『明日のパレンケ行きバスの切符を買って、飛び乗ったバスで謎のインディオ村へ』@サンクリストバルデラスカーサス/メキシコ
1989年3月19日、朝5時半に起床する。
今日も目覚し時計の鳴る前だ。
昨日は13時間もバスに乗って、オアハカからサンクリストバルデラスカーサス(San Cristobal de las Casas)へ到着した。
いい年のおっさんである僕は、すっかりくたびれてしまった(涙)。
今朝、早起きしたのは、明朝のパレンケ行きのバスの切符を買わなければならないから。
真っ暗な町をあくびしながら歩いてバスターミナルに行くと、白人の旅行者が数人集まっていた。
明日20日午前6時発、パレンケ行き、座席番号6番。
「アウトトランスポルテス・トゥクストラグティエーレス」社で料金は6525ペソ。
到着時間を聞くと「シンコ(5)」とぶっきらぼうに答える。
きっと夕方の5時だろうから、また11時間(遅れるのが当然だから12時間)バスの中か(←実はこれは大間違いでした、続きを読んでね)。
地図で見ると、案外と近いようなんだけどね。
直線距離のわりには、結構時間がかかるじゃないか。
確かにここからパレンケまでは山越えの道で、ずいぶんと険しいようだ。
パンアメリカンハイウェーから外れるのだから、とんでもない道かもしれない。
疲れが抜けてないのに、また疲れが重なるという訳か。
「ちょっとスピードを出し過ぎだよな…」と、自分の中米旅行について感想を述べる。
でも、ゆっくり旅行していたら一生かかっても中南米一周なんてできっこない。
もちろん、ただ大きな町だけを飛行機でぴょんぴょんと訪ねるだけなら、簡単だ。
飛行機を使えば、どんな旅だって簡単だ。
そんなものは旅でも何でもない。
僕は本物の旅をしているのだから、疲れるのは仕方がない。
ここは我慢、我慢。
疲れた足を引きずりながら、サン・クリストバル・ラス・カーサスのメインストリート、インスルヘンテス通りを進む。
町の中心のソカロを通り過ぎ、そのまま進むと道路わきに民芸品屋が多くなってきた。
民芸品屋の向かいの道端では、インディオのおばさんたちがカラフルな織物を広げている。
オアハカからインディオの人たちの数が増えたが、ここは特に多いね。
その上、ここは、かなり白人の間で評判の観光地らしい。
白人旅行者も多いし、白人旅行者相手のしゃれたレストランも目立つ。
町はオアハカに比べるとずっと小さいのだから、観光客で食っているのだろう。
民芸品屋の多さも、またそのことを指し示している。
道の横の小さな広場に面した崩れかけた教会で祈る。
そのまま通りを進むと、ぱっとあたりが開けて大きなメルカード(市場)へと出た。
メルカードは人がいっぱいで、町の割に大きい。
この町はこの地方の商業の中心となっているのだ。
町は、この地方のインディオ村の中心にあり、同時にそれ故に観光地ともなっているというのだろう。
いろんな鮮やかな服装のインディオの人たちが、メルカードの横の広場からマイクロバスに乗るのが見える。
「シューストリング」によると「サンクリストバルの周囲にはインディオの村が多くあって、それぞれ日曜市が開かれる」とある。
ところで、長期旅行をしていると、曜日の観念がなくなってくる。
もう日本を出て1年半以上も旅を続けているのだから、日本でどこでも入手出来るコンパクトなカレンダーなどという洒落たものは手元にない。
だから、時々まじめに曜日計算をしなければならなくなる。
メモ帳をめくって、えーっと、計算すると、どうやら今日は日曜日だ!
ということは、近くの村へ行けば、日曜市を見られる。
これは神の導きで、日曜市を見よとのお告げでもある。
物のあふれるメルカードをうろうろした後で、メルカードの向かいにある広場に行く。
広場にマイクロバスが数台止まっていてインディオの人たちが乗り降りしているのが見える。
ここからインディオの村へ行けるのだろう。
どの村へ行ったら一番面白いのだろう。
こんな時は、もう一度神を強く心に念じて、最初に来たバスに乗り込むのが「世界旅行者」の旅のやりかただ。
神にただ従えば、神の導くところで何か、世界旅行者へのお告げがある。
一台のマイクロバスが、まるで僕を待ってたかのように目の前で止まった。
行く先も聞かず、乗り込む(700ペソ)。
まだ朝だから、どんな変な村へ行くことになっても、帰っては来れるだろう。
気は小さいのだけれど、こういうことには慣れている。
度胸を決めた割りには、バスは30分も走ったら小さな村(San Juan Chamula)に着いてしまった。
マイクロバスは村はずれに止まったので、バスを下りて中心方面へ歩き出す。
ちょっと歩くと、広場へ出た。
その広場に面して、村の大きさには不釣り合いな程大きな教会が建っている。
広場を左に見て道なりに歩くと、インディオの人たちが織物を広げている。
これが日曜市かしらん。
冷やかし気分で覗く。
何とか使えそうなものがあるかもしれない。
オアハカでは民芸品の買い出しに来た日本の女の子に会ったが、オアハカからグアテマラにかけてはインディオの織物が有名だ。
日本人旅行者の中にも、織物を見るためだけにやって来た人もいる。
日本に持ち帰って売ると儲かるという話だが、正直言うと、売れるとはとても思えない。
今では日本のどの地方都市でも、繁華街の隅っこに、インドや中南米の物を集めた店があるものだ。
でも、実際にそれを身につけて日本の町を歩いている人たちは見かけたことがない。
自分でその国に行って自分で買ってきたというのなら、それを身につけている意味もあるかもしれない。
例えば、それをきっかけに話が弾んだりするかもしれないからね。
でも、日本でわざわざ買ってまで変な格好をしようとは僕は思わない。
こんなものを着て歩くのでは、まるで日本に来たこともない白人がナイロビを羽織袴で歩き回るような話だ。
だから、正常な知性を持つ僕は基本的には民芸品を買うことはない。
しかし、この日曜市ではとても鮮やかな紺色の細かな模様の織物を見つけた。
マフラーで使えるかもしれない。
念の為に値段を聞いてもいいかな。
だって、南米に入ればインカの遺跡を訪ねて、アンデス山脈をうろつくことになる。
僕の持っている新宿伊勢丹で買った「PAZZO」のスエットシャツとアメ横の中田商店で入手したアーミージャケットだけではやはり寒いんじゃないかと思うしね。
インディオのおばさんに「クアントクエスタ。セニョーラ」と訊ねる。
「ベインテミル(2万)ペソ」という返事。
2万ペソといえば、約千円だ。
日本でだっていいかげんなマフラーなら2千円ぐらいで売ってることもあるのだから、ちょっといい値段だね。
まあこれは向こうの言い値で、これから値切りの交渉が始まるわけだが。

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx