『体調を壊したが、カンクンの部屋で寝て、病気を治し、チェトマルへ』@カンクン/メキシコ
1989年3月27日朝、起きると頭ががんがんいたい。
そういえば昨日寝る前におなかが痛くなって、トイレに何度も通ったっけ。
咳も出る。
風邪かしらん?
なんとなく熱っぽいが、体温計まで持って旅行している訳ではない。
昼過ぎにバスに乗る予定だが、出発を延ばそう。
と思いながらシャワーをひねると、なぜかこのホテルに泊まって初めて、熱いお湯が出た。
これは「ここにいろ」との神の啓示だ。
バスの切符のキャンセルに、ふらふらしながら、バスターミナルまで歩く。
窓口で聞くと、キャンセルは出来ないが変更は出来るとの事。
2000ペソの手数料を払って、バスを明日3月28日の出発に変更する。
明日だと、昼ではなくて、朝9時半出発のバスに乗れる。
これだと、ベリーズとの国境の町チェトマルへ着くのも午後3時頃だから、宿を捜すにもちょうどいいだろう。
カンクンの町を歩いて、薬局を捜して、アスピリンを買った(6000ペソ)。
部屋に戻って、ジーンズとソックスをお湯で洗って窓際に干す。
今日は一日中、部屋でペーパーバックを読みながら、のんびりとベッドで寝ている事にした。
体調を判断すると、食欲は旺盛なので、心配はない。
ホテルの前の屋台に出かけては、3食をきっちり食べたので、きっと明日は大丈夫だ。
1989年3月28日朝、ぱっちりと目が覚めた。
昨日と違って、元気いっぱいだ。
体調が悪いという意味は、身体が「休みたいよー!」と言ってるだけ。
身体の声に耳を傾けて、そのとおりにゆっくり休めばそれですべては解決する。
これは旅行中に何度も経験したので自信を持って言える。
「うんと寝れば体は回復する」
これも「世界旅行理論」の一つだ
昔、ロンドンで連日酒を飲んで動き回って無理を重ね、ほとんど眠れない夜行バスでパリに着いて、完全に体を壊してしまった事がある。
全身の皮膚が赤く腫れたみたいになって、体力もなくなった。
保険会社に紹介してもらったパリの「ロピタルアメリケンヌ(アメリカ病院)」で見てもらった。
女性医学博士の指示は、「酒を飲まず風呂に入らず、体を休めろ」とのこと。
風呂に入らないのは言われなくったって楽だった。
が、ワインが安いスペインで飲めないのは辛かった。
結局、スペインでの禁酒は一週間しか続かなかったけどね。
でもこれで、体調はキレイに回復した。
日本のように注射や薬を山ほど処方しなくても、調子が悪い時は、身体を休めれば回復するものなのだ。
回復しないなら死ぬだけだが、それもまた神の定め。
考えて見ると、メキシコに入ってほとんど動きずくめだ。
グアテマラのアンティグアにたどり着けば、状況にもよるけれど、スペイン語の勉強でもしながら少し休めると思う。
早くメキシコを出よう。
中南米旅行なのにメキシコ付近でうろうろして時間を使い過ぎては意味がない。
カンクンからチェトマルへのバスは、午前9時半出発予定だったが、実際は10時出発。
左にカリブ海を見ながら、バスは快調に飛ばす。
途中に「トゥルム」という海岸沿いの有名なマヤ遺跡があるのだが、見ない事にする。
明日はベリーズへの国境を越えるつもり。
「世界旅行者」としては、遺跡一つ見るよりも一つ国境を越える方がずっと刺激的だからね。
チェトマルに着いたのは午後2時半だった。
出発は30分遅れたが、到着時間はちゃんと帳尻を合わせてるじゃないか。
チェトマルのバスターミナルは、ぴかぴかに新しく、郊外に新設されたものだ。
ただ、新設されたバスターミナルというものは、設備はいいが、町へ行くのが面倒くさい。
それは、グアダラハラのバスターミナルで経験済みだ。
またセントロへ行くのが面倒なんだろうなー。
とにかく中南米では、巨大バスターミナルが流行りだ。
当然、バスターミナルは、町の郊外に作ることになる。
バスターミナルと町の中心を結ぶ交通手段に乗り換えなければならない。
マイクロバスがあるかもしれないし、タクシーがあるかもしれない。
でも大丈夫。
まだ、真っ昼間だ。
昨日ちょっと体調が悪くなったのは、きっと「夕方にチェトマルに着いてはいけない」とのお告げだったのだろう。
自然の流れに任せていれば、この世の中に悩む事はないのだ。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx