『パレンケから夜行バスでメリダへ着き、落ち着ける宿を探し、【ホテルラティーノ】に決める』@メリダ/メキシコ

メリダのソカロ(中央公園)2007
1989年3月22日、目が覚めると、あたりは暗い。
暗いといっても、夜中ではない。
メリダのバスターミナルの向かいにある、この部屋には窓がなくて、朝になっても光が差し込まないのだ。
ドアの立て付けが悪いので、隙間から明かりが入ってきている。
時計を見ようとしても暗くて時間が解らないので、起き出して天井の電灯をつける。
もう朝の9時だ。
前日の午後5時にパレンケを出て、二等バスに揺られて続けて、メリダへ着いたのが午前2時。
一度は路上で横になって、安ホテルに入ったのが午前3時。
午前9時に目が覚めたということは、6時間の睡眠を確保した。
それならば、今日一日は、元気で動けるだろう。
海外個人旅行では、頼れるものといえば、自分の体力だけ。
金力も必要だが、体力がなくてボーっとしていると、お金を盗られたり、置き引きにあったり、トラブルの元だからね。
こんな収容所のようなホテルには長く留まれるはずがない。
今日まずやるのは、居心地のいいホテルを見つけることだ。
メリダにはしばらく留まる事になるのだからね。
メリダはユカタン半島の中心都市だ。
今では東海岸にカンクンというビーチリゾートが出来たのでそちらの方が有名だ。
メリダの周辺には多くのマヤ遺跡がある。
誰でも知っている「チチェンイツア」、それよりもちょっと知名度は落ちる「ウシュマル」、更には「カーバ」を初めとしたその他の遺跡群。
メリダ自体も歴史のあるコロニアル都市であり、博物館をはじめ見るものが沢山ある。
こういう町でしばらく過ごす時は、気持ちのいい宿を捜す事がとても大事だ。
極端に言えば、旅行の半分は泊まるホテルの質によって決まる。
高級過ぎても嫌だし(もちろん財布が嫌がるのだが)、いま泊まっているホテルのように、ベッドだけというのも侘しい。
まず、部屋はできるだけ広い方がいい。
日本人は、海外旅行に出たときでもないと、広い部屋で寝る機会はないのだから。
また、静かでなければホテルに泊まる意味がない。
これは当たり前だと思うだろうが、ホテルのフロントに近い部屋では夜通し話し声が聞こえたりして寝れないということは珍しい事ではない。
だから、絶対にロビーやフロントから近い部屋に泊まってはいけない。
また、町の中心に近くないと(この町ではソカロだが)夜出歩いたり食事をしたりするのに不便だ。
たまに旅行者に会うのはいいが、白人旅行者だらけというのも遠慮したい。
日本人の男は結構差別されるものなのだ(馬鹿にされているのに気付かない連中が多いのは、哀しいものだよね)。
良いホテルの条件を考えるといろいろあるが、僕のように旅行を続けていると、ホテルに入ったとたんにこのすべてがピンと来る。
日本のホテルは、午後1時にチェックインならば、部屋があってもその時間まで使わせないという杓子定規な対応をするところが多い。
しかし、世界の常識では、部屋さえ開いていれば、決められたチェックイン時間の前に部屋に入れてくれるもの。
僕の経験では、だいたい、午前7時から8時を過ぎて、ナイトシフトの受付が交代したら、部屋に入れてくれる。
部屋の掃除がまだでも、前日から空いている部屋があるはずだからね。
海外旅行に出てまで、日本にいるときのように、「チェックインがお昼だから、昼まで時間を潰そう」なんて考える必要はない。
ただ、特に観光シーズンで部屋の空きがないと予想される場合は、あまりに朝早くから動き回っても仕方がない。
朝だと、混んでいる時期は、ホテル側も誰がチェックアウトするかわからない。
部屋が空くかどうか、受付が知らない場合があるからだ。
面倒臭がり屋が受付にいれば「部屋はない」という。
親切ならば「昼頃にもう一度来て下さい」との答えが返るだろう。
基本的には、時間さえあれば「ホテルを3軒は当たる」というのが海外個人旅行の原則だ。
普通の日本人旅行者は、混んでいる時期には慌てて部屋を決めなければいけないと思うだろう。
が、僕の経験から言うと、どこに行っても宿は見つかる。
慌ててホテルを決める必要はない。
しかし、どうしてもある特定のホテルに泊まりたいと決意している場合はどうするか。
ストーリーをでっち上げるのだ。
「このホテルで、友人と待ち合わせをしているので、どうしてもこのホテルに泊まっていなければいけないのです」というのが、もっともらしい。
朝早くホテルに行って、この話をして同情を買う。
「部屋が空かなければそれで諦めるけれど」といって前金を払うなり、自分の荷物を預けたりと相手を信用させる。
ここまでやれば、何とかなるものだ。
僕はバンコクのホアランポーン中央駅のそばの、日本人が集まっているという噂のジュライホテルへ泊まった時にこの手を使った。
評判を聞いていたので、どんな日本人旅行者がいるのか、話のネタとして、どうしても泊まりたかったんだ。
泊まっていた「ホテルサンパブロ」をチェックアウトして、バックパックを背負って宿を捜しに外へ出たのが午前10時。
えっちらおっちら歩きながら、英文のガイドブック「シューストリング」を頼りにして安ホテルを捜す事にする。
メリダの町はさすがコロニアル都市らしく、碁盤の目状にキレイに区切られている。
面白いのは東西の通りが奇数、南北の通りが偶数の番号がついている事だ。
最初は「なんで、通りの番号が一つおきなんだろう?」と戸惑うが、慣れれば道に迷う事は決してない。
町の中心にある公園ソカロに行く途中のCalle66のCalle61と63の間に(ね、わかりやすいでしょ?)ホテルを2軒見つけた。
ひとつ目が「ホテルマルガリータ」。
こっちへ入るとピーンと来た。
日本人は歓迎されない!
ロビーにいるアメリカ人らしい観光客の、僕を見る目が違う。
こういう時はとっとと退散して、その向かいにある「ホテルラティーノ」へと歩く。
ラティーノの方は受付の兄ちゃんの愛想が良い。
部屋を3つ見せてもらって、「なかなか良いぞ。しかしもうひとつぐらいホテルを当たって‥‥」と、一旦ホテルを出た。
もっとソカロのそばのホテルが良いだろうか、と考えたのだ。
しかし、歩き出したとたんに考えを変える。
ソカロに近ければ、バスターミナルから遠くなる。
ところがマヤ遺跡のチチェンイツアにしてもウシュマルにしても、そこに行くためにはバスターミナルを使うのだ。
バスターミナルに近い方が何かと便利だよね。
それに背負ったバックパックが重い。
これは失敗だったかも知れない。昨夜のホテルかバスターミナルかに荷物を預けてホテル捜しをするべきだった。
いいやこのホテルにしようという訳で、ホテルラティーノに決定。
2階の209号室、1泊24000ぺソ、約10ドル。
この部屋がいいのは、ひたすらに大きいこと。
1階の部屋はずっと小さくて22000ペソだから、広い部屋の方がいい。
部屋に荷物を広げる。
といっても、大切なものはバックパックに入れたままで、それを部屋の机の脚にチェーンで縛りつけておく。
バックパックから取り出したのは、主にスペイン語関連の本や英語日本語の小説、それにガイドブックなどの多量の本。
で、それを机の引き出しにしまいこむ。
大きな衣装ダンスもあるので、アーミージャケットをハンガーに架ける。
後はシャワールームに洗面用具を置く。
汗で汚れたTシャツを軽く石鹸で洗って、部屋にほす。
こんなに腰をすえて荷物をばらしたのは久しぶりだ。
頭が少しぼーっとしているが、ここで寝ては一日が無駄になる。
ホテルラティーノはソカロから2ブロック離れている。
まずソカロへと行くことにしよう。
メリダのソカロは、とてもいいという噂を聞いているしね。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx