『サンクリストバルデラスカーサスからパレンケへ、山越えのバスはまるでローラーコースター』@メキシコ

【パレンケの中心のフアレス通り(2007)/1989年はもっとずーっと寂れてました】
朝早く出発する時は、前夜にホテルの支払を済ませておく事が常識。
出発前にごたごたしたら、バスに遅れてしまうかも知れないものね。
もちろん僕は出発前夜に支払を済ませ、ホテルのおじさんに世話になった礼を言っておいた。
4時半に起きて、ホットシャワーを浴び、荷物をまとめて、サンクリストバルデラスカーサスのバスターミナルへ行こうとする。
おじさんが起きていて、見送ってくれた。
「パレンケからどこに行くんだい?」とおじさん。
「もっと南へ、更に南へ。南米を回って、もう一度ここに帰ってきます」と僕。
「旅人よ、約束してはいけないよ。すべては神の定めだからね」
そう、その通り。
約束をしてはいけない。
それは人の力を越えている。
約束が守られるのも、また果たされずに終わる事も、人が決められる事ではない。
「それでは、アディオス(さよなら)!僕の無事を祈って下さい」
満席のバスは6時ぴったりに二等バスターミナルを出発した。
このバスは今まで僕が乗った一等バスとは違って、二等バス。
一等バスと二等バスの違いは、早い話が急行バスとローカルバスという事らしい。
バスのサイズもかなり小さいし、シートも肩までしかないし、もちろんリクライニングなんかしない。
それだけではなくて、途中で人を乗せたり降ろしたりする。
町を出たところで、満員のバスに、更に人を乗せる。
だから立っている人もずいぶんいる。
それからすぐに山道にかかった。
この山道は、中米の細長い地峡を太平洋側からカリブ海側へ横断する。
分水嶺を越える事になるのだから、全くとんでもなく激しい道だ。
細い道が右へ左へ、左へ右へ、大きく小さく曲がっている。
運転手は確かに腕がいいのだろう。その道を猛スピードで飛ばす。
これではとてもとても、いままでのように、バスの中で本を読むどころではない。
腕は前の座席の背についたスチールパイプを握り締めたままだ。
体は右に左に、ガクンガクンと大きく揺れる。
横に座っているアメリカ人バックパッカーが、「これはローラーコースターだ!」と僕に叫ぶ。
まさしくローラーコースターだ。
ローラーコースターと言って思い出すことがある。
それがロサンゼルスの遊園地「マジックマウンテン」にある「コロッサス」に乗ったときのこと。
これは、そのころ、世界最大の「木製」ローラーコースターと言われていた。
僕が行ったのは冬の寒い日で、人もまばらで、「コロッサス」に並んでいる人も少なかった。
乗り込んだのはいいが何せ木製なので、その揺れがすごい。
最初の下りで「しまった!」と、乗った事を後悔したものだ。
白状すると、僕が「しまった!」と思ったのは人生で2度だけだ。
一度は結婚した女性とうまくやっていたつもりだったのに、それが完全な方向違いで、別れてしまったこと。
他にいっぱい人生で失敗をしているのだから、そのショックが解るだろう。
「コロッサス」に乗った時は、揺れがすごかった。
「ローラーコースターの車輪がレールから外れるかもしれない」との心配で、汗びっしょりになった。
ローラーコースターには、もちろん、レールの上を走るわけで、安全装置もある。
しかしこのバスにはレールも何にもないのだ。
運転手も運転手だよ。
今朝出かけに夫婦ケンカでもしたのか、悪魔のようにアクセルを踏んだままだ。
後ろの方の白人女性からは、意味の解らない叫び声が聞こえる。
隣のアメリカ人の聞き取りにくい英語に、僕も大きくうなずいて無理に笑い顔を作って同意を示す。
無理にしゃべると、バスの揺れでまた口の中を切りそうだ。
横のアメリカ人が、僕のひじをつついて指さすところを見ると、前座席の背にある物入れに、袋がはさまっている。
彼の指さす文字を見ると「ボルサ・パラ・ボミタール」とある。
「吐くための袋」まで用意してあるんだ。
これが本当に11時間も続くのだろうか…。
ちょっと緩やかな道に入って、揺れが小さくなった時に、隣の兄ちゃんに聞いてみる。
「パレンケに着くのは5時なんだよね」
「いや、昼頃着くんじゃないの?」との答えが返る。
それなら嬉しいが、でも本当だろうか。
この話をしたころは道が緩やかな下り坂にかかっていた。
バスが止まって、白人旅行者が3人降りる。
ここが「アグア・アスール」だという。
「シューストリング」によると、このアグアアスールという場所は、パレンケから1時間半の距離だ。
ということは、僕の聞いたのがやはり間違っていたらしい。
彼に「シンコ(5)」と言われた話をすると、「きっと5時間かかるっていったんじゃないの」との話。
なるほど。
思いこみではなくて、きちっと調べなければね。
その通り、5時間を1時間オーバーして、パレンケに着いたのが昼の12時だった。
パレンケの町は、中心のフアレス通りがあるだけの小さなところだ。
バスはその中心のフアレス通りの、トゥクストラグティエーレス社の小さな建物の前に着いた。
バスから降りたって、不動の大地を踏み締めると生きているという実感がする。
隣席のアメリカ人と、「良い旅を!」とあっさり別れる。
彼は今夜、キャンプ場でハンモックを吊って寝るそうだ。
僕はソカロのある町の中心へ歩いて、ソカロの真ん前にある「HOTEL MISOL−HA」へチェックイン。
部屋もなかなか大きいし、しっかりしたホテルだ。
ただ、シャワーを浴びようとしたが、「ホットシャワーは朝と夜だけ」とのこと。
シングルの25号室で、料金は2万ペソ。
やっとローラーコースターバスの試練を乗り越えて、パレンケの町に落ち着いた。
パレンケに着いたからすぐにあわてて、パレンケ遺跡に行こうと思うようでは旅行の素人だ。
宿泊場所を決めたあとに、まずすることはなにか。
マヤの遺跡は逃げ出したりしないから、慌てていく必要はない。
遺跡へ行く前にやること、それはパレンケの町から脱出手段の確保なんだよ。
パレンケからの脱出手段とは、ユカタン半島の中心都市メリダへ行く切符だ。
パレンケからは一応鉄道もメリダへ走っているらしい(1986年の情報)。
中南米の鉄道の常識として、「値段は安いが、遅れが酷く、しかも危険」というのだから、ギブアップだ。
バスが走っているらしいので、ホテルのマネージャーに聞いて、切符を買いに行った。
バス会社は同じくフアレス通りに面したガレージのようなところだった。
明日3月21日夕方5時発、座席番号が8番、料金が17000ペソ。
切符を入手したら、全ての用意は出来た。
明日の夕方5時までなら、十分時間がある。
パレンケの今夜の宿も、パレンケからメリダへの逃げ道もある。
これからマヤの遺跡でも一番素晴らしく、また個性的だといわれている、謎の「パレンケ遺跡」へ行くのだ。
マヤの秘境、ユカタン半島の奥地、深いジャングルに眠るパレンケ遺跡の探検に出かけるわけだ。
手許には、遺跡を見るための必需品、懐中電灯も用意してある。
ところが、僕の期待は見事に裏切られたんだよ。
その話は、次回を期待ください。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx