『オアハカの南の二等バスターミナルから、ローカルバスでミトラ遺跡へ』@オアハカ/メキシコ
オアハカの町では、ソカロのそばの通りを子供たちが団体でよちよちと行進していた。
セマーナサンタの休日なので何かこれからあるのだろうか、と考えながらまずソカロに面したカテドラルで祈る。
その後、ひげ君の泊まっているホテル「ポンボ」へ寄った。
フロントの男の子と話して、サングラスをひげ君に渡すように頼んだ。
「明日、朝早く発つので今夜は会えない」とメモを残した。
その意味は、「今夜は僕一人でいたいから来ないでね」ということだ。
一応人間関係には敏感な、育ちのいい慶應の奴だからこの意味はわかるだろう。
そのまま北へちょっと歩いて、サント・ドミンゴ教会へ。
この教会は何故かいやに豪華で、金箔をどっさり使った内装だ。
が、僕は、カトリックの総本山、サンピエトロ寺院を見ているからね。
巨大なグラナダのカテドラルを見ているので、特に豪華だからと、感動するわけではない。
教会ではとにかく、ひざまずいて神に祈る。
昔は神に祈る時に「僕に力をください」とか「救って下さい」とか念じたものだ。
しかし、それは間違いだった。
神は普通の一個人にわざわざ力をくれたり、救ってくれたりするわけではない。
実は救われる人も救われない人もすでに決定されていて、もう動かしようがないのだ。
それなのに、それを変更してもらおうなんてそんな願いを聞いてくれるはずがない。
今はただ単に「私は神の定めに従います」と祈っている。
もうすべてのことは決定されているのだから。
つまり、僕が救われている事も。
実は、僕がこうして旅をする必然性は何もない。
女房に逃げられた後、何となくヨーロッパで英語とフランス語でも勉強しようと旅に出た。
すると、次々といろんなことが起こって旅を続け、今こうして中米にいるというだけのことだ。
その時々に起こったいろんなことを、僕は神の定めだと感じている。
ロサンゼルスから南へ下る時もずいぶん迷った。
というか、本当は南への旅はしたくなかった。
僕のいたロサンゼルスのホテルへ、南米へ下るという若者がやって来て、気が合って、一緒に出発しようかという話になった。
「一緒に旅行すればいやな所が見えてしまう」というのが僕の考え方で、ぎりぎりでわざと少し遅れて旅立つことにしたんだ。
僕は彼のことを神の使いだと考えている。
「もうそろそろ南へ下ったら?」という神の指図だと思っている。
僕が中南米で神に祈るのは「ここまでやって来ました」という報告なのだ。
僕の趣味としては、サントドミンゴ教会のようなキンキラキンではなくて、もっと落ち着いて静かな寂れたところが好きだ。
そう、中米のすべての小さな町にあるような何気ない教会で、そこでおばあさんが一人祈っているような。
ついでに、大聖堂の隣にある、オアハカ地方博物館に寄る。
博物館は昔修道院だったようだ(入場料が750ペソ)。
モンテアルバンやミトラ遺跡からの出土品のなかなかいい陳列をしていた。
僕は建物自体の方が好きだったね。
バルセロナにあるピカソ美術館などは、表からでは美術館という雰囲気はしない。
でも、中に入るとすごく丁寧な美術館だとわかる。
僕はピカソの芸術そのものよりもこの建物が好きだった。
バルセロナでスペイン語を学んでいた時、一人で何度か訪れたものだ。
スペインの建物の特長は、外観に力を入れるのではなく、パティオに代表されるように中庭に力を入れる。
部屋はこの中庭に面して窓を開き、通路はこの中庭を巡る。
そういった建築様式がラテンアメリカにも移植されて、コロニアル様式として花開いたというわけだ。
中南米では安ホテルでも中庭を持ち、部屋がその中庭に向かって開いている、という形式のものが多い。
これは夜寝る時に、中庭へのゲートを閉めてしまえば泥棒よけにもなるというわけだ。
南米のオートバイ旅行者は必ず中庭のあるホテルに泊まると聞いた。
南米旅行のポイントは、オートバイを安全に駐車することだそうだ。
ホテルの前にオートバイを止めておいた所、翌日にはタイヤが盗まれていたという話も聞いた。
中庭のある構造は安全の面でもいいのだろうね。
午後になって食事もしないまま、オアハカのもうひとつの有名な遺跡であるミトラへ行くことにした。
オアハカの町の南に鉄道線路が通っていて、その踏切を渡ったところに、ごちゃごちゃした二等バスターミナルがある。
二等バスターミナルから、ミトラ行きのバスが出るという。
手当たり次第に「ミトラ?ミトラ?」と聞きまくる。
バスはすぐに見つかった(1300ペソ)。
ローカルバスに1時間ほど乗っていると、小さな町のはずれで降ろされる。
これでいいのか不安になったが、街角に土産物屋風のものがある。
観光客が来るのは確かだ。
出会う人に声をかけて、道を聞きながら歩いていると、ミトラ遺跡に到着。
ミトラ遺跡はたいして大きくなくて、遺跡を金網が取り囲んでいる。
入口の小屋の中におじさんが1人いて入場料を集めている。
料金は昨日のモンテアルバンと一緒で950ペソ。
千ペソを渡すと、お釣りがないという。
ない訳はないだろう。
細かい金で950ペソ払う客はいない。
普通は千ペソ出す観光客に、50ペソのお釣りを渡すに決まっている。
誰からも、チップ込みで千ペソ取っているということかしらね。
もっと大きい金額の場合は徹底的に戦うが、こんな所で50ペソ(2.5円)のために、おじいさんと喧嘩をしても意味がない。
お釣りはあきらめて、ミトラの遺跡に入る。
しょせん観光客はどんなことをいったって観光客で、観光客とはぼったくられて、金を落していくものだ(旅行哲学)。
ミトラの遺跡は外から見た限りではかなり小さく感じる。
昨日見たモンテアルバンの壮大さとは月とスッポンだ。
ミトラの遺跡は「ミシュテカ族の祭儀センター」ということだが、有名なのはその遺跡の壁にはめ込まれた石のモザイクだ。
さすがに、繊細で、奇麗でちょっと感動する。
遺跡は、外から見ると小さいが、内部が区切られていると、だんだん大きく感じられてくる。
遺跡の奥に墓を2つ見つける。
1号墓と2号墓がある。
中に潜り込むと、2号墓の方が奥が深かった。
遺跡へ行く時は、いつもデイバッグに入れてある小型の懐中電灯が役立つ。
他に観光客は誰もいないので、遺跡に腰かけて哲学的な思考に耽ろうとする。
が、頭に浮かぶのはビールのことだけだ。
喉が乾いた。
もう今日はこれで十分。
遺跡を出て町を歩き、オアハカ行きのバス停を捜しす。
近くの店で冷たいテカテを買って、飲みながらバスを待つ。
帰りのバスは途中の町で止まったりしたので1時間半かかった。
また昨日の酒屋に行き、1リットルのワインを買って、オアハカ名物のケソをつまみに飲んむ。
午後10時にはベッドに入り、本を読んでいるうちに寝入った。
明日のサンクリストバル・デ・ラス・カーサス行き。
バスは朝7時発だ。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx