『チチェンイツァのセノテで、中年カップルの人生を旅行哲学して、メリダへ戻る』@チチェンイツァ/メキシコ

【チチェンイツァのカラコル(天文台)にて(2007)】
団体ががやがやと行ってしまったあと、日本人の中年男性と水商売風の30代の女性のカップルを見た。
彼らは、セノテの脇で、何やら深刻そうな顔で話をしている。
2人の様子から、どうやらただの観光旅行ではないようだ。
その時、僕にパッと彼らの人生がひらめいた。
僕がひらめいた、この2人の関係はこうだ。
まじめな中小企業の社長が錦糸町のキャバレーの女に金をつぎ込んで会社が傾き家族から無視される。
女にもたちの悪いヒモがいたのだが、もともとが東北出身で根は純情。
夜の蝶の生活にも疲れ果てて、2人で死のうと決めた。
これで九州は阿蘇山へでも行って火口に飛び込もうとするのは、これは大阪万博までの考え方だ。
今や、阿蘇山まで行くよりもメキシコへ行った方が切符と宿泊代を合わせたら安いかも知れないという時代。
社長も先代社長の不細工な娘と無理矢理結婚させられて、社長という名前だけで残業代もなくこき使われてきた。
こんなに世間の垢にまみれてしまうまでは、夢多き少年だった事もある。
そうだ!と思い出したのが、小学校の時に学校図書館で読んだ「マヤ物語」だ。
ユカタン半島にはセノテという神秘の泉があって、そこでは処女が神に捧げられて犠牲にされたという。
どうせ死ぬならこういうロマンチックなところがいいや。
と決意して、2人ではるばるチチェンイツアまでやって来た。
昨夜はメリダの高級ホテルに泊まり、今朝タクシーで念願のセノテにやって来た。
しかし、来てみると日本人の団体を初め、人がいっぱいで心中の気分が盛り上がらない。
セノテを覗き込むと、ただの小汚ない池だ。
そこで、飛び込むのは止めようと相談しているのだ。
この2人の様子から、こういうふうに2人の事が当然に推定出来た。
でも僕はこのカップルに話しかけて、「そうです。死んではいけませんよ」とアドバイスするほどお節介ではない。
無言で、優しい目で、2人の新しい人生の出発を、黙って暖かく見守っていた。
それが本物の「世界旅行者」なのだよね。
さて、これでチチェンイツアの2大呼び物の「エル・カスティージョ」と「セノテ」を見てしまった。
後はバスの時間までゆっくりと、遺跡をぶらつけばいいや。
次に「戦士の神殿」をうろつき、球戯場へと歩いていたところククルカンのピラミッドに長い列が出来ているのに気付いた。
列があれば何かあるのだろうと最後尾に並ぶ。
これが「世界旅行者」だ。
世界旅行者が提唱する「世界旅行主義」では、自分では主体的に計画したり考えたりせず、その場でなにか見付ける。
前の人に何故並んでいるのか聞くと「ジャガー」という答。
そういえばこのピラミッドの中に、もうひとつのピラミッドがあると読んだことがある。
実はそのとおりで、ピラミッドの中に入り細い階段を上ると、そこにはジャガーが鎮座していた。
これもチチェンイツアの名物のひとつだ。
危うく見逃すところだった。
もちろん部屋に帰ってゆっくりとガイドブックを広げると、ガイドブックにははっきりとジャガーの事が書いてあった。
このジャガーが見れるのは真昼と夕方の限られた時間なので、注意しておかないと見損なうよ。
ただ2007年に行ったときは、このジャガーは見れなかった。
その後、モンテアルバンと比較すると異常に大きな球戯場を見た。
ここまでが新チチェンと呼ばれる部分で、そこから旧チチェンへとかなり歩く。
旧チチェンではマヤの天文台といわれるカラコルの中に入り、尼僧院という建物をうろついていた。
遺跡を見すぎたせいか、変に頭が痛くなった。
遺跡に当たったようだ。
遺跡を見すぎても、疲れるだけなので、これで切り上げましょう。
メリダへのバスが心配だったので、2時40分には入口に出て座り込んで待っていた。
バスが来ない。
同じくバスを待っている雰囲気の白人旅行者と「君も待ってるの?」と確認したら安心した。
メキシコでは、というか中南米では、交通機関は遅れるのが常識。
だって今朝の、メリダからチチェンイツァへのバスは、1時間も待ったんだからね。
しかしバスは思ったより遅れず、15分たった午後3時にはやって来た。
バスがメリダへ着くと、今度は、バスターミナルでウシュマル遺跡への切符を買う。
明日24日の朝8時発、座席が13番、2300ペソ。
これでメリダ近辺の大きな遺跡、チチェンイツァとウシュマルの2つを見る事になる。
チチェンイツアとウシュマルへはローカルバスで行けるが、その他のカーバ遺跡などへはローカルバスでは不可能だ。
もっと見るのなら現地のツアーに参加するしかないが、あんまりここで細かな遺跡巡りをしても仕方がないだろう。
僕はしょせん旅行者で、マヤ遺跡研究家ではない。
日本からのメキシコツアーでも、カンクンからの現地ツアーでも、チェンイツアまでは行く。
が、メリダからカンペチェ方面へ1時間のところにあるウシュマルまでは、日帰りが難しいので、なかなか行かないもの。
「世界旅行者」としては、ウシュマルを押さえておけば十分だろう。
こんなところで時間を使わずとも、南へ下ればまだまだ見るものがいっぱいある。
ということは明日ウシュマルを見てしまえば、メリダに用はない。
世界的なビーチリゾート、カンクンへ行ってしまおう。
明後日の25日のカンクン行きのバスも予約する。
午前11時発、座席が7番、10200ペソ。
ソカロのピザレストランで大きいピザとワインを1リットル、計10ドル。
その後、人で賑わうソカロのベンチに座った。
春の花の香るソカロで、酔いをさましながら夜空を眺めていた。
すべては神の定めだ。
人それぞれにいろいろな人生があるだろう。
でも、ただ一つ確かな事がある。
どんなに金儲けをしても、どんなに高い地位に昇っても、ただ空しい。
何故なら、ここで栄えたマヤの人たちのように、僕らもいつかは必ず時の流れの中に忘れ去られてしまうのだから。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx