『サンタエレーナから歩いてフローレスへ、ボートでサンベニート。グアテマラシティ行きの夜行バスを予約する』@サンタエレーナ/グアテマラ
1989年3月30日のお昼前に、僕は、サンタエレーナの「ホテルサンファン」に部屋を決めた。
バックパックを部屋に置き、すぐに、町へ飛び出す。
まず、メルカードへ戻り、グアテマラシティ行きのバスを調べてみる。
ホテルサンファンのおじさんに頼めば、グアテマラシティ行きのバスの切符も取ってくれるという。
それでは、あまりに旅の自由さがない。
おじさんのお膳立通りに、バスの切符まで頼むのは、避けたかった。
「FUENTE DE NORTE」社がグアテマラシティまでバスを運行している。
バスは午前5時、11時、午後9時、10時、11時の5本。
料金は、午後9時のバスが1等バスなので30Q、他は2等バスで16Q。
フローレス〜グアテマラシティ間は、道が悪いと散々聞いている。
1等バスにして少しでも乗り心地を良くするのがいいだろう。
午後9時にフローレスを出れば午前6時にグアテマラシティに着くという。
これを信じれば、たった9時間だ。
僕みたいに、あちこちで長距離バスに乗って旅をしていれば、9時間のバスなどというのは軽い軽い。
もちろんこの話はそのまま信じられない。
切符を売る時には散々おいしい話をしておいて、実際は訳が分からないというのが、今までの経験だ。
日本のガイドブックには「15時間かかる」とあるが、これも信じられない。
この本を書いたライターは、バスに乗らずに飛行機を使って、その正当化のためにバス旅行が大変だと書いているのがミエミエ。
僕のこれまでの膨大なバス体験から、グアテマラでも、バスの事は何にも信じない。
国境を越えると、何かががらっと変わる事がある。
旅行について言えば、両替がどこでも出来る簡単な国がある。
また、国境を越えたとたんに両替するのが一日仕事、みたいな国になったりする。
バスに対する考え方も国によって違う。
メキシコのバスは想像していたよりずっとまともだったし、道路も舗装されていた。
しかし、今朝のバスや道路状態から類推すると、グアテマラではかなりいいかげんなのかもしれない。
ひょっとして朝6時に着く(乗車時間が9時間)といいながら、午後6時(乗車時間が21時間)になるのかもしれない。
でも、バスに乗りさえすれば、いつかは目的地に到着する。
事故にさえあわなければね。
とにかく、バスの便がある事はわかった。
いま言えることはこれだけだ。
まだ午前中なので、明日発つかどうか、ちょっと考えをまとめよう。
湖に浮かぶフローレスへ行って、そこから小舟でサンベニートに渡ろう。
そうしながら、ここがもっと時間をつぶせるところかどうか見てみよう。
フローレスへはサンタエレーナからは土手道(CAUSEWAY)で繋がっている。
その土手道を歩いて、フローレスへ突入する。
ペテン湖に浮かぶ小さな島だが、建物がぎっしりと建て込んでいる。
丘の上にある公園を除いては、緑はほとんどない。
その公園からも建物にさえぎられて、湖の景色が一望出来るという訳ではない。
湖の水もクリスタルクリアーというのではなく、よどんでいる。
1981年の豪雨で湖の水位が4メーターも上昇し、フローレスの岸辺のホテルが浸水したという。
その状態がまだ続いているのかしら。
以前はこの島の岸辺をぐるりと一周する道があったそうだが、それは完全に水没したままだ。
だから岸辺を散策するという事は出来ない。
岸辺には浸水した建物がずらりと並んでいるので、歩いていても建物に隠れて湖はほとんど見えない。
これではわざわざフローレスに来ても、たいした意味はないね。
フローレスでグアテマラ銀行の支店がオープンしていたので、ここでトラベラーズチェックを両替する。
50ドルを替えると135Qになった。
つまり、1ドル=2.70Q。
国境での両替(1ドル=2.60Q)より率がいい。
普通は銀行よりも道端で両替した方が、たとえ少しでもいいに決まっているのだが、これも常識から外れているね。
国境の役人が言ったとおりだ。
あの役人は冗談もうまかったし、結構優秀な人間だったような気もするね。
たしかに、グアテマラとベリーズの国境というものは、グアテマラにとっては重要な地点なんだから。
外務省の大臣が入国管理をしていたとしても、不思議ではない(オイオイ!)。
フローレスの町を歩いても、ほとんど人の姿を見かけない。
島の細い道を歩き回っている。
ドアの閉じた小さな旅行会社の前に「MUNDO PERDIDO」という看板を見つけた。
「失われた世界」
フローレスの最盛期はきっと過ぎ去ったのだと思う。
この島こそが「失われた世界」なのだ。
島の船着き場から、対岸のサンベニートまで小船で渡った。
1Q取られたが、1Qとは約50円なので、あとで考えるとゼッタイにぼられている。
サンベニートからサンタエレーナまで歩いた。
これで、サンタエレーナ、フローレス、サンベニートの3つの町を自分の足で歩いたわけだ。
バスターミナルへ戻り、グアテマラシティ行きのバスの切符を買った。
さっき調べた明日午後9時発、料金30Qの一等バス。
午後8時にはバス会社に来るように、といわれる。
メルカードのレストランで、「ポジョメディオ(ハーフチキン)」と「CABRO」という1リットルのビール瓶を頼んで夕食。
明日はいよいよティカルの遺跡を見る。
ホテルへ戻ると、例のホテルのおじさんが、しきりに明日のマイクロバスの予約をするようにと言う。
それを言を左右にして、はねつける。
「このホテルの前から、朝6時にローカルバスが出る」と、情報を得ていたからだ。
でも、そういう情報もまた、信じてはいけないものだった。
こういういい加減さというのが、グアテマラというか、中米旅行というものだったんだね。
注:この旅行記は1989年のものです。2007年に再訪したら、フローレスは欧米人バックパッカーでものすごく賑わってました。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx