまはトイレですることをオススメします。
グループGですっきりしてから碑銘の神殿まで、なんと歩いて15分もかかった。
しかも僕は世界一周であちこちとにかく歩き回っているので、歩くのは早いんだ。
だから、これだけでもどのくらいティカルが大きいか分かるだろう。
碑銘の神殿も修理中で上る事は出来なかったが、ほっとした。
いくらピラミッドに上るのが趣味だといっても、歩き回って疲れていたし、もう高いところへ上るのは飽きたからだ。
もう一度グランプラサを見て帰ろうかと思ったが、それをやればさらに30分ぐらい歩き回らなければならない。
諦めて、遺跡の出口までの近道を歩くが、これでもやはり15分かかった。
現在午後1時だ。
結局朝8時頃から今まで、5時間も歩きずくめだ。
これだけ動いても、まだ北にある小さな遺跡群などは見ていないんだから。
しかも疲れてしまって、これ以上時間があってもとても更に歩き回る気にはならない。
でもまあ、メインの一号・四号神殿に上ったのだからいいとしよう。
ティカル遺跡を本気で見るならば、一日ではゼッタイに不可能だとわかったね。
細かく見るなら最低3日はかかる感じだが、しょせん日本人旅行者は時間に追いかけられていて、じっくり見るのは無理だよ。
マイクロバスの出発時刻まで少し時間があったので、博物館へ入る。
入口で「僕はグアテマラテコ(グアテマラ人)に見えないか?」と聞くと、にこっと笑って「ハポネス(日本人)」と答える。
これを聞いたのはね、実は入場料が外国人は2Qグアテマラ人は1Qだったからだ(笑)。
小さな博物館だが、発掘した墓の内部のモデルなど、興味深いものがあった。
しかし、グアテマラシティにある「国立考古学民俗学博物館」へ行くと、ティカル遺跡全体の大きな模型がある。
これはぜひ見ておくべきだ。
ティカルが大都市だったのだとよくわかる。
もしグアテマラシティからティカルへ進むルートを取るのなら、このなかなか面白い博物館を見逃してはいけないよ。
マイクロバスのところへ戻って、運転手に「もう行こうよ!」と話しかける。
というのは、一緒に来た白人旅行者は遺跡で泊まるはずだし、乗客は僕一人しかいないはずだったからだ。
しかし、運転手は出発時間を守った。
午後2時の出発寸前に、遺跡に泊まっていたらしい別の白人旅行者が1人、あわてて乗り込んできた。
当然のことだが、ティカル遺跡へ来て泊まる人がいれば、泊まったあとで遺跡を出る人もいるわけだ。
考えてみれば、「行ったまま戻ってこないのは、あの世だけだ(笑)」と、また旅行哲学してしまいました。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx