『イスラムへーレスで、白人トップレス美女を見る』@イスラムへーレス/カンクン/メキシコ
1989年3月26日、カンクンダウンタウンの「ホテルカント」301号室で目覚める。
さてカンクンでやることといえば、まずとにかく、ひと泳ぎすること。
カンクンはビーチリゾートなので、海に入れば、一応目的は達成できる。
あとはとっとと、次の目的地ベリーズへの交通手段を考えること。
ところでカンクンの高級リゾートホテル群は、砂州の上にずらりと並んでいるようだ。
ちょっと場違いなので、もっと庶民的に泳ぎたい。
カンクンの沖には「イスラムへーレス」という小さな島があって、そこで泳げるらしい。
イスラムへーレスとはスペイン語で、「女の島」と解釈出来るが、女性だらけなのかそれはわからないよ。
今日はそのイスラムへーレスへ行くことにする。
せっかくエアコン付きの部屋にいるのだからと、エアコンをつけて10時過ぎまで部屋にいた。
というのは嘘で、実は水が出ずに髭も剃れず、歯も磨けなかったのだ。
何度も文句を言ったが、10時過ぎにやっと冷たい水が出始めた。
ホテルを出てイスラムへーレスへ行く途中で、バスターミナルへと歩く。
まず、ベリーズとの国境の町チェトマルへのバスの時刻を調べる。
予約状況を聞くと、明日昼ならバスの席が空いているそうだ。
カンクンの町は物価が高いし、ホテルもお湯が(水も)出ない。
ここでぐずぐずしても仕方がないので、明日ここを出る事にしようかな。
今日泳いでしまえば、カンクンへ来た目的(カンクンで泳ぐ)は達した事になるのだし。
僕の旅行の基本は「常に移動する」という事だし、バスの切符があれば「行け」という神のお告げだと考える。
切符は明日27日、午後1時15分発、チェトマルまで約5時間で、料金が11000ペソ。
バスターミナルから、イスラムへーレスへのボートが出るという町はずれのプエルトフアレスまでタクシーに乗る。
タクシー代が3000ペソかかった。
桟橋には長い人の列があり、ボートはすぐにやって来た。
ボートの料金が1200ペソ。
船の右舷には、カンクンの砂州の上に立つ高級ホテル群が、海に浮かぶ蜃気楼のように続いているのが見えた。
船は大揺れに揺れながら40分で、イスラムへーレスに到着する。
桟橋で降りて、一応ホテルの料金を調べてみる。
明日のチェトマル行きのバスは予約してあるが、だからといってそのバスに乗るとは限らない。
旅行では一瞬先に何が起きるかわからないのだから。
もしここのホテルが安くて居心地が良さそうなら、しばらくいたっていい。
まず、高級そうなホテルから値段を当たると、シングルで111000ペソだが、これは50ドル近い。
なるほどこの島が安い時代というのはもう終わったんだな、と理解する。
続いて当たると、26000ペソ、30000ペソ、50000ペソ。
カンクンよりは少し安いが、安い部屋は本当にぼろぼろなので、わざわざここに来る必要はない。
小さな町を歩いてみる。
貸バイク屋が結構ある。
料金の一例は、時間あたり8000ペソで最低2時間、デポジットが50000ペソ。
1時間8千ペソだと、2時間で1万6千ペソ、この時期のレートだと約8百円。
ちょっとメキシコにしては高いんじゃないかい。
だってバイクを借りたらいくら狭い島だって、半日はゆっくり乗り回したいよね。
カンクンの町にはバイク屋がないのにこの島にバイク屋が多いのは、よく考えてみるとここが「島」だからなのかしら。
島ならば、バイクを乗り逃げする可能性が低いという事だろうか。
今まで僕がバイクを借りたところを考えてみても、ほとんどが島だった。
でも待てよ、スリランカのヒッカドゥアビーチにはバイク屋が沢山あった。
僕もヒッカドアビーチから旧ドイツ要塞都市ゴールまで海岸線を飛ばしたものだった。
でも、スリランカを小さな島と呼べるかというと、その定義が問題だけれどね。
さて、ここで「世界旅行理論」のひとつが確定した。
「ビーチへ行けば必ず貸バイク屋が存在する」
念のために言っておくと、この場合は一般的に「免許証」は必要ない。
必要な場合でも南太平洋のラロトンガ島などでは、すぐに免許証を発行してくれる。
建前では免許が必要だというところでも、普通は黙認だ(ただ最近は取締りが厳しくなったという噂も)。
イスラムへーレスは特に物価が安い訳でもないし、家が建て込みすぎていて、のんびりした南の島の雰囲気もない。
せっかく来たのだから、島の北の端にある「ココビーチ」へと歩く。
ココビーチには昔ココ椰子があったそうだが、病気になって切り倒したそうで、今は何にもない。
小さな砂浜に出ると、有料トイレ(1000ペソ)があったので、中で着替えした。
浜辺で寝ころび、サングラスをかけてペーパーバックを読み出す。
金髪の女の子がトップレスでいるので、体をそちらに向け、本を読む振りをして観察する。
飽きたら海でばちゃばちゃと泳いで、これでイスラムへーレスは、終了。
帰りの船は島へ来た時とは違って、大きくて豪華だった。
料金も高くて、2階の展望席に乗ると、6000ペソも取られる。
でも、カンクンのホテル群を見て、水泳のあとの、疲れた身体を休めながら、船に揺られるのはいいね。
今夜は、すぐに寝られそうだ。
プエルトフアレスの船着き場では、一度に大勢の人が降りたので、タクシーの奪い合い。
僕は少し歩いて、通りかかったタクシーをつかまえた。
運転手と話をすると、船着き場からバスターミナルまでは2500ペソが普通なのだとか。
僕は途中から乗ったので2000ペソにしてくれた。
これで、カンクンで泳ぐという目的を達成した。
明日のチェトマル行き切符も入手した。
これからいよいよ本格的な、中米旅行になるね。
メキシコまでは誰でも来るだろうが、ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマへは、なかなか行かない。
しかも、1989年のこの時期は、中米旅行の情報があまりなかった。
「Lonely Planet」も、手書きの頼りない地図を載せてたしね。
ベリーズは問題なさそうだが、次の国グアテマラも反政府勢力との戦いが続いている。
さらには、ニカラグアにあるのは革命政権だよ。
いろいろ心配なことはあるが、ロサンゼルスのホテル加宝で知り合った旅行者は、中米から南米へ旅をしていた。
彼によれば、特に問題はないとのこと。
まあ、いけるところまで行って、現地で考えよう。
というのが、僕の中米旅行は、中南米一周旅行の一部なので、あんまり中米自体にこだわりはないんだよ。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx