『ウシュマルの魔法使いのピラミッドに登り、他の遺跡を見て、夜はソカロでワインを飲む』@メリダ/メキシコ
バスを一緒に降りたのは、僕の他はメキシコ人の家族4人組(お父さんとお母さん、子供2人)だけだ
ウシュマル遺跡の入場料は2950ペソ。
窓口で念のために「ここからメリダ行きのバスはあるんですか?」と聞いてみる。
ウシュマル遺跡始発でメリダ行きのバスが、午後1時半にあるらしい。
昨日のように切符を買おうとすると、その必要はなく、その時刻に駐車場で待っていればいいのだとか。
観光客も少ないようだし、ウシュマル始発ならば、乗れないってことはないだろう。
ウシュマル遺跡の入口の建物も、昨日のチチェンイツアに比べるとちょっと小さいが、きちんとした立派なものだ。
その建物を抜けると、すぐ正面にそびえているのが、「魔法使いのピラミッド」。
このピラミッドが変わっているのは、普通のマヤ遺跡とは違って上から見ると楕円形をしているところ。
今までに見たパレンケの「碑銘の神殿」も昨日のチチェンイツアの「エル・カスティージョ」も面で構成された四角錐だった。
天文台と考えられる建築物以外は、マヤの建物はだいたいは直線と平面で構成されていた。
それから考えると、この「魔法使いのピラミッド」はかなり変わっているね。
とにかく、高いところに登るのが僕の習性なので、ピラミッドの頂上へと登りだす。
これは言うのは簡単だが、実際はとんでもない。
魔法使いのピラミッドの正面にあるのは、ほとんど垂直かと思えるほどの急な階段だ。
しかも一つ一つのステップは、やっと爪先をかけられる位の幅しかない。
バンコクのチャオプラヤー川沿いにそびえる「暁の宮殿」に登った経験のある人は、思い出して欲しい。
暁の宮殿の頂上近くの急な階段が、もっと横幅が広くて手すりがなく、もっとずーっと長いと考えればいい。
登るのは命がけだよ。
命がけという意味は、ここで文字通り、落ちて死んだ人も怪我をした人もいると思う。
そこでこの階段の左側に、鉄の鎖が取り付けてある。
鎖を伝ってロッククライミングをするようによじ登るのだ。
正直言って、僕は気の小さい男だ。
日本にいたら、こんな危ない階段なんかには、いくら頼まれても、金を積まれても登らない。
でも、ウシュマルに来てこの有名な「魔法使いのピラミッド」に登らないのならば、最初からこんな旅行に出ない方がいい。
日本でいいかげんな旅行記やガイドブック、それに近頃よく見かける海外観光ビデオでも見て、ウンチクを傾けていればいいのだ。
一度本物の旅行に出たら、もう後戻りは出来ない。
どんな危険な階段も登らなければならないし、どんな危険な事にも飛び込まなければならない。
そう決意して、そのために旅に出たのだから。
インドのバラナシ(ベナレス)に行ったら、ダシャシュワメードガートで死体の流れるガンガ(ガンジス河)に飛び込む。
僕はガンガを見たら、躊躇なく、すぐにパンツ一つになって、水に入った。
「あそこは汚いから飛び込んだら病気になるよ」と言い訳をして、ガンガーで沐浴しなければ、旅に出た意味がない。
僕は冷や汗をかきながら、えっちらおっちらとピラミッドに上った。
ピラミッドの頂上から遺跡全体を眺めると、遺跡を囲む緑が地平線までずっと広がっている。
ユカタン半島には「ジャングル」という名で日本人が想像するような「天を覆う密集した木々にツタが絡みつく昼でも薄暗い森林」は存在しない。
僕は実際にアマゾンやボルネオのジャングルを歩いた事があるが、それに比べれば、ユカタン半島はただの林といっていいだろう。
日本の普通の山よりも木の生え方に迫力がない。
もともと、この半島はサバンナ気候なので熱帯雨林は形成されないのだ。
「魔法使いのピラミッド」の上からは、ウシュマル遺跡の全景が俯瞰出来た。
チチェンイツアよりは規模が小さいが、それでもかなり数の面白そうな建物が見える。
主な建物は修復してあるようだが、端の方には崩れたまま、木が生えたままのピラミッドらしいものが見える。
未整備の部分もかなりあるようだね。
一番いいのは、観光客が少ないってこと!
遺跡の駐車場にも、観光バスは一台も止っていなかった。
見下ろす遺跡にもほとんど人の姿が見えない。
これこそが遺跡というものだ。
パレンケやチチェンイツアは、とにかく人が多過ぎた。
ピラミッドの頂上で物思いに耽っていると、一緒のバスでやって来たメキシコ人家族が登ってきた。
「オラ!ブエノスディアス。コモエスタン(おはようさん。どうでっか儲かりまっか)」
と僕から声をかけると、向こうも挨拶を返す。
子供たちが狭いピラミッドの頂上を走り回るので注意をしてあげる。
「ムイペリグローソ。チコスボニートス(危ないよ、可愛い子供たち)」ってね。
高いところに登るだけなら案外簡単なものだ。
問題はピラミッドを降りる時だ。
もちろん、ピラミッドの正面から降りるならば、鎖もある事だし安全だ。
でも、これでは面白くない。
同じことを繰り返しても感動がないよ。
正面よりもっと危ない反対側(鎖もついてない急な斜面)から、意を決して降りた。
このときの僕の気持ちは、いくら文章で書いても、誰にもわからないだろうね。
ただ一つ言っておきたいのは、「おしっこはちびらなかった」ということだけだ。
「魔法使いのピラミッド」から、日本ではとても考えられないような斜面を、ロープもなしに降りたことで、すっかり疲れ果ててしまった。
何時も言うように「一つの遺跡に見るものは一つ」という「世界旅行理論」からすれば、これでもうウシュマルはお終いだ。
ウシュマル遺跡には、まだまだいろんな建物があちこちにある。
もちろん、一番危険なのは魔法使いのピラミッドなので、後は気楽に、歩いて見学すればいいだけ。
ちなみに、僕が登った後、魔法使いのピラミッドは危険すぎて、登頂禁止になってしまいました。
僕が登った、パレンケの碑銘の神殿も、チチェンイツァのエルカスティージョも、ティカルの1号神殿にも、今は立ち入り禁止になってます。
魔法使いのピラミッドから下りると、その後ろの「尼僧院」とのあいだにイグアナがいるのを見つける。
崩れた遺跡の石の上で、50cmぐらいあるイグアナがじっとしている。
イグアナが自然にいるのを見るのは初めてだ。
わーっ、かっこいい!
僕が目を見つめても、もっと近くに寄ってにらめっこしても、びくともしない。
僕も、イグアナのように四つん這いになってじっとしていた。
イグアナは哲学者なのかも知れないね。
イグアナにおしっこでもかけてやろう、とチンコを出したら、イグアナはするするっと動いてどこかに消えてしまった。
次に尼僧院をうろついた。
なかなか奇麗な建物だが、本当にこんな狭いところに誰かが住んでいたのだろうか?
だって今は3月。
それでも昼間は結構暑いのに、夏場の一番暑い時にこんな石造りの建物の風通しの悪い狭い部屋に住んでたなんて考えられない。
日本と違って土地はいくらでもあったはずなのだからね。
尼僧院の正面のマヤアーチの入口から「球戯場」を抜け、「総督の館」へ足を進める。
総督の館は、表面が石切り細工で飾られ、いかにも堂々としている。
でも、大きな3つの部屋があるだけだ。
その正面には犠牲者の首を載せたというチャックモールの像があるので、やはり祭儀用の建物なのだろうと思う。
このチャックモールの上に座って、犠牲に捧げられた人の、恍惚とした叫びを聞いていた。
「大ピラミッド」の上まで登ろうとしたら、監視員に笛を吹かれて注意された。
これは、大ピラミッドの状態が悪くて、危険だったからだろう。
まだ時間があったので、鳩のグループ・墓のグループ・北のグループと呼ばれる遺跡群を歩き回っっていた。
頭蓋骨と骨の海賊のマークと同じものが、石に彫ってあったのを見た。
だが、どこだったか覚えていない。
広大な遺跡を、歩き回ったので、この頃になるとすっかり疲れてしまった。
入口のレストランへもどって、ビールを飲んで休む。
ビールが3500ペソもする。
これは普通の3倍の値段だ。
遺跡はいいが、レストランは高すぎるね。
午後1時半に来るというバスを期待せずに待っていたら、2時過ぎにやって来た。
話の通りここが始発らしく、誰も乗っていない。
料金は2500ペソ。
これはラッキーだ。
ウシュマルからメリダへの帰りは、道でバスを止めなければいけないかもしれない、と心配していたのだから。
午後2時過ぎに出発したバスは、午後3時半にメリダのバスターミナルに到着。
歩いて、メリダの中央郵便局へ行く。
友達に絵ハガキを送ろうと思ったのだが、郵便局はなぜか閉まっていた。
明日のカンクン行きバスは午前11時発なので、ハガキを送る時間はある。
大好きなメリダのソカロでベンチに腰かけて、さらに友達にハガキを7枚書いた。
毎日通っているソカロの横のいつものピザレストランで、ピザとワインをオーダーしてゆっくりと夕食を取る。
ウェイターは僕の顔を覚えているので、いつもと同じワインをまず持ってきた。
なかなか気がきいているじゃないか。
このときにわかったのだが、レストランでの食事というのは、お客とウエィターの一致協力したパフォーマンスなのだよ。
ゆっくりと食事をして、非常に気持ちよくチップを出して、ウェイターに「僕は明日カンクンへ行く」と宣言をした。
「それは残念です。また、来て下さい」とウェイターは言う。
僕は「また戻ってくるよ」と言う。
多分もう会うことはないと、知っているけどね。
このメリダのソカロの春の宵とこのレストランの事を、僕は決して忘れないだろう。
この素敵な思い出を壊さないために、僕はこの町を訪れる事はない。
それは、君と僕との気持ちがぴったりと合ったこの夜を、ずっと懐かしく思い出すためだ。
過去を心安らかに思い出すためには、思い出を物語に変える時間が必要なのだ。
注: 2007年にユカタン半島一周旅行をして、メリダへはまた行きました。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx