『カンクンから国境の町チェトマルへ移動し、一泊して、翌朝VBSに乗って国境を越える』@チェトマル/メキシコ

【2007年のビーナスバスの写真/雰囲気はほとんど変わってない】
1989年3月28日午前10時にカンクンのバスターミナルを出たバスは、国境の町チェトマルに午後2時半に到着。
到着してわかったのだが、メキシコ側のベリーズとの国境の町・チェトマルのバスターミナルは、町の中心から郊外に移転していた。
中南米では交通機関と言えばバス。
列車は路線や本数が少ない上に時刻が当てにならないので、よほどの物好きでなければ利用しない。
中南米では、昔はバスターミナルが町の中心にあった。
バスターミナルの周囲には、安宿や安食堂が必ずあるので、旅行者には非常に便利だった。
旅行者が増えるにつれてバスターミナルはどんどん巨大化する。
まるで先進国の空港ターミナルビルのように近代化されていくことになる。
バスターミナルは、巨大になるので、広い敷地を求めて、町の中心から郊外へと移転する。
新バスターミナルと町の中心を結ぶバスやタクシーが必要になる。
言葉が解らないと、このバスを捜すのが一仕事になるんだよね。
ここまで来る途中、メキシコ第二の都市グアダラハラにも新バスターミナルが完成していた。
グアダラハラでは、ガイドブックに載っている安宿の多い旧ターミナル近辺まで行くのにマイクロバスが走っていた。
真夜中のせいもあってバスを捜すのにとても苦労したよ、いやホント。
今回は朝10時にカンクンを出発したバスが2時半にチェトマル新バスターミナルに到着した。
十分時間はあるので、グアダラハラに到着した夜のように焦ることはない。
チェトマルへ来たのは、ベリーズへ行くためだ。
だから、まず、ベリーズシティまでのバスの時刻と料金を調べよう。
チェトマルからはBBS(Batty Bus Service) とVBS(Venus Bus Service) の2つの会社がある。
このバス会社が、ベリーズシティまでのバスを運行しているようだね。
窓口で明日のバスの時刻を調べようとしていると、長身の黒人が近寄って来る。
彼はBBSの切符を売ろうとする。
このBBSの男と話していたら、どこからともなく商売敵のVBSのちょっと背の低い黒人がやってきた。
料金は同じで7ベリーズドル。
ベリーズドルはアメリカドルと連動していてB$2=U$1。
だから3.5アメリカドル、約500円。
時間的にはBBSが朝6時と8時。
VBSには7時のバスがある。
7時が適当な時間だろう。
VBSに決めようと、何となく雑談で「どんなバスなの?」と聞く。
「VBSのバスはグレイハウンドの中古でトイレ付きさ」と答える。
するとBBSの男が「それは嘘だよ。スクールバスの中古で乗り心地が悪いよ!」と横やりをいれる。
言い忘れていたが、この2人はベリーズ人で、ベリーズは昔英領ホンジュラスだったので、英語を話すのだ。
朝乗るバスにトイレがあるかどうか、というのは大切な情報だ。
朝食でコーヒーを思いきり飲めるかどうか、ということにもかかってくるのだから。
ちょっと考え込むと、BBSの男が「そんなに考えないで!ぼくらが言ってるのは半分冗談なんだからさ」と、慌てたようにつけ加えた。
どうやら二人は友達で、互いに冗談でけなしあっているようだ。
カリブ海沿岸の黒人奴隷の末裔の人たちって、仕事でも何でも楽しんじゃう上に気が好い連中だね。
僕としては、自分にとって都合のいい時間は午前7時。
明日の7時発VBSの切符を買ってしまった。
町の中心まで行ってホテルを捜すことにして、VBSの男に町への行き方を尋ねる。
タクシーが町の中心まで走っているそうだ。
料金はたった1000ペソ(60円)。
そのタクシーで町の中心の旧バスターミナル跡に着く。
旧バスターミナル周辺の安ホテルを当たるが、とても高い。
シングル1泊で50000〜55000ペソ(3000円以上)もする。
アメリカドルで20ドル以上だ。
道端で、「シューストリング」を開いて、調べる。
旧バスターミナルから少し海の方へ歩いた所に、安い宿がいくつかあるようだ。
バックパックを背負って、その方向へ、大通りをゆっくり歩いて行く。
町のメインストリートは、「アベニーダ・デ・ロス・エロエス」、つまり「英雄たちの通り」だ。
ここはさすが国境の町らしく、電気製品やお土産を売る店が続いている。
ただ、町としては人通りも少なく、特に活気があるようには見えない。
その通りに面した安ホテルを3軒当たって、「ホテルバルーディ」にする。
33号室、1泊17000ペソ(960円)。
部屋にはベッドが1つと天井に裸電球が1つだけで、他には何にもない。
国境の町は人が通り過ぎるだけなので、物価は高く、ホテルの設備は良くない。
昔旅した、アメリカとメキシコの国境の町、ティファナやシウダフアレスを思い出すね。
レストランでポジョ・コン・パタータス(チキンとフライドポテト)をパラ・ジェバール(テイクアウト)にする。
スーパーマーケットでセルベッサ(ビール)とビノティント(赤ワイン)を買って、部屋で食事をする。
その後暇つぶしに、ちょっとスペイン語の勉強をして寝た。
翌朝は目覚し時計を午前5時半にセットしておいたのに、いつものように目覚し時計の鳴る前、5時に起きてしまった。
旧バスターミナルの前でタクシーを拾い、新バスターミナルに着いたのが午前6時10分だ。
僕が乗る予定の、午前7時出発予定のVBSのバスは、7:05にやって来る。
グレイハウンドではなくて、予想通りスクールバスを塗り替えた奴だ。
乗り込むと乗客は僕一人。
7:15にバスターミナルを出たが、ちょっと走ってすぐガレージに入った。
何をするのかと思って、バスをでる。
バスから外に出て眺めていると、それからバスのタイヤの修理を始めたのだ…。
結局町を実際に出たのは午前8時過ぎになった。
町を出てすぐ、8:15にはメキシコのイミグレーションに着く。
ここでツーリストカードを渡し、パスポートに出国スタンプを押す。
またバスに乗り込み8:35にベリーズのイミグレーション。
ベリーズのビザはメキシコシティで取ってある。
ここから言葉が全部英語に変わったので、ちょっとほっとする。
僕は旅行に必要な程度の言葉は、スペイン語で言える。
だが、バルセロナのスペイン語学校に通いながらも、脳味噌はワイン浸けになっていたので、まだまだ十分ではない。
グアテマラへ行けばスペイン語学校があるそうなので、そこでもう一度勉強するつもりだ。
ベリーズを除いては、これからは英語の通じる国はない。
ドルを通貨として利用しているパナマも、もちろん英語は通じるだろうが、公用語はスペイン語だ。
ベリーズの入国審査を済ませると、すぐに両替屋の大群が待っていた。
持っている9000ペソ(4ドル弱)を、相手の言い値で、あわてて6ベリーズドルに両替する。
両替したあとで考えてみた。
4ドル弱とは、ベリーズドルでは8ドル弱のはず。
すると、1ドルちょっと損していることになるね。
だがこの程度なら仕方がないだろう。
無事にメキシコとベリーズの陸路国境を超えたのだから。
国境でバスを乗り換えて、国境で待っていたらしい乗客も増えた。
途中オレンジウォークという町を通り過ぎるのが10時25分。
終点のベリーズシティに着いたのは、ちょうど正午12時になった。
参考: 2007年のベリーズシティの話

xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx