『カンクンの市街地で我慢できる値段の部屋を見つけ、レンタルバイクを捜しに歩く』@カンクン/メキシコ
1989年のカンクンのバスターミナルは、ダウンタウンのド真ん中にあった。
カンクンは、メキシコを代表する有名なビーチリゾートだ。
しかし、僕くらいの歳だと、エルビスプレスリーの青春映画「アカプルコの海」を見ている。
昔は、メキシコ西海岸のビーチリゾート、アカプルコの方が有名だったね。
エルビスプレスリーが活躍した1960年代は、メキシコのビーチリゾートといえば、アカプルコだった。
しかし、1970年代になると、メキシコ政府主導で、カンクンがリゾート開発された。
1981年のカンクンサミットで、高級リゾートとしてカンクンの名前は有名になった。
僕が旅をしている1989年では、アカプルコはすでに過去の名所だったよ。
ところで、時間をかける本格的な中南米旅行者の場合は、マヤ遺跡を見物しながら南へと下って行くもの。
ユカタン半島のマヤ遺跡を見ながら旅を続けていると、自然とチチェンイツァへ来ることになる。
カンクンはそのチチェンイツアからバスでたった3時間。
だから、メキシコのビーチリゾートとしては、カンクンに来るのが常識になっていた。
カンクンのビーチリゾートは、カンクンのダウンタウンからは、ちょっと離れている。
リゾートはカンクンの海岸から海に突き出した、砂州の上の高級ホテル群にある。
バックパッカーがそんな高いところに泊まるはずはない。
当然ダウンタウンの安ホテルを当たることにする。
目に付く安そうなホテルを軒並み当たるが、安いホテルでシングルが20〜30ドルで、ダブルが40ドル以上もする。
いままでのメキシコの旅では、ちょっとまともな安ホテルのシングルルームなら、だいたい10ドルが相場だった。
安くて、シングル20ドルとは、高いなー!
これではアメリカ並の値段じゃないか。
しかも、夕方なので「シングルはない。ダブルだけ」とダブルの部屋を押しつけられそうになったりする。
結局6軒ほど歩いて回って、町の中心から少しはいった「ホテルカント」にした。
僕が選んだのは、ホテルカントの301号室。
3階の小さな部屋で、シャワーとトイレ、それにエアコンがついている。
料金が45000ペソ、この時期のレートで20ドル弱。
この場所でこの設備でこの料金なら、カンクンとしては、安い方だろう。
明日イスラムへーレスに移るかも知れないので、この程度の部屋でいいことにする。
ホテルに荷物を置き(部屋のベッドに南京錠をかけたバックパックをチェーンで結んでということね)町に飛び出す。
始めての町(観光地)に着いたら、とにかく観光案内所を見つけて地図をもらうのが旅行者の常識だ。
カンクンの案内所はメインストリートのツルム通りの歩道上の小さなボックスだった。
カンクンの無料パンフレットをもらう。
これは英語で書かれた小冊子で、地図も観光案内も店の紹介もある立派なものだ。
さすがアメリカ人を対象にしたビーチリゾートっぽいね。
町を歩いても、白人観光客が多い。
スーパーマーケットに入ると、輸入品が山と詰まれている。
ハイネケンが1個4300ペソで売られているのを見ると、ヨーロッパからのツアー客も多いのだろう。
さて、インフォメーションで特に僕が聞いたことがあった。
それは何だろう?君が本物の旅行者なら分かるだろう。
ビーチにやって来て、泊まっているところが町の中心で、ビーチへ行くのに時間がかかる。
ということは捜すものはただ一つ。
モトシクレータ(モーターサイクル=バイク)をアルキラール(レント=貸す)所だ。
ビーチではバイクをぶんぶん跳ばすのが気持ちいいからね。
僕はこれまでもロードス島・ハワイ・バリ島などでバイクを借りて楽しんできた。
インフォメーションで「レンタバイク屋はどーこ?」と聞いたのだが、どうやら知らないようだ。
素っ気なく「レンタカー会社で聞いたら」との答が返る。
そこで「ホテルアメリカーナ」という、なかなか立派なホテルに行ってみた。
フロントデスクの姉ちゃんにも、そこに入っていた「ハーツ」の兄ちゃんにも聞いた。
だが、2人ともバイクを貸すところは知らないそうだ。
知らない事でも何でも教えるというのが、メキシコ人の親切さの常識。
すると、カンクンの町にはバイクレンタル屋はないということなのかしらん。
歩き回るのも疲れたので、今日の町の探索はこれで止める。
町の中華料理屋で夕食をとったが、ここではビールが2000ペソでそう高くはない。
しかしいろいろ注文したらなかなかの値段になってしまった。
この町はやはり、貧乏旅行者向きではないね。
ホテルに戻ってシャワーを浴びようとしたら、お湯(アグアカリエンテ)が出ない。
フロントに文句を言うと「出る」と言い張る。
結局お湯は出なかったが、面倒なので寝ることにする。
どうもこの町は好きじゃないが、それも明日考えよう。
今日は、メリダからカンクンへ移動して、まあまあの値段の部屋を確保できただけでいいだろう。
夜になると、エアコン付きの部屋のありがたさがわかったけどね。
しかし、基本的にはエアコンは身体に良くない。
エアコン無しの安宿に泊まって、元気に旅をしてきた僕の身体に、エアコンが悪い影響を与えるのを、まだ知らなかった。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx