『ひげ君と宿を探し、民芸品買い付けの日本人美女と出会い、モンテアルバン遺跡へ』@オアハカ/メキシコ
1989年3月16日午前6時半、メキシコシティからオアハカの一等バスターミナルに到着。
一緒のバスでやってきたイタリア人カップルと、軽く世間話をして、日本人旅行者(ひげ君)と知り合う。
さて、まずやることは、今日の宿を決めること。
「シューストリング」には「オアハカでは旅行者が多く、ホテルが少ないので、安い所を捜すのが大変」と書いてあった。
それもあって早めに捜し出したのだが、確かにこの町のホテルは愛想が悪い。
次々と「満員」と断られるのだ。
部屋があっても、その部屋には窓がないという所もある。
やはりこういうのはいやだよね。
次々と捜し回っているうちに「HOTEL POMBO」を見つけた。
ホテルのマネージャーは結構親切で、「今は解らないけれど、11時になれば部屋は空くと思う」と言う。
ひげ君は、ここにすることにした。
僕はちょっとアップマーケットの「HOTEL RIVERA」を当たることにする。
「シューストリング」に「お湯が出て奇麗な大きい部屋。値段は3ドル」とあったからだ。
だが、実際の値段は約10ドルだ。
こんな町で10ドルも払う旅行者は誰もいないので、部屋は空いていた。
バスターミナルから、街を歩き、宿を探しして、疲れたので、早く荷物を置きたかった。
ホテルリベラの部屋は異常に広かったし、どっしりとした木造の内装で、その落ち着きが気にいった。
僕はこのホテルに泊まることにした。
なかなか立派な建物で、きれいで、がっしりした部屋で、どうせ2泊しかしない。
ツィンなのだから、ひげ君と一緒に泊まれば安くなる。
でもそれはいやだ。
人の本当の幸せは、一日を静かに振り返る自分一人の時間を持つことにあるのだから。
ひげ君と一緒に、さっきの「POMBO」へ戻った。
部屋は3つ空いていたので、それを一緒に見て、比較する。
2号室が1000ペソ、42号室が1500ペソ、21号室が1600ペソ。
特に2号室は、1階の中庭に面した、窓がなくて汚くて、ベッドだけの狭い部屋だ。
普通の日本人なら、3階の角部屋で窓が大きく水だけだが一応シャワーの付いている21号室を選んでしまうだろう。
だって、一番高くても、1600ペソとは、80円くらいなのだから。
ひげ君もそう考えて、21号室にした。
でも、1泊50円の2号室の隣には、けっこうきれいな、ムチムチの若い白人女が一人で泊まっていた。
ここが日本人の絶対にマネができない所だね。
日本人はこんな汚い所には泊まれない。
まあ、そこを言うと日本人全体の旅行観の問題にかかってくるけれどね。
「POMBO」のフロントで、両替率のいい銀行を聞く。
教えてもらった、「BANCOMER」の別館に両替に歩く。
ここは確かに率がいいらしく、観光客の長い列がある。
その列に日本人の女を見つけて、話しかける。
全体的な雰囲気も、服装も、いやにきっちりしているので、ただの旅行者ではないと踏んだ。
その通り、日本から「民芸品の買いつけに来ている」のだそうだ。
一緒に男が来てるのだが、男性は風邪をひいて、部屋で寝込んでいるのだとか。
日本人男性は、身体が弱いねー(涙)。
それに対して、日本女性は、1人でもキリッとしているよ(笑)。
彼女が泊まっているのは、ソカロ(中央広場)に面した高級そうなホテルだった。
そのホテルのテラスがレストランになっていて、3人で一緒に昼食を取った。
このときに、ひげ君はちょっとジャマだと思ったよ(笑)。
ステーキを食べてビールを2本飲んで、1人700円ぐらい。
日本女性の民芸品の買いつけにくっついて行くのも面白いかしら、と思わないこともなかった。
が、オアハカでは、モンテアルバンの遺跡に行くのが何よりも優先だ。
今夜一緒に僕の部屋でまた飲もう、と約束をして3人は別れる。
僕はとにかく、オアハカの遺跡「モンテアルバン」へ行くことにする。
オアハカのハイライト、モンテアルバンの遺跡へは「メソン・デル・レイ」ホテルからマイクロバスがでるようだ。
1人でメルカード(市場)へ寄った後、ホテルへ戻り、シャワーを浴びた。
僕のホテルから近いので、MINA通りを西へ歩いて「メソン・デル・レイ」へ行った。
ホテルから出るマイクロバスは、モンテアルバン遺跡への往復で2千ペソで、入場料が950ペソ。
切符を買って、時間つぶしにアガサクリスティーの「カーテン」を読みながら、午後3時半発のバスを待つことにした。
日本人が僕の方に歩いてきて、「西本さん、こんにちわー!」と大声で挨拶をする。
さーて彼はいったい誰なんでしょう?
日本語をしゃべっているのだから、西ドイツのラルフ君じゃないよ。
そう、テオティワカンの月のピラミッドの上で会って、一緒に太陽のピラミッドの上で夕日を眺めていた「獣医のタマゴ」君だったのだ。
彼は1日早くオアハカへやって来たそうだ。
こういう若くて生きが良くて、前途洋々の人を見ると、こちらも嬉しくなってしまう。
実は、僕にもこういう時代があった。
自分の前には何の障害もなく、自分の力に絶対の自信を持ち、すべては自分の思うようになると信じ切っていた頃が。
現実はそうではなく、実際は自分の思ったことはほとんど実現できない。
これが人生の真実。
全能感を失いながら、人は皆、少しづつ大人になっていくのだ。
人間ならば誰でもみんな、そういう思いをしたことがあるはず。
その思い出として、こういう若い人を見ると、誰もが助けてあげたくなる。
実は旅行に出る最適な人というのは、このタイプなんだ。
こういう人なら問題が向こうから避けていってしまう。
何もしなくても、まわりの人たち助けてくれる。
モンテアルバンへのマイクロバスには5人ほど乗っていた。
バスはごく普通の山道をコトコトと登り、頂上のすぐ下で止まった。
そこから遺跡の正面入口を通らず、右つまり北の方角からはいっていった。
始めはたいしたものもなく、ぼろぼろの遺跡だろう、と思っていた。
ところが、急に視界が開ける。
と、本当に山の頂上を切り取ったような平らな部分に、大きな遺跡が並んでいるのを見つけた。
こーれは、すごーい!
山の頂からは、オアハカの盆地も町もとても小さく見える。
ここに栄えたサポテカ文明のことを思う。
「タマゴ」君と僕はいつしか互いに距離を置き、一人きりで遺跡を探訪していた。
遺跡の中心にある天文台の構造も良く解らないが、これは天文台に違いない形をしている。
広場の西に「踊る人」という人を描いた石板が何枚も置いてあった。
これもとても感動的だ。
こんな所で2時間を過ごして、最後に入口のそばの球戯場にはいる。
これからいろんなマヤの遺跡で「球戯場」を見ることになる。
遺跡にある球戯場は、すべてこのモンテアルバンの球戯場をもとにして大きさなどを比較することになった。
最初の経験を基本にして大きさを比較するというのは良くあることだ。
モンテアルバンから帰って、遺跡の次に大切な「酒屋」を捜しながら歩き回る。
酒の卸屋のような所を見つけると、冷えたビールが千ペソ(50円)。
それにタマゴ君紹介の別の酒屋で、1リットルの赤ワインが4500ペソ(225円)。
これだけ安いと嬉しくなっちゃうね。
実はこれは僕の部屋でのパーティの材料だ。
タマゴ君もパーティに誘うが、彼は明日クリストバルカーサスへ行くので今日は早く寝ると断る。
部屋に帰るとひげ君がやって来たので、ツマミを買いに行く。
メルカードでオアハカ名物のケソ(チーズ)を買う。
このケソはチーズを伸ばしてそれをぐるぐると巻いてあるのだ。
これをほぐすようにして食べる。とてもおいしい。
いろんな大きさがあるけれど、店の前に山盛りに積んであって、試食させてくれる。
こぶしの半分ぐらいの小さな玉で2千ペソ。
それから、チャプリネスという、イナゴを味つけして干してあるような物があったので
これを買う。
小さなコップいっぱいで3千ペソなのでこれは高価な食べ物だ。
部屋でひげ君と一緒に昼間会った女の子を待つが、来ない。
昼間に、約束をしたのが、もともと失敗だったと反省する。
「世界旅行主義」には「旅先の約束は守らなくていい」という項目があるしね。
夜に男性二人で部屋にいるというのも、気詰まりだ。
僕は結構一人で静かに酒を飲むのが好きな人だ。
ヒゲ君も、悪い奴ではないのでちょっと世間話をすることにする。
話をしてみると、確かに悪い奴どころではなく、なかなか性格のいい奴なのだが、話が面白くない。
いい奴だが魅力がないというのは困るよね。
聞くと中学校から慶應という、金持ちのおぼっちゃまくんのようだ。
オーストラリアにも1年留学したが、英語はうまくならなかったという。
そうだろうと思う。
話していても、頭の切れが全く感じられない。
親がどんな金持ちで、何度留学させた所で、頭が悪いのは直せない。
彼が帰った後、一人静かにイナゴを口に含んでパリッと噛んだ。
赤ワインを飲んだ。
この夜の静けさの中に一人ぽつんといる、この時のために、僕はきっと旅をしている。
オアハカの夜は深い。
すべてはもう決められている。
僕はその道に沿って歩んでいる。
xxx

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx