『パレンケから二等バスに乗ると、メリダの到着が、なんと午前2時だった』@メリダ/メキシコ

【碑銘の神殿@パレンケ(2007)】
メリダへのバスの出発は午後5時の予定で、出発時刻には旅行者らしいバックパックを背負った連中が集まっていた。
日本人が見当たらないのは、このバスの事を日本のガイドブックに書いてないからだろうか。
ガイドブックに書いてあるところへいけば、いやになるほど日本人旅行者に出会えるもの。
これからメリダやカンクンに行けば、日本人に会えるだろう。
このバスもサンクリストバルからのと一緒で2等バス。
だから、定員以上に詰め込み、立ったままの人もいる。
バスは定刻の午後5時に出発して、時々止まっては乗客の乗り降りをくり返す。
僕はコリンズジェムの「スペイン語文法と動詞変化表」を取り出して、暗記を始めた。
「長時間のバスに乗ってると退屈しませんか?」と聞く人がいる。
時間つぶしで一番いいのはこのスペイン語やフランス語の動詞変化を暗記することだ。
あっという間に時間がたつし、勉強にもなる。
暗記物は机に座ってやると退屈過ぎるので、こういう機会が一番いい。
また、暗記に疲れたら、今までの旅行を全部最初から思い出すのもいい。
僕は「よく西本さんは旅行の細かいことまで覚えていますね」と言われる。
それは、実は、僕はこの時間つぶしをやっていたからだ。
例えば、いままで訪ねた都市の名前を最初から全部思い出す。
それに飽きたら、その町で出会った旅行者のことを順序よく思い出す。
泊まったホテルの部屋を思い出す。
そのホテルのマネージャーの顔を思い出す。
これをやっていれば一つの記憶探りで2時間ぐらいはあっという間に過ぎる。
うつらうつらしながら、これをくり返していると大きな町に着いた。
時計を確かめると真夜中の0時をちょっと過ぎたくらい。
名前を確かめると「カンペチェ」、ユカタン半島の西側の大きな町だ。
とうとうユカタン半島に入ったらしい。
ユカタン半島には高い山はなく、このバスは平坦な舗装道路をかなりのスピードで快適に飛ばしている。
メリダに着く時間は午前3時だと聞いていたが、実はそれはいいかげんな話で、朝の5時頃になるのだろうと勝手に決めていた。
常識的に考えると、パレンケからメリダへの一日一本しかないバスが、そんなに朝早く着いてどうするのだろう。
早く着く意味がないと思ったからだ。
ただ、これを書いていて気が付いたのだが、パレンケからメリダのバスはほかにもあった。
僕は2007年にメリダからパレンケのバスに乗ったが、たくさんあったからね。
このメモを書いたときは、一本だと思い込んでいただけだろう。
どう考えても、午後5時に出て午前3時に着くバス一本しかないというのは、有り得ないからね。
とにかく、この調子では早く着きそうだ。
メリダのバスターミナルに着いたのは、午前2時であった(涙)。
メリダはユカタン半島の中心の歴史のある町だ。
バスターミナルも、グアダラハラのような新しく建て直したものに比べれば小さいが、町の中心にあるにしては大きい立派なものだ。
午前2時に、バスいっぱいの人間が下りて、どうするのだろう。
こういう時は、難しく考えずにみんなの行く方向に歩いて行けば何かあるものだ。
みんなの行く方向について歩くと、バスターミナルの正面に出た。
そこで手に持った毛布を広げて、その上に横になる。
どうやらみんなここで寝るらしい。
これは、これは。
大変だー。
僕はもちろん野宿の経験もあれば、駅で寝た事もある。
思い出すのはインドのニューデリーからジャイプールで降りる予定のバスを降りそこなった時。
真夜中に町はずれに置き去りにされ、トラックをヒッチハイクしてジャイプールの鉄道駅に着いた時の事だ。
そのときは寝袋を持っていたので、ジャイプール駅で床で寝ている人達をかき分けて、自分の寝る場所を確保し、横になった。
冬の北インドは結構寒い(凍死する人も沢山いるのだ)と持って行った寝袋が役に立ったのはこのときだけだった。
ハンガリーのブダペスト駅の待合室の床で寝た時は、今着ている米軍のアーミージャケットのまま寝たっけ。
でもそれは待合室の中で、風は防げたのだ。
このメリダのバスターミナルの前は吹きさらしの道端のようなものなのだ。
3月半ばの夜明け前のユカタン半島は結構寒い。
それよりも問題なのは、ここで本当に眠ってしまったら、荷物を持って行かれるおそれがあるよ。
かといって、寝ずに頑張る事も出来るだろうが、そうすれば今日一日寝不足でなにも出来ず無駄にしてしまうだろう。
一度は自分の寝る場所を確保して、ディバッグを枕にして、とやってみた。
だが、いかにも旅行者がここで寝るのは危ない。
思いきりが大切だ。
ホテルに泊まろう。
バスターミナルの前の数軒ある、こんな時間に明かりのついた(このバスの客をねらっているのだろうか)ホテルにチェックイン。
さすがに、野宿よりはましというだけの部屋だ。
部屋には、鉄パイプのベッドに薄いマットが置いてあるだけ。
他には全く何もない。
ホテルサンパブロ、一泊1700ペソ。(値切ったがだめだった)
まあいいや。
僕はもともと、メキシコからメリダへと直行バスで来る予定だった。
それがセマーナサンタにぶつかって、直行バスが満員で、予定が狂った。
そのおかげで、結局面白い町や遺跡をたどってこのメリダへと着いたのだから。
すべては神の定め。
流れに従っていれば、すべてはなるようになるものだ。
(なるようにならなければ、そのすべてを受け入れるしかない)

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx