『メンチョールデメンコスからティカル遺跡見学の起点フローレスへローカルバスで移動』@サンタエレーナ/グアテマラ
1989年3月30日、今日は、ティカル遺跡見学のために、フローレスへ移動する。
ティカル遺跡というのは、マヤ遺跡の中でも最大規模で、またよく保存されているというので有名なところだ。
チップ少年と別れた後で、昨夜、フローレスへのバスの時刻は調べておいた。
フローレスというのは、マヤの巨大遺跡「ティカル」への基地となる町らしい。
僕がいるのは、ベリーズからグアテマラへの国境を越えたところにある「メンチョールデメンコス」という小さな町。
この町からフローレスへは、午前3時、4時、5時、8時のバスがあるという。
でも、午前3時、4時なんかの夜明け前に、バスに乗る人が本当にいるのだろうか?
改めて考えると嘘のような気もするよね。
午後3時ならば納得できる気もするが。
でもとにかく、昨夜調べたところでは、バスの出発時刻はそうなっていた。
人に聞いた話はもう一度確かめないといけない、というのが旅行の基本だ。
この時刻はバス会社の人に直接聞いたのだが、この後の話を聞けば、もともとかなりいいかげんだとわかるだろう。
とにかく今日はティカル遺跡観光の拠点、ペテン湖のほとりのフローレスまで行けばいいのだから急ぐ必要はない。
朝8時発のバスに乗るつもりだったが、いつもの通り早く起きてしまった。
何もする事がないので、7時15分にバス会社に行った。
僕が来たとたんに運転手が「乗れ!」と言ってバスは動き出す。
客は僕ひとりしかいない。
僕はもちろん、「バスを一台借りきりだ。ラッキー!」と無邪気に喜んだ。
しかし、まだまだ、僕はラテンアメリカの旅行に慣れていなかったのを悟る事になる。
本質的に考えると、バスが時刻表に従って運行しても意味がない。
そんな自己満足が通用するのは、日本という極東の、時間ばかりを気にする変な国の中だけの話だ。
バスを運行するのは金儲けのためなのだ。
たくさんの乗客を乗せて走って、金儲けをするというのがバスの役割だ。
アルジェリアの砂漠の町で乗り合いタクシーに乗った時の経験からも、予測すべきだった。
アルジェリアでは、僕を乗せたまま、一時間も客を捜して町をぐるぐる回ったんだから。
ただ、あの時はプジョーの6人乗りだったし、当然時刻表もなかったのだ。
今度はきちんとした大型バスだ。
それで時間通りに運行すると思っていたのだが、それは甘すぎた。
この大型バスは僕を乗せると、そのまますーっと町はずれにある国境検問所へと移動して行った。
昨日夕方、僕がベリーズから入国したところだ。
ベリーズ側から国境を越えて来る人たちを待つのだろうか…。
国境を越えてくる人影が一向に見えない。
運転手は国境で商売をしている両替屋と、のんびり世間話をしている。
僕もバスを降りて、背伸びをした後に大きな岩の上に座り、ペーパーバックを読んで時間をつぶす。
ここでこのまま、なんと1時間待った。
でも、結局誰も来ない。
8時20分頃、バスはやっと動き出した。
「やっとティカルへ行くんだ!」と喜んだが、まだ甘い。
バスはもう一度町の方へ戻り、あるホテルの前で止まった。
すると、ホテルから白人の旅行者が2人、ゆうゆうと歩いてきた。
ホテルの女の子が付きそっていて運転手に話をしているのを見ると、バスはこの2人が乗るのを迎えに来たようだ。
多分、ホテルでバスの予約を頼んだのだろうが、ずいぶん僕と待遇が違うね。
バスはもう一度、僕が乗車したバス会社まで戻り、そこでさらに、地元のおじさんを1人乗せた。
それからもう一度国境へと戻り、またそこで止まった。
今度は5分ほど止まっていただけで、バスは動き出し、すぐに町を出た。
これが午前8時40分。
なんと僕がこのバスに乗ってから1時間半も町の中をうろうろしていたのだ。
これじゃあ出発時刻を聞いてメモしてバスを選んだ意味がないよね。
でも、バスに乗り遅れたわけではない。
バスに乗っていれば、フローレスへ行くことは確実だから、問題はないさ。
バスは未舗装の道を快調に走った。
約2時間たった10時40分、砂利道が急に舗装道路になった。
すぐに、三叉路にでた。
バックパックを背負った白人2人がここで降りる。
どうやらここがティカル遺跡への分かれ道らしいね。
バスは、2人を降ろしてそのままちょっと走って、空港を通り過ぎる。
サンタエレーナの町のバスターミナルへ到着したのが午前11時。
午前8時40分に国境を出て、サンタエレーナ到着が午前11時だから、2時間半程度だね。
道は三叉路から空港の前まで舗装してあった。
つまり、飛行機でやってくる観光客用に舗装してあるのだろう。
バスが着いたのはごみごみしたメルカードの横にある、バス会社の前だった。
バスはフローレス行きという事だったが、着いた町はサンタエレーナ。
フローレスというのはサンタエレーナと細い土手道でつながっている、ペテン湖に浮かぶ小さな島にある町だ。
そのほかにサンタエレーナとくっついてサンベニートという町がある。
フローレス、サンタエレーナ、サンベニートの3つの町は歩いて回れるほど小さいので、特に区別する意味もないみたいだ。
とにかく、今夜の宿をさがしましょうかね。
僕はバックパックを背負って、バス会社から外へ出る。
僕の前には、全く人の気配のしない、荒れ果てた寂しい町が広がっていた。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx