『メリダのソカロ近くの両替所の列で、ホテル加宝で出会っていた日本女性2人と再会する』@メリダ/メキシコ

【メリダのソカロにて(2007)】
1989年3月22日、パレンケからの二等夜行バスで、メリダへ到着した。
居心地のよさそうなホテルを捜して歩き、「ホテルラティーノ」の2階の広いだけがとりえの部屋に決める。
荷物を整理して、まず、メリダのソカロへと歩く。
このメリダのソカロ(中央公園)はすばらしかった。
木が多く、奇麗に手入れされた花壇がある。
そこに鉄製のベンチがいっぱいあって、話したり本を読んでいたりする人たちがあちこちにいる。
それを、カテドラルを初めとする古びた建物が囲んでいる。
まさにソカロとしては理想的なソカロだ(?!)。
なかなかいいじゃないか。
北側には店の前に、テーブルを並べたピザレストランがある。
僕はすっかりこのソカロが好きになってしまった。
おなかも減ったが、その前にとにかく両替をしなければね。
BANEMEXがソカロの南に面した「モンテホの家」という所にあるというので、入っていくと長ーい列が出来ている。
確認すると、これが全員両替のために並んでいるらしい。
並ぼうとすると、そこで日本人らしい女性の2人連れを発見。
「女の子」と書かなかったのは一人は50歳を過ぎたおばさんだったからだ。
もう一人は女子大生っぽい。
話しかける事にした。
微笑を浮かべて、「失礼ですが、日本の方ですか?」と、あくまで爽やかだ。
僕は正直、面接や見合いには強い人なので、第一印象には自信がある。
会社を辞めようかどうかいろいろ悩んでいた時に、九州で見合いをしたことがある。
僕は自分の人生を考えていた時なので、結婚する気持ちがそもそもなかった。
その見合い相手が、僕を追いかけて、東京までやってきたこともある。
いま考えると、あの女性と結婚していれば、もっとちゃんとした立派な、堂々とした人生を送れたかもしれない。
そういう人生が、僕にとって居心地がよかったかどうか、それはわからない。
人生には、いろんな分岐点があるが、人はただ、自分が選択した結果の人生しか生きることができないからね。
それは僕がまだ前途洋々とした「京大卒のエリートエンジニア」だったころの話だ。
「一流大卒の若いエリート」の上に、話題が豊富なのだから、僕がお見合いをしたら、断られるはずもない。
僕の印象が良かっただけとは言えないけれどもね。
今でも、酒をのんで、「僕が何を考えているか」の本音の話さえしなければ、まだまだ良い印象を与える事は出来ると思うのだが‥‥。
2人の日本女性と一緒に両替の列に並びながら、いろいろと話をした。
話をしていくと、「おやおや、この2人には以前に会った事があるぞっ!」と、気がついた。
それはロサンゼルスの有名な安宿「ホテル加宝」での話だ。
「ホテル加宝」にはその頃、アメリカでアルバイトしている訳のわからない連中と、普通の旅行者だが訳のわからない連中と、全く訳のわからない連中の3種類がいた。
訳のわからない連中同士で、結構幸せに暮らしていましたとさ。
そこにいやにやかましいおばさんがやって来て、ホテルのロビーできいたふうな事を大声で言い出したのだ。
「私はビバリーヒルズに友だちがいるから、こんなホテルに泊まらなくても良いんですけれど」と大声で言う。
「東京のメキシコ大使館で出会った女子大生の女の子が、安い宿じゃないといけないって言うもんですからね」だと。
「ここにいる人たちは怪しげだけれど、女の子に手を出さないでしょうね」とまで、僕たちに聞こえるように大声で言う。
当然宿泊者集団「訳のわからない連合」は「なんだあのババアは!」と憤慨していたのだが、女子大生が来るというので、期待もしていた。
ところがやって来た女子大生というのが、確かにブサイクではないのだが、これまた変にお高くとまっている。
話しかけると「私はマスコミ関係に就職が決まってるんです」と自慢そうに言う。
世の中のわかってない女だ。
「ホテル加宝」にいる連中はマスコミ崩れから、一流大学の落ちこぼれから、顔が崩れたのまで各種いるんだぞ(いくらでも馬鹿にしろ!)。
それで、僕が出発する前夜の送別会に、別のバブル女2人と一緒に招待した。
だが「行くかも知れない」との返事で、パーティをすっぽかした女だ。
この女の悪口は送別会の時に言い尽くしているのだが。
それで僕も「しまった!」と思った。
考えてみると僕らがこの2人の悪口を言って盛り上がった事は知らないはずなのだと気がついた。
それなら良いか。
両替の列が長いせいか、それとも窓口が遅いせいか、両替するのに2時間もかかった!
あんまり長くかかるので、つい多めに140ドル両替する事にした。
この時期のメキシコはインフレはないらしいし、週末にかかると両替が面倒かもしれないと考えたからだ。
これだけ両替してもカンクンに行くのだから、メキシコ内で使い切るのは間違いないだろう。
その後、3人でソカロに面したレストランで、ワインを飲みながらピザを食べた。
1人当たり1万ペソちょっと(約4ドル/この時期では五百円くらいかな)。
2人と別れてほっとして、Calle58のCalle41と43の間にある「考古学博物館」へと歩いた。
博物館は中身の展示も面白かったが、この建物自体が非常に素晴らしかった。
またソカロへと歩き、カテドラルで祈り、近くの別の教会でも祈った。
祈ると必ず良い事があるのだが、今回もふらふらと歩いているとスーパーマーケットにぶつかる(Calle72とCalle59の角)。
大きなビール瓶が2000ペソ弱だ。
ね、祈れば必ず良い事があるでしょ?
バスターミナルへと歩き、チチェンイツアへのバスの時刻を調べる。
予約が出来るそうなので切符を買う。
明日午前8時半発。3450ペソ。座席番号12番。
約2時間でチチェンイツア着。
このバスはカンクン行きで、途中チチェンイツアで降りるそうだ。
ホテルに帰る途中で薬局を見つけた。
マラリアの薬と殺虫剤、それにサンオイルを買った。
これも「用意せよ」との神の導きだろう。
明日はいよいよ、マヤ遺跡で最も有名な、チチェンイツアだ。
そこで神は、世界旅行者にどのような啓示を与えるのだろうか?
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx