『ベリーズシティで絵葉書を出し、グアテマラの国境を歩いて越えて、国境の町で泊まる』@メンチョールデメンコス/グアテマラ

【ベリーズシティの中央郵便局の写真(2007年)】
ベリーズシティを午後2時に出たNBSのバスは、ベリーズの首都の小さな町ベルモパンを通り過ぎる。
国境の町、ベンケビエホに着いたのは、夕方の5時半(つまり3時間半かかった)。
僕は、無理をせずに、ベンケビエホで泊まろうと考えていた。
しかしバスの乗客は、誰もここには泊まらないようだ。

それに、ベンケビエホの町はとても小さくて、また宿も見当たらない。
これでは、わざわざ泊まる意味もない。
バスの乗客はみんな、とっととタクシーに乗って国境へ向かう。
僕もタクシーに乗って国境へ向かう(料金は4ベリーズドル)。
ベリーズのイミグレーションで出国スタンプをもらう。
国境を越えてグアテマラのイミグレーションへ歩いて行く途中に両替屋がいた。
「ドルを買うよ」とスペイン語で声をかけてくる。
英語圏のベリーズを1日で通過しちゃったんだな、と思う。
しかし今朝国境で両替屋を信じてちょっと損したばかりだ。
レートを確かめるまでは大金の両替はしたくない。
「ベリーズドルならあるけれど」と答える。
「いくらだい?」
「1ドル」
「それはお土産にしな!」と怒られてしまった。
グアテマラの入国管理官はなかなか朗らかそうな、髭を生やしたおじさんだった。
僕は愛想よく「ブエナスタルデス、セニョール」と挨拶をする。
書類をくれるので記入する。
独身・結婚・離婚とあるので、正直に(これをやると少し可哀想に思って、あつかいが良くなるのではと思わないこともないのだ)離婚と書き込む。
「おー、離婚したのか。理由は何だ」
「僕が貧乏だからです」
「グアテマラの女と結婚したらどうだ?」
「それはいい考えですね。でも金がないから」
「何を言うんだ。金がないから結婚するんだよ。タダでエッチが出来るじゃないか!」
2人で大笑いする。
ラテンアメリカは気楽なところだね。
「ところで今は両替のレートはいくらなんですか?」
「そうだな。表にいる両替屋で1ドルが2.60Q(ケツァル)、ホテルで2.50Q、銀行なら2.70Qだな」
ということは、だいたい1Q=50円だ。
「道端に立っている両替屋さんで替えてもらう実勢レートの方が、銀行よりも悪い」というのは、少しおかしい気がする。
が、世界にはいろんな国があるのだからと、深く考えない(実際、フローレスの銀行では2.70Qだった)。
「じゃあ、表の両替屋で替えても問題ないんですね」
「もちろん!ところで入国審査の手数料は5Qだよ」
入国管理事務所の外に出て20ドル札を出して、52Qに交換し、事務所に入って5Qを役人に渡す。
今日はこの「メンチョール・デ・メンコス」という国境の町でホテルを捜すしかない。
丁度日が暮れようとしている。
役人に町の方角を聞いて、とぼとぼと一人歩き出す。
バックパックを背負って町の方向へ少し歩くと、男の子が英語で話しかけて来た。
「どこに行くの?」
「ホテルを捜してるのさ」
「僕が案内してあげる」
うーん、困った。
子供に捕まってしまった。
どこの国境に行ってもこういった子供はいる。
旅行者をホテルに案内して、お金をもらう類なのだろう。
何故困るかというと、ただ純粋に旅行者と一緒にいるのが好きで、話しかけてくる子供たちも、たまにはいるからだ。
シリアのダマスカスでホテルを一緒に捜しまくった子供も、僕が部屋を決めてロビーに下りて行くと、もう居なかった。
僕としては何軒もホテル捜しに付き合ってもらったのだから、チップをあげなければと思ってたんだけどね。
僕が泊まると決めたホテルから、いくらか出たのかも知れないが。
インドやモロッコの場合は、こんな子供に食いつかれたら絶対に逃げること無理。
僕がいやなのはその見極めが難しいのと、子供に簡単にお金を渡すのは基本的には良くないと思っているからだ。
でも夕暮れのこういう時間に、子供が安い宿に案内してくれるというのはありがたいことだ。
しかも11歳だというのに英語がこんなに話せるのは、かなり頭のいい子だ。
学校のことや、日本人旅行者に会ったかどうかなど、いろいろと話しながら歩く。
子供が案内してくれた1軒目に部屋がなくて、2軒目の「ホテル・サクレウ」に部屋を決める。
シングルで5Q(250円)。
さすがにメキシコよりも安い。
子供をつれてホテルを出て、市場へ行く。
出来るだけお金じゃなくて、お礼をしたいと思ったんだ。
メルカード(市場)で僕はビール(2Q)、彼にペプシ(0.75Q)を買う。
そして持っていたボールペンを1本あげた。
これで彼に対するお礼は終わりにしたつもりだった。
しかしなかなか離れない。
ホテルに帰ると僕の部屋をノックして、チップをくれと言って来た。
面倒だし疲れていたせいもあって、とうとう1Qあげてしまった。
この国境はアメリカ人も日本人も結構通る所だから、考えてみるとこの子供は結構稼いでいるのかもしれない。
ちょっと失敗してしまった。
つい隠していた優しさ、気の弱さが出てしまった。
いくら世界を旅行したところで、旅の中で本当にその人が変わる訳ではない。
明日は、ティカル遺跡へ行くための気転となる町、フローレスへのバスに乗る。
フローレスで泊まって、そこからティカルの遺跡を見る予定だ。
明日早朝のフローレス行きのバスの時刻を確かめ、眠りにつく。
厳密に言うと、中米とはメキシコを含んでいない。
メキシコはまだ「北米」の分類に入っている。
今日、ベリーズを通って、グアテマラに入国したことで、本格的な中米に入ったということだ。
グアテマラで、ティカル遺跡を見たあとは、グアテマラシティへ移動する。
グアテマラシティからちょっと入ったアンティグアという町へ行くつもり。
アンティグアは、スペイン語学校で有名なところ。
日本人もたくさんいるという。
ロサンゼルスを出てから、ほとんど連日移動している。
アンティグアへ行ったら、スペイン語学校へでも行って、しばらく身体を休めることにしましょうかね。
参考: 2007年のベリーズシティの話

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx