『碑銘の神殿の頂上から、秘密の階段を下り、宇宙船に乗るマヤ人の石版を見る』@パレンケ/メキシコ

【パレンケ遺跡の宮殿から、入り口方向を望む(2007)】
その「旅行哲学」をしながら、つまり、なにもしないでいる。
碑銘の神殿の上でボーッと、遺跡を眺めていた時、後ろから声が聞こえた。
振り向くと、大勢の人が立ったまま、ピラミッドの上に開いた穴を覗き込んでいる。
ピラミッドの上の「碑銘の神殿」の床から下に階段が通じているのだ。
見ると、階段はあるが、その下は真っ暗だ。
メキシコ人旅行者が階段を覗き込みながら、早口のスペイン語でしゃべっている。
こういう時はディバッグの中に常に用意してある懐中電灯が役に立つ。
格好よくさっと懐中電灯をつけて、ただ一人で、その階段をぐんぐんと降りて行く。
途中で折り返した階段は更に下へと続き、それをまた降り続けると、突き当たり。
左に窓が開いているのでそこを照らすと、なななーんと‥‥!
これがパレンケ遺跡で一番有名な、「宇宙船に乗ったマヤ人」の石版なのだ。
例のチャーチワード氏の怪しげな宇宙人地球来訪説の有力な証拠として挙げられている。
これはすごい!
僕の懐中電灯は単三電池を2本使うもので、そんなに光量はない。
が、それでもまわりに人がいないので、じっくりと細部を観察することが出来た。
「碑銘の神殿」のこの階段は普段は照明がついているらしいが、たまたま照明が消えているようだ。
照明があれば、もちろん大勢の観光客がびっしりと並んでいるだろう。
ところが何かの理由で、照明が消えたために、懐中電灯を持っている僕が一人で、ゆっくりとこのすばらしい光景をじっくり観察出来るという訳だ。
神が世界旅行者を導いているという確かな証だね。
僕は石盤に描かれた宇宙人(古代マヤ人)が僕に向かってウインクをして、「世界旅行者くん、いらっしゃーい♪」と口を動かすのを、確かに見たね。
ホラ話はこれくらいにしよう。
さて、長期旅行者が懐中電灯を持つのはこれは常識。
これまで読んできた人は、僕がオアハカのミトラ遺跡でも懐中電灯でも、お墓に入ったことを覚えているだろう。
懐中電灯をもつ理由は、単純にこういう遺跡を探るためだけではない。
例えば安いホテルに泊まれば、照明は天井の電球一個だけという場合が普通だ。
寝ようとしてその電球を消すと、部屋の中は、完全な暗やみになってしまう。
そうするとベッドさえ捜すのに苦労する事になる。
手探りでベッドの方向へ進んでいたつもりだったのに、真っ暗なので、間違えて、部屋のベランダへ出て、四階から落っこちることもある。
発展途上国では、停電が頻発するのも常識だ。
こういう場合は通常、ホテルの部屋の机の引き出しにロウソクとマッチが入っている。
でも懐中電灯がなければ、マッチを捜して火をつける事だって出来ないよ。
だから懐中電灯は長期旅行者には必需品で、常にディバッグに放り込んでおき、寝る時は財布や鍵と一緒に枕の下に置いておく。
世界中どこに行っても、単3乾電池(AAAバッテリー)は見つかるので、単3を使うような細い懐中電灯がいい。
このタイプの懐中電灯の中には、結構いい値段でアメリカ製の「マグライト」というものがある。
しかし、こんな高いものを持っていくようでは長期旅行は出来ない。
懐中電灯も目覚し時計も、旅行をしていれば消耗品なのだ。
盗られる事もあるし、置き忘れる事も良くある。
高価な懐中電灯を持っていれば、それだけでショックが大きいだろう。
発展途上国では、中国製の懐中電灯や香港製のデジタル腕時計を安価で売っている。
これを買って使えばいいのだ。
僕も、持っていった唯一高価なものというのがホイヤーの腕時計だったのだが、これは日本で買って7万円ぐらいした。
缶ビール一個が50円ぐらいのところを旅行していれば、7万円といえばビールが1400個も飲めるのだ。
だから、この腕時計を無くさないようにとずいぶん気を使った。
南米旅行の時は、ホイヤーをバッグの中にしまいこみ、ロサンゼルスで2ドルで買ったデジタル腕時計をしていた。
何のために時計を持って行ったのかわからないよね。
考えてみると、この時計も他の重要な書類と一緒に、日本の銀行の貸金庫の中にしまいこんでおけば良かった。
もっと大胆に言えば、もともと7万円もする腕時計を購入して所有しているということ自体がおかしい。
2ドルの腕時計で十分に役に立つんだから。
でもまあ、ストップウォッチを使いたいこともあるし、腕時計のアラームも便利だ。
だから、丈夫なG-SHOCKを持っていくのがいいだろうね。
旅に持っていく腕時計はせいぜい1万円、これが限度だね。
3年もバックパックひとつで旅行して、世の中には不必要なものが多過ぎるということがわかっている。
これこそが神が「世界旅行者」に与えられた悟りなのだが、そのことはいずれゆっくりと語ろう。
今はまだ中南米旅行の入口も入口、メキシコ中部の山の中なのだから。
「碑銘の神殿」の地下の有名な遺跡を見たので、つい興奮してしまった。
ちょっと元気が出る。
メキシコシティの項でも旅行哲学したが、「一カ所で見るものはひとつ」だ。
一番素晴らしいものを見ればそれでいいのだが、それを見てしまうと、ちょっと欲が出て、ついでに目の前にあるエルパラシオも見ようという気になった。
ピラミッドをまた、人込みをかきわけながら下りて、エルパラシオへと歩く。
エルパラシオは複雑に入り組んだ建物の集合体だが、一番目立つ4重の塔へと登る。

【エルパラシオ(2007)/2007年には4重の塔には登れませんでした】
パレンケの遺跡に来る人たちは必ずこの塔に登るらしく、階段は磨り減っている。
いずれは登るのが禁止されることになるだろう(2007年に再訪した時は登れませんでした)。
そうなれば「僕はパレンケの4重の塔に登った」というだけで、旅行者としての格が上がるというものだ。
「海外旅行では、早く旅行した人の方が、後になると出来ない体験が出来る」ってことね。」
僕が、ユーレイルパスでヨーロッパ中を旅した1988年、僕は東ドイツから西ドイツへ鉄道で、西ドイツから東ドイツへと地下鉄で移動した。
1988年は、まだぎりぎり東欧の社会主義国が崩壊する寸前だった。
僕がこの中南米一周旅行から戻って、ロサンゼルスのホテル加宝にいた時1989年秋に、東欧諸国の社会主義は次々と崩壊した。
だから、ヨーロッパを旅するにしても、社会主義国が存在した時代と、崩壊した後では、全く旅が違ってくる。
この旅行の時点ではまだドイツ統一は実現していなかった。
ドイツ統一は僕が南米から帰ってロサンゼルス滞在中にCBSの臨時ニュースで見ていた。
ベルリンの壁をフリードリッヒシュトラッセ駅から越えた経験がなければ、まともな旅行者とはいえないのと同じようなことだ。
ユーゴスラビアがまだユーゴスラビアであった時に、そしてチェコスロバキアがまだチェコスロバキアであった時にそこを訪れていなければ旅行者としては足りないことがある。

もちろん僕はそのどちらも経験している(エッヘン)。
最近になって、一生懸命に海外旅行をして、いろんな国を見て回っても見れないものがたくさんあるんだね。
海外旅行を語るためには、過去の経験が必要で、過去と現在を比較することで語る言葉がググッと深くなるんだから。
エルパラシオの迷宮をうろついてもそんなに人と出くわさなかったのは、もう午後でみんな疲れていたせいだろうか。
僕も疲れてしまった。
駐車場でマイクロバスを拾い、パレンケの町に戻って、酒屋を捜す。
スペリオールというビールが940mlで2500ペソ。約1ドル。
これを2本とチキンを買って部屋で食事をしながら、日本語の文庫本を読む。
伊藤整の「氾濫」という、今では誰も知らない本だ。
登場人物が表面の立派な見せかけとは違ってみんなエゴイストで計算ずくで生きていることを暴いた。
発表時には大評判だったそうだ。
そんなことは今では小学生だって知っているよ。
長期旅行者が、ある意味、日本社会からの落ちこぼれだというくらい明白だ。
ところがみんな適当な口実をでっち上げて自分の旅行を正当化しようとしている。
そんな嘘で固めた旅行記はあっという間に時代後れになるのだ。
乏しい経験と噂話で一生懸命に旅行記をでっち上げる人が多いね。
そんな旅行記を書いたとしても、あとになれば何とかして絶版にしたくなるような恥ずかしい物になるだろう。
「氾濫」ではあたり前のことをさも深刻そうに書いているので大笑いしてしまった。
これはLAのリトル東京にある市立図書館で一冊25セントで売っていたのを、中南米旅行用にまとめて買ってきたうちのひとつだ。
重いのに日本語の本を読んでもそれを捨てないでバックパックに入れたままにしてある。
これから行く日本人宿へのプレゼントだ。
長期旅行と旅行者が持ち運ぶ本についてはこれもきちんとしたルールがあるが、それもまた別の機会に哲学してみたい。
この夜は「氾濫」を読み終って、あまりの馬鹿馬鹿しさに優越感でいっぱいになり、にこにこ笑いながら幸せに床についた。
参照: 碑銘(碑文)の神殿(Templo de las Inscripciones)@パレンケ遺跡

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx