『ローカルバスで、チチェンイツァに行き、エルカスティージョに登り、セノテ(セノーテ)を見る』@チチェンイツァ/メキシコ

【エル・カスティージョ@チチェンイツァ(2007)】
1989年3月23日、今朝も目覚し時計が鳴る前に起きてしまった。
昨日ホテルの部屋で手洗いした、バナナリパブリックのグリーンのTシャツがすっかり乾いている。
今日は、マヤ遺跡の白眉「チチェンイツァ」へ行くのだから、お気に入りのこのTシャツを着て行くことにする。
張り切ってバスターミナルまで歩いて、昨日切符を買った「8時半のバス」が出る場所を確かめる。
すると、「8時半のバスはない」と言われる。
切符には確かに8時半と書いてあるのに、なぜなんだろう?
理由がわからないが、こんな事は海外旅行していれば良くある事で、特に驚くわけはない。
窓口で確かめると、9時のバスに乗れと言われる。
その9時のバスは何ごともなく、9時15分に出発した。
ガラガラのバスで、座って行けたということは、客が少ないのでバスを間引きしたのかも知れない。
でも、考えてもわからない事をいくら考えても仕方ない。
それはそれとして素直に受け入れるのが「世界旅行者」なのだ。
低いかん木が両側に連なる一直線の舗装道路をバスはぶっ飛ばす。
2時間くらいたって、何の前ぶれもなく、道路の路肩にバスが急停止した。
チチェンイツアはカンクンとメリダの中間、メリダから2時間、カンクンから3時間のところにあるのだ。
「チチェンイツア!」と運転手が叫ぶ。
数人がバスを降りた。
バスは一直線の道路わきに止まっただけで、チチェンイツアで止まったわけではない。
みんなが進む方向に500mほど歩くと、立派な建物が見えて来た。
これがチチェンイツアの遺跡のゲートらしいね。
パレンケの遺跡が観光化していたのである程度予想はしていたのだが、まさしくディズニーランドの入口のようだ。
遺跡の入口横には、きちんとした切符売り場がある。
入場料は2950ペソ(1ドルちょっと/150円)。
しかし、慌てて遺跡を見に行ってはいけない。
チチェンイツァからメリダへの、帰りのバスを確認しなければね。
建物に入って、案内所で、帰りのバスの事を聞く。
来た時のように、あんな何もない道端で何時来るかわからないバスが通るのを待つなんて、いやなんだもん。
何かあるはずだと思ったのだが、やはりあった。
遺跡の入り口にバスがやってきて、メリダの町へ直行のバスがあるそうだ。
そのバスの出発が午後2時45分。
現在が11時半過ぎだから、3時間ある。
3時間あれば、ほとんど全ての遺跡が見れる(「世界旅行主義」)ということになっている。
しかもこの時間にバスに乗るなら、夕方5時頃にはメリダに着ける。
これはいいね♪
このバスの切符を買う。
値段ちょっと高くて5000ペソ。座席番号が6番。
チチェンイツアはさすがに大きいよ。
入口の建物にはセノテ(いけにえを投げ入れたという泉)を浚った時の機械が展示してあった。
その建物を抜けて遺跡に入って歩くと正面に見えてくるのが、写真でおなじみの、整った形のピラミッド。
「エルカスティージョ」または「ククルカンの神殿」と呼ばれるメインのピラミッドだ。
これに急いで登る。
実は急いで登っておいてよかった。
2007年にチチェンイツァを再訪した時は、観光客はピラミッドに登れないようにロープが張られていたよ。
1989年はまだまだ自由にピラミッドへ登れた。
ククルカンの神殿の上に登り、頂上から遺跡の全体を見る。
この遺跡は非常に広い面積を占めていて、あちこちに面白そうな建物が散在している、というのが印象。
ピラミッドにはパレンケのように人が鈴なりという事はない。
が、この広大な遺跡に人がまんべんなく散らばって歩き回っている。
人気のない遊園地よりはずっと人が入っているのは確かだ。
全部をじっくり見ると、ずいぶん時間がかかるだろうね。
まあこのククルカンのピラミッドとセノテを見れば、チチェンイツァを見たといえるのではないか。
エルカスティージョに登って遺跡全体を眺めた後は、セノテ(セノーテ/cenote)に歩いて行った。
セノテとは、ユカタン半島に特有の自然に出来た陥没井戸だ。
ユカタン半島は石灰岩で出来ているので、雨水が染み込んで、石灰岩が溶けて、地面が陥没する。
セノテは陥没井戸だから、井戸の底には地下洞窟があって、セノテ同士が繋がっていたりする。
僕は歩いて、セノテに着いて、縁から覗き込む。

【チチェンイツァのセノテにて(2007)】
垂直の壁の底の、神秘にどこまでも静かに澄んだエメラルド色の水面が、謎を秘めたたまま、僕の好奇の目を黙殺した。
とでも書けば普通の旅行記になって大衆受けするのだろう。
そんな通俗的な表現を知性が許さない世界旅行者が描写すると、「ただの池」だ。
観光客の投げこんだであろうゴミが表面に浮いて、とても汚い。
その上、僕が何とか物思いに耽ろうと無理していたら、日本人の団体がドドッとやって来た。
早速セノテを背景に写真を撮りあうは、遺跡と関係のない食べ物や土産物の話がやかましい。
こんなところで、完全に日本社会にぶつかってしまった。
頭が痛くなって来た。
僕だって団体旅行に参加した事はある(もちろん女の子と一緒だよ)が、そんな時はむろん遺跡なんかどうでもいいのだ。
団体旅行の中で友達は出来るし、女の子と一緒の時はその御機嫌を取るので精一杯だ。
とてもゆっくり景色や遺跡を見たりする暇はない。
夜は夜で大事なことをしなければならないので、そちらのことに気が回り、遺跡を静かに見ることはできない。
だから、団体旅行で遺跡を見るというのは意味がない。
本当は遺跡と旅行者が1対1で向き合わなければ、意味がないのだから。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx