『メリダのホテルを支払い、絵葉書を送り、一等バスに乗ってカンクンへ』@カンクン/メキシコ
1989年3月25日、ホテルの部屋で気持ちよく目を覚ましす。
シャワーを浴び、荷物をまとめてチェックアウトする。
結局メリダでは、ホテルサンパブロに1泊、ホテル・ラティーノには3泊した。
その間に、一日はメリダの町の観光をして、残り2日で「チチェンイツァ」と「ウシュマル」の遺跡へ、ローカルバスで往復したわけだ。
ホテルに泊まる時はチェックイン時にその日の宿代を払う。
その後は請求されるまで出来るだけ払わない、というのが旅行の原則。
計画通りに旅をする人たちは「ここに3泊する」と決めたら、最初に3泊分払ってしまう。
が、これは基本的に間違っている。
旅行では何が起こるか分からないからね。
面白そうな旅行者と会うことも、超美人と知り合うことも、よくある話。
一緒のホテルに泊まったり、現地で知った遺跡へ足を延ばすのも、楽しい。
計画通りに旅行をするなんて、あまり意味がない。
なにが起きるかわからないならば、いつでもホテルを変われるように、自由のきく態勢を作っておかなければならない。
「一度払った金はまず戻ってこない」というのが世界の常識だからね。
だから僕はこの朝のチェックアウトの時に、最初の1泊分の残りの2泊分を払った。
1泊24000ペソだから、合計48000ペソ。
バックパックをホテルのフロントに預けて、郵便局へと歩く。
久しぶりに日本へ5枚、アメリカへ2枚(サンフランシスコの女の子と「ホテル加宝」の人たちに)のハガキを出す。
メキシコでは土産物屋よりも安く、郵便局の前で、絵はがきを売っていることがよくある。
しかし、僕はチチェンイツァの遺跡で買った、ちょっと高めの洒落た絵はがきを送る。
絵葉書がメキシコから日本へ1600ペソ、アメリカへは1100ペソの料金だったね。
この時代のメキシコの物価を考えれば、切手の料金としては、ちょっと高いと思ったよ。
午前11時発予定のバスは、出発直前までターミナルに来なかった。
バスターミナルではチェックインの時に荷物を預ける。
今までのように自分で荷物をバスのトランクに入れるのではなく、係員に手渡すシステムだ。
バスがやって来て、乗客が乗り込むとすぐにスタートした。
「こんなに短い時間では、僕の荷物はバスに載せてないかも…」と悪い方に考えた。
メキシコだから、次のバスにでも載せてくれればいい。
一応荷物の預かり証もあるので、たとえ遅れても何とかなるだろうと覚悟をする。
僕がこんなことを書くと、旅行の初心者は「西本さんは心配症だなー」と思うだろう。
そのとおりで、僕はとても気が小さい。
しかし、僕の考え方が正しいのも事実だ。
例えばアメリカの有名な「グレイハウンドバス」の事を考えてみれば分かる。
以前「グレイハウンド」は、日本に支店を持っていた。
その時代の日本のガイドブックは、まるで宣伝用のパンフレットを丸写したかのようなことを書き散らしていた。
「グレイハウンドではミールストップ(食事のための休憩)のあと乗客のチェックをして始めて出発します。遅れて運転手に迷惑をかけないように、早めにバスに戻りましょう」と書いてあった。
これを信じてとんでもない目に遭った旅行者がたくさんいた。
僕はアメリカ・カナダをぐるりとグレイハウンドで旅行したが、運転手が乗客の人数を確認したのを一度も見た事がないよ(笑)。
途中のトイレストップやミールストップで、運転手に置き去りにされた日本人は数え切れない。
荷物が行方不明になったというのもありふれている。
僕自身も、ワシントンからマイアミへ下る途中、ジャクソンビルでバスを乗り換えた時、荷物が別のバスに積み込まれていた。
アメリカ国内でもこういうことはよくあることだから、中南米では「バスに荷物を預けたら出てこない」と覚悟していた方がいい。
それを避けるためには、荷物を預けなくてすむように、車内に持ち込める大きさの荷物にまとめるというのも解決法の一つだ。
中南米旅行者にはディバッグ一つだけで何か月も旅行する人たちも珍しくない。
僕の場合はとにかくいろんな本を詰め込んでいるので、バックパックなしという訳には行かない。
基本的には、無くなってもいいものしか入れていない。
もっと言うと、なくなったらなくなったであきらめがつく。
身軽になるし、話の種にもなるので、どちらでもいい。
バスは途中でチチェンイツアを右側に見て、平坦な舗装道路をカンクンに向けて、異常な速さでぶっ飛ばす。
カンクンのバスターミナルに着いたのが午後4時半だった。
荷物が着いてないと思っていたのに、バスのトランクから僕の緑色のバックパックが見えた時にはちょっとびっくりしてしまった。
こういう風に最初から期待していないと、案外とうまく行くものなんだ。
中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx