『ホテルサンファンに宿を取ったが、ホテルのおじさんとなんとなく気が合わない』@サンタエレーナ/グアテマラ
1989年3月30日午前11時、ベリーズとの国境の町、メンチョールデメンコスからのバスは、サンタエレーナのバスターミナルへ到着した。
目的地は「フローレス」ということだったが、フローレスとはペテン湖の中にある島の地域の名前。
フローレスへ続く道の湖畔の町、つまり、バスや何かがあるのは、サンタエレーナという。
またもう一つサンベニートという町もあるが、一般的にはこの3つを総称して、フローレスと呼んでいるようだ。
バスターミナルを出て、メルカードを抜けて、湖のある方向へ歩く。
すると、いやにほこりっぽい、寂しい町並みが目の前に広がった。
通りはがらんとして、全く人影がない。
ホテルの看板もあることはあるが、流行っているようには見えない。
「まいったなー」と、心でつぶやきながら歩き続ける。
観光客だらけというのもいやだが、旅行者のいる雰囲気が全くないのも心細い。
なぜって僕は「世界旅行者」であって、秘境探険家ではないのだからね。
こういう時は、とにかくフローレスへと歩こう。
一応、湖の中の島で、多分観光の中心地なのだろうから。
道を聞きながらフローレスへの堤へと歩いていくと、途中に、動きのあるホテルを見つけた。
これが「HOTEL SAN JUAN」だ。
ホテルサンファンは、僕の持つガイドブックにも名前が書いてあった。
この後も、ティカル遺跡へ行った旅行者にはずいぶん出会ったが、日本人旅行者は大体このホテルに泊まっているようだった。
ただこのホテルのマネージャーの評判は非常に悪い。
金儲け至上主義で、ついでに、女ぐせも悪いとか。
日本の女の子は、セクハラに近いことをされたという話もあった。
それは僕がホテルに入った時にぴーんと感じた。
いやになれなれしいおっさんなんだ。
アジアの日本人宿によくいるタイプの、馴れ馴れしいだけの人。
日本人旅行者の一部には、誰でも馴れ馴れしい人と仲良くなって、「僕は現地の人とすぐに仲良くなる、個性的な日本人だ」と自慢するタイプがいるんだよなー。
「おー、日本人か。ここにもたくさん来るよ」と笑顔で、よどみなく言葉が出てくる(もちろんスペイン語だが)。
しかし、その目は笑っていない。
すぐに、今日ティカル遺跡に行くかどうか聞いてくる。
今日行くなら、僕のために、特別にマイクロバスを仕立ててもいいそうだ。
僕はこの提案を即座に拒絶した。
僕は出来るだけツアーでは動かないというのが主義だからね。
金さえ払えばどんな辺鄙なところへも簡単に行ける。
それは本物の旅行ではない。
出来るだけ地元の普通のバスを利用し、普通の食事をし、普通のところに泊まり、普通の人と話をして旅行するのが僕のやり方だ。
もちろんこれは(言うのは簡単だが)絶対に不可能なんだけどね。
旅行者というものはどんなに気取ったところで、しょせん旅行者だからね。
でもそれを理想としてそれになるべく近づこうとするのも旅行者だ。
「出来るだけ」と限定を付けた理由はそこにある。
この「ホテルサンファン」は、外国人旅行者のたまり場みたいなところだった。
そこで、ホテルのおじさんが提案する、お仕着せのオプショナルツアーに乗ってしまうのでは、話にならない。
明日朝から動けば、ローカルバスでなんとか遺跡に行けるだろうさ。
ホテルの部屋を3つほど見せてもらい、ペテン湖に面した窓のある部屋を選ぶ。
部屋代が10Q、1Qが50円なので500円。
窓からペテン湖に浮かぶフローレスの町を眺め、目を下に落とすとゴミの山だ。
誰が考えても、町の廃水は湖に垂れ流しなのだろうから、汚くなるのは当然だろう。
何しろ、ペテン湖には流出する川がないという話だ。
まあいいや、僕はティカル遺跡に行きさえすればいいんだから。
ホテルのフロントに降りると、さっきのマネージャーが明日のティカル観光の予約を取ろうと話しかけてくる。
このホテルでグアテマラシティ行きのバスも飛行機も、全部手配してくれるそうだ。
ティカルまでのマイクロバスの往復が10Q。
グアテマラへの飛行機の切符が145Q。これは7千円を越える。
ロサンゼルスを出て、メキシコ、ベリーズ、グアテマラと、僕は鉄道とバスでやって来た。
サンタエレーナからグアテマラシティまでも、もちろんバスの便がある。
それなのに、わざわざ高い金を払ってまで飛行機に乗るのでは、これはダメだ。
ティカル遺跡へもパブリックバスが出るという話があるので、それで行こう。
興味深かったのは、ホテルサンファンに泊まっている欧米人旅行者が、このおじさんにべったり頼っている雰囲気だったこと。
僕は欧米人旅行者といえば、日本人よりも独立心や冒険心があると、思い込んでいた。
ところが、ホテルサンファンでは、ホテルのおじさんの勧めるままに、ツアーに参加している。
これはちょっと不思議な感じがしたね。
中米はアメリカ人旅行者に取っては裏庭のようなところだ。
それで、グアテマラ人のおじさんに世話をしてもらっても、当然と考えているのではないか。
僕はこのおじさんを日本によくいる、口先のうまい信用の出来ない連中と同じに考えていた。
別にボラレタわけでもなく、なんとなく気が合わなかっただけだけどね。
ところで、後日談。
2007年にティカルへ行った時、このホテルサンファンは、この地域を代表する大旅行会社に成長していました
僕としては、ティカル遺跡へ行く時は、ホテルサンファンの手配ではなくて、ローカルバスで行こうと思った。
明日朝、午前6時に、ローカルバスが出るらしい。
ホテルのおじさんと気が合わなくても、お昼に宿を決めて、バックパックを置いたのはよかった。
次は、ペテン湖の中のフローレスを見て回りましょう。
そのあとは、グアテマラシティへのバスの情報を調べて、予約できるなら予約してしまう。
明日の午前中にティカル遺跡を見て、明日の夜には、グアテマラシティへ移動するつもりだ。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx