『夜中に目が覚めて、日本のガイドブックを旅行哲学して、ウシュマル遺跡へ』@メリダ/メキシコ
1989年3月24日深夜1時頃に、目が覚めてしまった。
冷や汗をびっしょりかいているところを見ると、きっとまた別れた女性(女房)の夢を見たのだろう。
いつもこうなのだ。
「僕が悪いんじゃない!」と大声を出して飛び起きてしまう。
そうさ、僕が悪いんじゃない。
だってずっと、僕は君のことを好きだったんだから。
何で起きてしまったのかはともかく、変に気が高ぶって眠れない。
暇つぶしにロサンゼルスの旭屋書店で買って来た、「地球の歩き方・南米編」を読み始める。
ロサンゼルスを出て、ずっとバスを乗り継いでやっと20日になる。
旅行ペースは予定より遅れているが、スペイン語圏での旅行も板について来たし、この調子なら何とかなりそうだ。
「地球の歩き方・南米」は買おうかどうか迷っていて、ロサンゼルスを出る直前に購入した。
一度もじっくりと目を通したことがなかったのだ。
ざっとめくると、あんまり役に立ちそうにないというのが印象。
本当に旅行した人が書いているのではない。
短期旅行者や留学生や現地の旅行会社や、いろんな本からの寄せ集めだ。
例えばブエノスアイレスの情報がいやに多いが、これを書いたのは旅行者のはずがない。
留学生か旅行会社を使ったのだろうと想像出来る。
ホテルリストも異様に細かく、ブエノスアイレスだけで100近くのホテルの名前がズラリと載っている(涙)。
これはツーリストインフォメーションでもらうパンフレットを,、そのまま写したような雰囲気だ。
ガイドブックの編集者は情報が多ければいいと考えているらしい。
情報はただ並べてあるだけでは意味がないのだ、と知らないのだろう。
ガイドブックを作るというのは、ある種の旅を読者に提案するということだ。
だから、インターネットのホテル紹介サイトも、ホテルの数が多くなるほど、役に立たない。
ネットのホテル紹介サイトというのは、ただの「電子チラシ」だ。
インターネットとはいっても、結局、紙のチラシがネットにおいてあるようなもの。
旅行会社を回って、チラシを集めて、それを全部比較検討するような、ムダ無意味な行為に過ぎない。
あるホテルを選んでガイドブックに載せるということは、編集者の思想の表現なのだ。
それをしないのなら、電話帳が一番いいガイドブックということになるよ(笑)。
数が多くなるに連れて、ホテル情報は、電話帳になってしまう。
情報は、数が多いよりも、数が少ない方がいいんだ。
ちなみに長期旅行者のバイブル「シューストリング」では、ブエノスアイレスのホテルで名前を挙げてあるのは9つだけだ。
本当に旅行してないと、旅行者に何が必要な情報なのかわかるはずはない。
もちろん旅の提案も出来ないはず。
この「地球の歩き方」のすごいところは、旅行を知らないくせに堂々とお説教したりすること。
ガイドブックを作るという事は非常に誠実に行わなければならないのだが、それがわかるほど日本のレベルは高くない。
旅行をしょせん遊びとしかとらえられないんだろうね。
「歩き方」でクスコの太陽の祭り(インティライミ)を紹介していて、「南半球では太陽が西から昇る」と堂々と書いてある。
これを編集しているのが、どの程度の知性の連中かが見え見えだ。
真面目な話なんかこういう連中には通じないと悟ってしまうのだけれど。
この僕が紹介した、有名な「太陽が西から昇る」を見つけようと買いに走ってはだめだ。
僕が南米からていねいな手紙を出して注意した結果、これは書き改められた。
国立国会図書館へ行けば、ちゃんとその時期の「地球の歩き方」は保存されて、立派に残っている(笑)。
南米の面白いところは、日本人南米旅行者は基本的に、スペイン語やポルトガル語がしゃべれないということ。
日本人旅行者と俗に言われている連中は、旅行もせず、日本人同士で固まって日本人の集まる宿に集まっている。
この状況はイスタンブールで出会った世界一周中の自動車旅行者から詳しく聞いてある。
彼から、南米の日本人宿の名前も大体教えてもらった。
「歩き方」の役に立つところは、この日本人宿の情報が載っているということ。
もちろん僕はこんなところには泊まらないんだけどね。
でも、日本人宿に日本語の本を読みに行くにはいいだろう。
このガイドブックを眺めるかぎりにおいては、南米旅行もそう問題はないようだ。
と、勝手に決めつけたとたん、急に眠くなってきて、ベッドに潜り込んだ。
また一度深く眠ってしまった。
Z Z Z Z Z Z Z Z…
夜中に一度起きていたのに、また、目覚し時計の鳴る前に起きてしまった。
だって、ウシュマル行きのバスは、ターミナルを午前8時発なんだも〜ん。
今日もバスの出発が遅れるかもとゆったり構えていたが、とんでもない。
朝8時ちょうどに、バスはバスターミナルを出た(乗り遅れそうだった)。
これが中南米旅行の問題点らしいな、どうやら。
遅れるかと思うと、次の日は予定通りに出発する。
毎日毎日が気まぐれに動く。
逆にいうと、毎日が刺激があって楽しいことだろう。
この人生観には見習う事が多いね。
ウシュマルはメリダからバスで1時間ほどのところにある。
ガイドブックによると昨日のチチェンイツアのように道端で落とされて、それから歩いて行くようだ。
ところで僕の乗り込んだバスだが、ごく普通の2等バスだった。
ありふれたローカルバスで、観光客らしい雰囲気の人間は僕の他は白人が一人だけ。
彼にしたってウシュマルに行くのかどうかわからない。
こういう時はこの白人に話しかけて、ウシュマルで一緒に降りると確かめることも考えられる。
が、運転手にはっきりと話をつけておくのが手っ取り早い。
知らないうちに遺跡を通過されてしまうと面倒な事になるのだから。
「運転手さん。僕はウシュマル遺跡で降りますよ」と話しかけて、確認する。
バスは、舗装された道路を、速度を特に上げるでもなく、調子よく走っている。
1時間を過ぎてもまだ一向に停車する気配がない。
運転手が止まるのを忘れたのかしらんと心配になったころ、バスはスピードも落とさず急に道を右へ外れた。
バスは細い道をしばらく進み停車。
午前9時20分。
見ると、止ったのはウシュマル遺跡のゲートの前だ。
ひょっとしたら僕が運転手に言ったせいで、遺跡前で止ったのかもしれない。
また、そうじゃなくて、バスはみんな、もともとウシュマル遺跡の前で止るのかも…。
ラテンアメリカでは、起きてしまった事の理屈をいろいろ考えても仕方がない。
「必ずこうだ」という事はこれらの国々では存在しないようだ。
うまく行ったらそれを単純に喜んでいればいい。
一つ一つの出来事を神の定めとして、受け入れていればいいのだ。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx