『朝は、スペイン語の勉強をして、昼からまたパレンケの遺跡へ行く』@パレンケ/メキシコ

【碑銘の神殿@パレンケ(2007)】
1989年3月21日の朝は、パレンケの宿で、ぱっちりと目が覚めた。
今日は午後5時にメリダ行きのバスに乗る予定で、切符も買ってある。
バスの出発まで、十分に時間がある。
パレンケの遺跡へ行くのも、午後からでいい。
せっかくまともなホテルに泊まっているのだから(それにこの部屋にはちゃんと机と椅子がそろっている)、部屋で少し勉強することにした。
スペイン語の動詞変化を暗記する。
自分でも思うのだが、僕は単純な学校秀才だ。
つまり、記憶力だけはものすごい。
この世界旅行のきっかけになったのはロンドンで英語学校に通ったことだった。
「インターナショナルハウス」というロンドンでも一流の英語学校のクラス別け試験を受けた。
すると、最優秀のCPE受験特別クラスに入れられてしまった。
日本人は僕一人で残りは全部白人(ドイツ人、スイス人、イタリア人、ブラジル人、南ア人、スウェーデン人)だ。
英語学校での評価も、語彙はほとんど満点だった(ということはリスニングはちょっときつかったということなんだけどね)。
英語の教師よりも変な単語を知っているので評判だったのだ。
スイス人弁護士やドイツ人の英語教師、スエーデン人大学院生と張り合って猛勉強する。
その結果、「ケンブリッジ英検特級(CPE)」という、まあ日本人はほとんど通らない試験に合格してしまった。
この試験のすごいのは、試験官の前で自分の意見を持って、スイス人やドイツ人と討論しなければならないというところだ。
また、与えられたテーマで短い時間にエッセイを2つも書かなければならない。
つまり、英語が出来るだけではなくて、もともと頭が良くなくては受からない。
これが、この「ケンブリッジ英検」が日本では評判にならない理由なのだ。
英語学校に行って、朝から晩まで英語を勉強して、英語のテクニックをたたき込んでも、この試験には受からない。
根本的に頭が良くないと、合格しない。
日本では、TOEFLやTOEICのように、どんな馬鹿でもひたすらたたき込めば必ず点数が上がるような英語試験は大人気だ。
日本で英語の試験が人気になる為には、「頑張れば馬鹿でも点数が上がる」のでなければだめなんだよね。
日本人は努力が一番だと誤解している世界でも珍しい民族だ。
結局、「人間には個性があるという」ことを認めてないんだよ。
日本人は、自分の意見を持たないように教育する。
日本人は誰でも同じことをいうので、面白くない。
語学の勉強にしても、ひたすら決まりきったフレーズを暗記するだけだ。
自分の考えを、自分で考えて表現しようなどとは思わない。
だからダメなんだよ。
まるで、機械のように同じことを言う人間なんかと付き合いたくないよ。
僕は、スペイン語の動詞変化を直説法の現在・過去(未完了過去と完了過去)・未来・条件法、それから接続法の現在まで流した。
荷物をまとめ、チェックアウトして、バックパックをホテルのフロントに預ける。
日本のガイドブックの悪口をここでまた言う気もないが、大きな誤解があるので確認しておこう。
ホテルではチェックアウトしても荷物を預かってくれる。
これが世界の常識だ。
日本のガイドブックの編集者が実際の旅行を知らないので、世界の常識を大切な情報だと誤解しているのだろう。
僕は今までのどのホテルでもそうであったように、当然のこととしてバックパックをホテルに預けて、またパレンケの遺跡へと向かう。
見残した遺跡がずいぶんあったからだ。
昨日と同じバス乗り場から、パレンケの遺跡へ、マイクロバスに乗る。
パレンケ遺跡へ2回目の訪問だ。
昨日は、「碑銘の神殿(Templo de las inscripciones)」と「宮殿(El Palacio)」をじっくり見た。
パレンケ遺跡にはそのほかにも、いくつかの神殿がある。
ただ、他の神殿は、山の上にあるので、登るだけで疲れるね。
僕は、「十字架の神殿(Templo de la Cruz)」 「葉十字の神殿(Templo de la Cruz Foliada)」「太陽の神殿(Templo del Sol)」「十四号神殿(Templo XIV)」と、見て回った(ノートにメモしてある)が、ほとんど覚えてない。
やはりパレンケ遺跡は、昨日見た「碑銘の神殿」と「宮殿」を見れば十分だよ。
僕が2007年にパレンケを再訪した時は、だから、あらためてこの2つを見ただけだ。
山を登ったり下りたりしたので、すっかり疲れてしまった。
天気もよかったので、遺跡の中央広場の芝生の上で、ディバッグを枕に寝込んでしまう。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx