『僕が細かい旅行の記録をつけているのは、ホテル代を支払った証拠としてでした』@オアハカ/メキシコ
1989年3月16日、広い部屋でゆったり静かに寝ていて、朝日で自然と目が覚める。
ホテルで寝ていても、どこからも物音が聞こえず静かなのは、とてもステキだ。
東京にあれば、一流ホテルでも宿泊客がビジネスマンやツアー客(それに浮気客)なので、朝はざわざわしていて落ち着かない。
朝はドアの外でチェックアウトをしにいく客の物音がする。
廊下では、部屋掃除のおばさんたちのがたごとする音が聞こえ、ゆっくりしていると時にはノックされたりする。
金を払っているのに、一日中部屋でぼーっとしにくい雰囲気がある。
ホテルの部屋で一人いる時も、お金を払っているだけに取り返そうするもの。
何度も風呂に入ったり、見もしないのに、TVをつけっ放しにしたり、ホテルにプールがあれば無理に泳いだりもする。
これは僕がただセコイだけ、ということなのだろうか?
ホテルにとどまる時間が決まっているのなら、出来るだけ静かな自分だけの時間を持ちたいものだ。
部屋が広いというだけで特に設備もないこんなホテルもなかなかいい。
しかもとにかく客がいなくて、ガラガラなので、音がするはずもないわけだ(笑)。
ゆっくりとホットシャワーを浴びて、朝から昨日の残りのビノティント(vino tinto/赤ワイン)をツマミのイナゴでちょっと飲る。
旅行に出る楽しみのひとつは朝から酒を飲めるという事だからね。
窓から外を見ると、今日も一日の快晴を約束するような、薄い青色がどこまでも広がっている。
ロサンゼルスで買ったミッキーマウスの目覚し時計は、午前9時を指している。
昨日一緒にすごした獣医のタマゴ君は、もうサン・クリストバル・デ・ラス・カーサスへのバスに乗っていることだろう。
昨日オアハカ一の名所、モンテアルバン遺跡に、そのタマゴ君と一緒に行った。
僕がサンクリストバルへ行くのは、明日の朝だ。
だから、今日はゆっくりしていてもいいが、一日ごろごろと寝ているのもつまらない。
一応観光名所を回ることにするか。
出かけようとすると、鏡の前に昨日一緒に飲んだひげ君のサングラスを見つけた。
これはひげ君のホテルに、返しに行かなければね。
何故かというと、ひげ君とはもうあまり話したくないから。
話が合わないとわかってしまった人と、旅行先でまで、義理で付き合うことはない。
日本で会社勤めでもしているのなら、どんなつまらない人間とでも付き合わなければならない。
僕はそれがいやで会社を辞めた人なのだ。
中米に来てまで日本的な表面だけの付き合いはごめんだね。
彼のサングラスがここにあれば、彼はもちろん捜しに来るだろう。
そうすると顔を合わせなくてはいけないが、彼とは別にケンカしたわけではないが、話したくない気分なんだ。
かと言って、居留守を使うのも、サングラスをネコババするのも僕の主義ではない。
となると、わざわざ彼のホテルへ行って受付に置いてくればいい。
2階の僕の部屋から下へ降りて、レセプションにいたおばさんに「今日も泊まる」と宣言する。
そのついでに、今日のホテル代を払うことにする。
旅行の基本として「ホテル代はぎりぎりまで払わない」というものがある。
例えば2泊すると決まっていても1泊づつ支払うということだ。
なぜって、旅行では何が起こるか解らないのだから。
なのに何故、今日の分を朝払ってしまおうとするかというと、これにもまた立派な理由がある。
実は昨日1日分の2万5千ペソを請求されて3万ペソ出したら、お釣りがないからと4千ペソしかもらっていなかった。
千ペソの貸しがあるのだ。
一度出した金は戻ってこないことが非常に多い。
だから昨日のうちに、今日払う分の2万4千ペソが財布にあることは確認してある。
このおばさんはもの静かなインディオなのだが、煮ても焼いても食えないという気がしていた。
「セニョーラ、今日も泊まります。昨日千ペソ多く払っているので、今日は2万4千ペソ払いますよ」と話しかける。
また「お釣りがない」と言う。
またお釣りでごちゃごちゃさせて金をごまかそうとしているのは明白だ。
「ここに2万4千ペソあります」と丁度のお金を見せる。
「昨日は2万5千ペソもらった」と期待通りのことを言い出す。
「昨日は3万ペソ払って、セニョーラが4千ペソくれたじゃないか。ほら僕のノートにもそう書いてあるよ」と、僕の日記代わりのメモ帳を見せる。
おばさんは仕方なさそうに2万4千ペソを受け取った。
「ちゃんと台帳にパガード(pagado/支払済み)と書いてよね」と、書き込むのを確認する。
旅行の初心者なら千ペソ取られっぱなしになったかもしれないが、僕はそんなことはない。
何故かと言うと、もうこんなことには慣れっこなのだ。
慣れっこということは、以前は余分に払わされた経験もあるってこと。
僕は小さなノートを持って、細かくバスの時刻や料金、ビールを何本飲んだかまで書き込んでいる。
その理由は、初めは、いつからどのホテルに泊まって、料金がいくらで何時いくら払ったと証明するためだった。
旅行の記録ではなくて、支払いを証明するための記録だったんだよ。
バルセロナで長く泊まっていたホテルから、別のホテルに突然移った時の話なんだけどね。
酒を飲み過ぎ、その上に喉が渇いて、部屋にあったオレンジを、一気に2キロほど食べてしまったことがある。
すると翌朝に、突然強い吐き気が襲って、部屋の洗面台に未消化のオレンジを吐いた。
多量のオレンジを吐くと、小さな洗面台はなぜか簡単に詰まってしまった。
二日酔いで気分がハイになっていた僕は、発見される前に静かに荷物をまとめてとっととチェックアウトしたという次第だ。
スペイン語学校で一緒だった日本人学生が以前泊まっていた「レバンテ」というホテルに移動した。
この安宿には、1週間ぐらいいた。
アンダルシアへ旅立とうとチェックアウトする時、ホテルのおじさんと僕の間で、何日にチェックインしたのかについて意見が分かれた。
ずいぶん説明したのだが、証明できるものがなかったので、妥協策として半日分よけいに払わされてしまった。
これ以後はホテルの値段と、いついくら払ったということをノートにメモし始めた。
ところがそれだけメモしてあっても信憑性がないということに気付く。
それでノートには、交通機関とか食事とかも書き込むことにした。
この旅行記の元になっている非常に詳細なメモをつけるようになった理由は、ホテル代を支払った証明のためなんだよ。
ケニアの東海岸マリンディのホテルでも、同じように支払でもめた。
この時も(肥った黒人のおばさんが気の向いた時にホテル代を請求するので心配していたのだが)何とか僕の主張を認めさせることが出来た。
観光客ずれした所では「お釣りがない」と支払を延ばして、うやむやにすることは良くある話だ。
いくらインディオのおばさんだって、みんな純朴な人ではない。
世界中に日本人旅行者ほど単純な人間はいないのだから、騙したりゴマカシたりするのは簡単だね。
不愉快な経験をしたくなければ、自分で常に対応策を考えていなければならない。
日本人は、そんなに気を張っていると、疲れちゃうけどね。
ただ、旅行の細かな記録をつけるようにしたから、この文章が書けるわけです(笑)♪

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx