『ホテルサンファンのマイクロバスで、ティカル遺跡へ行ったが、いくら歩いてもピラミッドが見つからない』@ティカル/グアテマラ
「ホテルサンファン」の部屋で本を読みながら寝てしまったらしい。
1989年3月31日の朝、目を覚ますと、明かりをつけたままベッドの上でジーンズをはいたまま横になっていた。
起きたのが午前5時。
ようやくあたりが明るくなりかけたころだ。
朝6時にバスがホテルの前を通りかかると聞いているので、バタバタとトイレを済ませて、1階のロビーに降りる。
ロビーでは白人が3人ほど大きなバックパックを横において椅子に座っている。
話しかけると、このホテルのマイクロバスでティカル遺跡に行き、キャンプ場で泊まるのだそうだ。
パブリックバスの事を聞くが、知らないらしい。
ホテルのマネージャーが「マイクロバスで行った方がいいよ」と話しかけてくる。
「パブリックバスが来るんでしょ?」と尋ねるが、「知らない」という返事。
マイクロバスがやって来て、白人旅行者が5人乗り込む。
マイクロバスは今にも出発しようとしている。
仕方ない。
このバスに乗ると決断する。
僕はなにしろ、今夜のグアテマラシティ行きの、夜行バスに乗ることにしてて、切符も買ってある。
中途半端に意地を張って、ティカルに行き損なったら大変だ。
来るかどうかわからないバスを待つ訳にはいかない。
マネージャーの誘いに乗ってマイクロバスの切符を買う。
往復で10Qだ。
しかし、このおじさんは、僕の目から見ると明らかに信用できなかった。
日本人はだいたいこのおじさんが嫌いらしい。
この後アンティグアで会ったカップルも僕と同じように、いやいやマイクロバスに乗った。
乗る前に切符を買わずに、バスの中で金を払った。
すると、帰る時にも運転手に10Qづつ取られたという(涙)。
マイクロバスは来た時とは反対方向に空港を左に見て走り、三叉路を左に入った。
途中で入場料を5Q払う。
ホテルを出発して1時間ぐらいで遺跡に着く。
森に囲まれた緑の空間が目の前に広がるが、ピラミッドの影も形も見えない。
バスは遺跡をちょっはいったところにある、結構みすぼらしい食堂のそばに止まった。
運転手が「午後2時に出発する。来なければ置いて行く」と宣言して、すたすたとその食堂に入って行く。
その食堂の名前が「COMEDOR・IMPERIO・MAYA」という。
僕も運転手のあとに続いて食堂にはいる。
眠気ざましに、ここでカフェコンレチェ(ミルクコーヒー)を2杯飲む。
ふーっ、ほっとするよね。
まだ時間は7時ちょっと過ぎだから、午後2時までは十分な時間がある。
いままではどんな遺跡でも3時間もあれば見れたんだしね。
しかし、これはティカルの遺跡の大きさをしらない素人の感想だったよ。
ティカル遺跡の規模は、想像を超えていた。
食堂を出てまっすぐに進むと、右側にキャンプ場が見える。
欧米人旅行者というのは小さい時から野外生活に慣れているので、こういうところに来たら必ずキャンプするもの。
特にドイツ人はキャンプ用品を担いで旅行しているので、すぐに見分けがつく。
それに対して日本人は、どうしても外で寝る事は不得意だ。
これがはっきりとした民族性だと思う。
あんまり簡単に民族性なんていってしまうと、単純な決め付けと思われてしまう。
でも、旅を続けていて、いろんな国の人と会って話をすると、それはやはり違うよ。
民族性の違いというのは、やはりはっきりとある。
キャンプ場の更に向こうには草ぼうぼうの細長い広場が見える。
これが飛行場らしいね。
この遺跡のそばの飛行場が、今でも使われているかどうかしらない。
が、サンタエレーナから来る途中に飛行場があって、これが最近拡張されたという事なので多分そちらを使っているのだろう。
目を正面に向けると高級ホテルが2軒あるが、これはツアー客向けのものだ。
左に折れようとしたところに小さな博物館があった。
これは遺跡を見終った後、バスの待ち時間に入る事にする。
なぜって、遺跡にいったらとにかくそこの一番すごいものを見てしまうというのが基本だからだね。
遺跡に入って歩きだすと、この遺跡が今まで経験したものと違うと気付いた。
いくら歩いてもお目当てのピラミッドに出くわさないのだ。
とにかく広すぎるよ。
なかなかよく整備されているのは確かだが。
大きな木がたくさんある森の中へ道が続いている。
下草は奇麗に刈り取られて、巡回路も広くて、はっきりとわかる。
入口でもらったティカルの地図を握りしめながら、ひたすら歩きに歩く。
今までの遺跡、つまりパレンケやチチェンイツア、ウシュマルといったところでは、入口を入ったら、そこに一番のアトラクションがあったものだ。
それはそれで、あんまり開発され過ぎていて物足りなかった。
が、多くの観光客を呼び寄せて短時間で観光させる遺跡として経済的に成り立たせるためには、うなずけるところもある。
ティカル遺跡で、入口からピラミッドまでこんなに遠いのでは、ここでは年配の旅行客はとてもピラミッドまでたどり着けないのではないか、とさえ思える。
ティカル遺跡には、全体的に、なんとなく観光客を拒絶する、きっちりとした、公務員的な雰囲気があるね。
英文のパンフレットをよく読んでみると、なるほどわかった。
ここは「ユネスコ」が開発整備したところらしいよ。
つまり国連の公務員連中が金に糸目をつけず、計画通りに整備したのだ。
道理で、よそよそしいと思ったよ(涙)。
これはインドネシアのジャワ島、ジョグジャカルタのそばにある仏教遺跡、同じくユネスコが整備した「ボロブドール」に行った時も感じた。
わかりやすく言うと、東京に住んでる人は営団地下鉄と都営地下鉄を比較すればいい。
都営地下鉄の駅が無意味に大きくて、入口からプラットホームまで一駅分ぐらい歩かなければならないのを不思議に思った事があるだろう。
これが世界中等しく、税金で生活している連中のやる事なのだ。
といっても、無意味に大きい遺跡整備が無駄という訳ではない。
当然、関連する建設会社や設計会社は儲かるのだから。
あんまり遺跡に遭うのが遠いので、よけいな事まで考えてしまった。
こんな事を考えさせるのでは、これは計画の失敗だね。
歩いていると、小さな石のモニュメントに出くわしたが、こんな小さなものを見に来たのではない。
大きなピラミッド!大きなピラミッド!大きなピラミッド!
それが目的なんだから(汗)…。
ずいぶん歩いて、やっと三叉路に出た。
地図によるともういいかげんピラミッドがあるはずなんだが‥‥。
足を止めて、周りをぐるっと見回すと、右側に傾斜した土の壁がある。それを目で追って上を見ると、これがピラミッドだ!
しかし、こちらからは階段がない。つまりこれはピラミッドの裏側だと分かる。
そこで右に回り込んでピラミッドの正面へと出る。
これは、これは‥‥。
これは、これは…。
すごいねっ!
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx