『テワンテペックからサンクリストラルデラスカーサスへ』@メキシコ
オアハカを出たバスの最初のストップは、テワンテペックという町だった。
この町は、アメリカから南に下るに従ってだんだん狭くなっていく中米の最初の地峡、名前もテワンテペック地峡の太平洋岸にある。
これをもっと南に下がると、ユカタン半島がカリブ海側に突出して、それに応じて山も高くなっている。
メキシコシティが2200メートルで、オアハカの標高が1500メートル。
これから行くサンクリストバルデラスカーサスが、やはり2000メートルを越える。
オアハカから太平洋岸のこの町に下ってくると、まだ3月なのに中米らしく暑い。
僕は山と海を比べれば海の方が十倍ぐらい好きだ。
今までの寒さと違う、低地に下りてきての暑さと海がそばにあるという感覚で、二日酔いで寝不足の頭が混乱してくる。
ビーチでのんびりしたいよー!
何故僕はこんなに、あわてて名所巡りをしているのだろう。
でも、一度ビーチでのんびりしだしたら、何時までものんびり出来る。
金が続くかぎり、死ぬまでね。
もちろん、それが本当は理想的な生き方なのだ。
ビーチで何もせずに、ゆったりと時を過ごすという事が。
僕はその前に世界を見なければいけない。
そうしなければ、その後悔が一生心の底で疼くだろう。
この地峡でバスを降りて近くのビーチに行くという考えはすぐに消え去った。
けれど寒いのはいやだ。
でもとにかくエクアドルまでは南に下りさえすればどんどん暑くなるのだ。
ユカタン半島に入ればカンクンで泳げるだろう。
それまでの辛抱だ。
バスはパンアメリカンハイウェーを走り続け、だんだん日が暮れてくる。
疲れたよ!はっきり言ってさ。
このバスは乗り心地が良くないし、景色も代わり映えしない。
日中のバスで12時間というのは、到着した町で宿を決めたり食事をしたりという事を考えると、最悪の条件だ。
出発が早く、到着は日暮れになる。
しかも今はセマーナサンタの祭りで、北米の学生連中もイースター休暇でこちらに来ている可能性がある。
オアハカの宿が横柄だった経験からいっても、この付近まではきっと旅行者ずれしているのだ。
今日の宿のことが心配になる。
宿が無いのじゃないかとか、吹っ掛けられるのじゃないかってね。
出発して12時間たったころ、バスはかなり大きな町に入った。
12時間でサンクリストバルに着くということだったから、これがその町だろう。
バスの通る道の際には中華料理店の明かりも見える。
朝からまともなものを食ってないので、喜ぶ。
町はなかなか大きいし、人通りも多い。
中華料理を食べてビールを飲めば今日はゆっくり眠れる。
降りる用意をして運転手に「デラスカーサス?」と聞くと、違うという。
あわててランドマクナレー社の中米地図を確かめると、どうやらここはトゥクストラ・グティエーレスというところだ。
なんとまだ1時間ほどはバスの中だ。
そう考えると、急にぐったり疲れてしまった。
バスはそのまま山道に入って、かなりの急勾配を登りだす。
窓から外を見ると、グティエーレスの街の明かりがきらきらとまたたいている。
オアハカからバスに乗ってついに13時間を越し、夜の8時を過ぎて、バスは山道から突然小さなバスターミナルに入った。
これがサンクリストバル・デ・ラス・カーサスだという。
切符を渡して、バスから自分の荷物を受け取る。
あー疲れた!こんな旅は40歳を過ぎたら出来ないよね。
バスターミナルの椅子に座り込む。
山の上の町で、結構肌寒い。
さてどうしたらいいのか?
とにかく人の行く方に歩いていこう。
バスターミナルから町の中心へ続く一本道のインスルヘンテス通を歩く。
両側に小さなホテルやレストランが並んでいる。
どんどん歩いて行くと、教会に出た。
ここが町の中心に近いのだと考えた。
通りかかった人に「ホテルはどこにありますか」とかたっぱしから聞く。
一人が「ここにあるよ」と教えてくれたのは、教会の前の「ポサーダ・ルセージャ」。
マネージャーのおじさんは、「昨日も日本人が泊まったよ」と教えてくれて、宿帳を見せてくれた。
宿帳を見ると、なんと昨日ここにいたのは、テオティワカンの月のピラミッドの上で会ってオアハカで再開してモンテアルバンの遺跡に一緒した獣医のタマゴ君だ。
彼はここに一泊しただけで今朝グアテマラの国境へ向かったという。
部屋はがっしりとした木製のベッドと机があって、とてもきれいだ。
さて早速、この町からの脱出方法を考える。
おじさんから有名なマヤの遺跡「パレンケ」へのバスがあるとの話を聞きだす。
僕が着いたのとは違う二等バスターミナルへ歩いて行き、切符を予約しようとする。
バスターミナルでは「パレンケ行きのバスは毎朝6時に出発。バスの切符は前日の同時刻に売りだす」との説明だ。
バスの切符が欲しかったら、明日の朝6時にこのバスターミナルに来なければならないということだ。
明日の切符しか売らないというのは面倒だ。
それだからこそ頑張れば明日切符が手に入るのだろう。
もうひとつのバス会社「ラカンドニア」社にもいったが、午後6時に出るバスの切符はとっくに売り切れという話。
バスターミナルからの帰りに、小さなレストランで夕食をとり、明かりのついた教会で祈った。
スーパーマーケットで「スペリオール・マキシ」というビールの大びんを2800ペソで買った。
部屋に戻り、部屋の外にあるホットシャワーを浴びて、ホテルの中庭を歩いていると、花火が上がるのが見えた。
僕はひざまずいて、その花火に祈る。
すべてはただ神の指し示すまま。

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx