『パレンケの遺跡はまるでディズニーランドだった』@パレンケ/メキシコ

【パレンケ遺跡で碑銘の神殿を指差す(2007)】
1989年3月19日。
パレンケに着いて、今夜のベッドも明日のメリダへのバスも確保した。
時間は、まだ午後2時だ。
パレンケの遺跡を見る時間は十分にある。
実際、世界旅行主義によると、どんな遺跡でも、2時間あれば見ることができる。
あの広大なテオティワカン遺跡でも僕は、端から端まで歩いて、月のピラミッド、太陽のピラミッドへ登った。
昼からローカルバスで往復して、たっぷり見ても、半日だったからね。
また、オアハカのモンテアルバン遺跡でも、2時間程度で見ることができた。
遺跡行きのバスは、パレンケ中心のフアレス通りからちょっと脇へ入ったところから出発する。
人に聞けばすぐわかる所だが、町が小さいようにそのバス会社も小さかった。
マイクロバスが3台ぐらい駐車場に置いてあるが、人気がない。
ベニヤ板で囲んだ待合室に入ると、白人が一人ぽつんといた。
アメリカからやってきた学生だという。
彼は、僕が来たのをとても喜んでいた。
その理由は、パレンケ行きのマイクロバスが定期運行ではないから。
人が集まれば動くという、効率的なシステムだったからだ。
「やっと2人になった。僕は30分も待ってるんだ」と、ほっとした顔で言う。
「そりゃいいや。じゃあ客がいなくてもそろそろ出るころだよね」と僕。
そのとおり、僕が来るのを待っていたかのようにバスが出発する。
料金は700ペソだから、約30円。
乗客はぼくら2人だけ。
バスはすぐに町を出て、細いが完全舗装の道を無意味にぶんぶん跳ばす。
ラテンアメリカには速度制限というものは存在しないようだ。
アメリカ人の彼と、旅行者にありがちな常識的な旅行の話をする。
どこから来た、どういうルートで来たか。
共通点があれば、そこの評価をする。
これからもっと知り合おうと盛り上がりかけた時に、目の前に道をまたぐアーチが出現。
アーチには、「パレンケ遺跡へようこそ!」と、(スペイン語で)書いてある。
アメリカ人旅行者が僕を見て、そのアーチを指差し「ディズニーランドだ!」と叫ぶ。
僕は(先を越されてしまったが)「東京ディズニーランドだ!」と叫び返す。
アーチをくぐるとすぐにパレンケ遺跡の駐車場に着いて、マイクロバスは停止する。
駐車場は高い木に囲まれているが、なんと、大型観光バスが30台以上駐車しているよ(驚)!
なんだなんだこれは!すごく観光客がいるぞ。
バスの隙間をぬって歩いて行くと、その先に遺跡への低いゲートがあった。
入場料は無料。
でもこれは、今がセマーナサンタの休暇時期のせいだと思う。
遺跡に入って少し歩くと、大きく開けた広場に出る。
広場の右に大きくそびえているのが「碑銘の神殿」。

【碑銘の神殿(2007)/1989年にはこの上まで登れたが、現在は禁止されている】
ピラミッドの上に、確かに神殿と無理矢理言えば言えるような建物があるね。
しかし、こりゃ何という人混みだ!
「碑銘の神殿」の正面階段には、たくさんの人が座り込んでいる。
昇ろうとしても、階段には人がいっぱいで歩きにくい。
「ペルドン、ペルドン(すみません)」と言いながら、人を避けてゆっくり階段を上っていった。
ピラミッドの頂上まで登り、人の隙間を捜しだして端に座り込み、ゆったりとあたりを見回す。
右前方に見えるのが「エル・パラシオ(宮殿)」という奇妙な建物の集合体だ。
ここには4重の塔があり、マヤの遺跡ではここにしかない特徴的なものだ。

【エルパラシオ/宮殿(2007)】
遺跡の地図を見ると、この遺跡には他にもいろんな建物があることがわかる。
遺跡の大きさ自体から言えば、テオティワカンはもちろんモンテアルバンに比べても、そう大きなものではない。
建物の形がいろいろと個性的で、見下ろす中央広場を囲んむ丘の頂上にあったりする。
すべてを見て回るのは大変だね。
それにしても、頭がぼーっとしている。
昨日も安いビールをがんがん飲んで、今朝は4時半起きだ。
その上、山道をバスでローラーコースター並に揺られてたどり着いたばかり。
パレンケの遺跡へ着いてホッとしたのか、急に疲れが出てきたみたいだ。
こんな調子では、遺跡全部を今日中に見るのは、中年のおじさんとしては体力的に無理だね。
今日はこの遺跡に来ただけでいい事にして、後はぼーっとしていようと決めた。
天気はいいし、ピラミッドの下の大きな木の下で横になって寝ている家族連れを上から眺めている。
のんびりした、ホンワカした気分になってくる。
「ジャングルに囲まれた神秘なマヤの遺跡」などと書いているのは、日本の旅行会社のパンフレットだけ。
英語のガイドブックには「ここは旅行者でいっぱいだ」とはっきり書いてあるよ。
日本に帰って来た後、図書館で借りたビデオテープにはこのパレンケ遺跡に行くのにジャングルを切り開くシーンを挿入してあった。
いったいこういうでっち上げをやっている連中は何を考えているのだろう。
今では誰だって、パレンケ遺跡に来ることは簡単に出来る。
パレンケ遺跡を秘境として、描いても、やってくれば、バレバレなのにね。
今日は来ただけでいいや、だって明日一日あるんだもん。
「明日出来ることを今日してはいけない」との「旅行哲学」を実践にかかる。
参照: 碑銘(碑文)の神殿(Templo de las Inscripciones)@パレンケ遺跡

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx