『オアハカからテワンテペックへ』@メキシコ
目覚し時計が鳴らなくても、時間前に起きるコツは「小心者」であること。
僕は正真正銘に気が小さい。
今朝のように7時出発のバスに乗る時は、6時半にはバスターミナルに着こうと考える。
そうすると荷物をまとめたりトイレに行ったりシャワーを浴びたりと考えると、5時半には起きなければと考える。
そう考えていると、大体2時間おきには目が覚めるもので、今朝も1時、3時、5時と定期的に目が覚めた。
5時に目が覚めてしまうと、もう一度寝る訳にはいかない。
起き出して荷物を整理し始めた。
ところが5時半になっても目覚し時計がうんともすんとも言わない。
チェックしてみると時計の後ろのアラーム設定のボタンがセットしてなかった。
危ういところだった。
実は僕はこの長期旅行で実際に目覚し時計の音を聞いて起きたということは一回しかなかった。
セットし損なったのもこの一回だけだった。
僕に取っては大事件なのでここに書いたのだが、読者に取っては「それが何なんだ!」というほどの事だ。
ここでは「目覚し時計で起きようとする時はセットを確認する事」という有難い教訓を学んでほしかったのだ。
オアハカの町を北に歩いて、バスターミナルまで15分。
6時半にはターミナルに着いた。
もう一度トイレに行っておなかの調子を確認する。
今日のバスは12時間という話だ。
一日に一本のバスなので、下痢でもしたら大変な事になるね。
メキシコに入ってから今まで、幸いに「モンテスマの復讐」と名付けられる、有名なメキシコの下痢を経験していない。
もちろん、注意するに越した事はない。
念の為に正露丸を3粒飲んだ。
クリストバルコロン社の大型バスは、ちょっとくたびれた感じだ。
リクライニングシートだがトイレは無い(定員は40人)。
バックパックをバスの右下のトランクスペースに入れ、そのチケットをもらう。
出発は20分遅れて、午前7時20分。
出発したあとは、そのままひたすらパンアメリカンハイウェーの上を走り続ける。
昨夜良く眠れなかったので、頭がぼーっとしている。
長距離の昼間のバスに乗る時は、これでいいのかも知れないね。
クリスティーの「カーテン」を読んでいるが、今までにない速度で非常に速く読める。
内容が頭に入らず、ただ英文の字面をなめているだけだ。
でも、もともと一度読んだ事がある本なのでどうでもいい。
僕は食事をする時でも、何か読むものがなくてはだめな人だ。
ただ目が文字の列を追っているだけなので、本を読んでいても、それだけ知識が増える訳ではない。
しかし、この癖のせいで英語を読む(眺める?)のだけは異常に早くなってしまった。
日本語の本と同じように斜め読みをしてしまうのだ。
クリスティーの推理小説を読み終えても、主人公の名前以外は、何も頭に残ってはいない。
まあ、余り自慢出来る事ではないけれどもね。
日本語の本がなければ、世界中どこでも手に入るのが英語の本。
だから、読む本がなければ、どうしても英語を読んでしまう。
でも日本にいたら、英語の本は読めないのが普通。
どんなに面白そうな英語の本を買ったところで、他に日本語で読むものがいっぱいあるからね。
北アフリカを旅行していた時などは、まわりが全部フランス語だった。
だから、「インターナショナルヘラルドトリビューン」や「タイム」、「ニューズウイーク」などの英文の新聞雑誌を入手するのがうれしい。
英語の新聞雑誌を入手すると、部屋に飛んで帰って、読みふけったものだ。
僕は日本でも「ニューズウイーク」を購読していた時期がある。
でも、結局読まないので(そして、読まない雑誌が目の前にあるといらいらしちゃうよね)購読をストップしてしまった。
読めないというのではなくて、日本ではわざわざ英語雑誌を読む気がしないんだ。
外国に出ればそれなりに語学の勉強にはなるものなのね。
例えば、僕はこのバスの中でも繰り返して「サウスアメリカ・オンナ・シューストリング」を読んでいた。
旅をしていれば、旅行案内書はいやでも読むもの。
英文のガイドブックを持って行くと、英語を必死で読む事になる。
昔、イタリアを旅行した時は全くガイドブックがなくて、町で見つけたフランス語で書いてある「ミシュラン」を読んでいた。
これもイタリアの町の地図がとても細かかったので役に立ったが、そのせいかイタリアでもフランス語をしゃべって旅行していたものだ。
語学留学をしても、世界中どこに行っても日本人だらけだ。
日本人の女の子が外人とエッチをして英語の勉強をするのが一番英語の勉強になる。
それ以外には、普通の日本人学生が教師以外の外人と直接英語をしゃべる機会などはそうない。
しかし旅行に出れば、そこには外人がいるのだし、旅行者の共通語は一応英語なので英語の勉強になる。
旅先で外人の友達が出来たと舞い上がって外人にべったりして、日本人に会っても無視してくるような買弁階級もいる。
のだが、まあそれはそれで愛嬌だと思う。

そのささやかな幸せを壊す気持ちもない。
もちろんそんな奴を見かけた夜は、日本人同士でとことんそういった連中の悪口を言って酒を飲む。

もし僕の悪口を聞いたら、おそらく回復不可能な脳の損傷を受けるだろう。
僕はこういう連中の事をよく知っているのだから。

この件は長距離バスに乗って何も書くことがない時に、またじっくり話をしたい。
途中で30分づつ2回の休息があった。

でも、トイレのないバスに乗っているのだから、ほとんど食べたり飲んだりはしなかった。
最初の休息はテワンテペックという町だった。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx