『オアハカの一等バスターミナルで、ひげ君と出会って、一緒に宿探しへ』@オアハカ/メキシコ
1989年3月15日メキシコシティのホテルコンコルディアで目を覚ます。
今夜午後8時のオアハカ行きのバスに乗る予定だが、それまでにどうやって時間をつぶすか。
これは、案外と面倒な話だ。
最初の予定通りにメリダに行くとすれば、昼過ぎにメキシコシティを離れるわけだからちょうど良かった。
その場合は、ゆっくり寝て、バスターミナルへ行けばいいだけ。
だが、バスで10時間ほどで行けるオアハカに明朝到着するのだから、出発は夜になる。
昼が、まるまる空いている。
メキシコシティから2時間ほどで行けるトルテカ文明の「トゥーラ」の遺跡も見たかったけどね。
これは、南米からの帰り道の楽しみに取っておくことにしよう。
実際僕は、南米から戻ってきた時に、トゥーラの遺跡を見に行ったよ。
午前8時過ぎまでゆっくり寝て、荷物をまとめて、まず東ターミナルの荷物預かり所にバックパックを預ける。
預り賃3400ペソ。
暇つぶしに、地下鉄トラテロルコ駅で降りて歩いて「三文化広場」へ。
三文化とはアステカ時代と植民地時代、そして現代の文化が交わる所ということになっている。
そう思って見ないと、それほどの感動はない。
でも、ほとんど観光客もいないので、三文化広場の「サンチアゴ教会」で、ゆっくりと神に祈ることが出来た。
早めに東ターミナルへ戻り、時間つぶしに、昨日買った「ニューズウイーク」を読んでいた。
昨日と同じく、ターミナルの中はものすごい人だ。
乗車時間が迫ると、つぎつぎと出発するバスの中から自分の乗るバスを捜せるかどうか不安になる。
同じバスに乗るメキシコ人のおじさんを見つけてからは、スペイン語で世間話をしていた。
外国人が旅行者に訊ねることは決まっているので、それほど頭を使うことはない。
「どこから来た」「どこへ行く」程度のことなので、自動的に言葉が出てくる。
バスに乗り込むと、僕の席37番は、最後部左窓側の席だった。
通路を挟んだ右側にはトイレがあるので、ちょっとホッとする。
基本的にはバスに乗るときは、出来るだけトイレに行かないようにしたい。
夜はビールもちゃんとした夕食もとっていない。
夜8時発のバスが実際に出発したのは、8時半。
バスはメキシコシティの街灯りの中をほんの数分走った後は、真っ暗な闇の中を突き進む。
とにかく目を閉じていることにする。
うとうとする時もあるが、バスが大きく右左にカーブを切るのでその度に目が覚める。
ほとんどまともに眠ることができない。
どうやら山道をかなりの速度で走っているらしい。
途中でドライバーが交代する。
僕の席の後ろのベッドがあるらしい空間に、運転手が入っていくのを、ぼんやり見ていたりした。
オアハカに着いたのは、朝の6時半。
ようやく日が昇ったころだった。
オアハカは、標高の高い山の中にある町なので、朝早くは結構寒い。
バスターミナルは平屋建てだが新しく、設備も整っている。
僕が着いたバスターミナルは、オアハカの町の北のはずれにあって、これが一等バスターミナル。
メキシコシティから着いた時も、またこれから、サンクリストバル・デ・ラス・カーサスへ行く時も、この一等バスターミナルを使った。
僕はバックパックを背負って、町の中心にあるオアハカの市場からここまで歩いた。
そんなに遠くも近くもない距離、歩いて10〜15分程度だったと記憶している。
オアハカには別に、二等バスターミナルがあって、これは町の南側にある。
一等バスターミナルはバスの数が少ないのでスッキリしているが、二等バスターミナルはボロバスがごちゃごちゃと並んでいた。
メキシコシティからのバスが一等バスターミナルに着いたのが、午前6時半。
こんな時間では、動きようがない。
まずコーヒーを飲んで、ぼんやりした頭をすっきりさせよう。
朝のひんやりとした空気が僕を包み、晴れた空が、今日の旅を祝福してくれるようだ。
ターミナルの外に出て、辺りを見回すと、あの雑踏のメキシコシティとは空気が完全に違っている。
このバスターミナルは町の北のはずれだが、それでもしっとりと落ち着いたコロニアル風の町の雰囲気がする。
オアハカまで来れば、後はどんどん「遺跡」と「インディオ」の中米らしくなるぞ。
バスに乗り込んでその後すぐに目をつぶっていたので気付かなかったが、僕と同じような、手持ち無沙汰そうな旅行者がいる。
若い白人のカップルが、たどたどしい英語で話しかけてくる。
彼らはイタリア人だ。
イタリア人は英語が不得意なのだが、一生懸命話している。
彼らとちょっと話をする。
彼らも本当は、ユカタン半島の南側にある国際的リゾートビーチ「カンクン」へ行きたかったのだそうだ。
僕と同じにセマーナサンタの影響で、メリダへの切符が買えず、手近かなオアハカへのバスに乗ってしまった。
「ここからどうしたらカンクンへ行けるかしら」と僕に聞いてくる。
「多分、次々と南に下れば何とかなるんじゃないかな。僕もよくわからないんだよ」と返事をする。
海外の交通機関の実情は、その場その場で調べることが一番いいし、それしかない。
僕は今が「セマーナサンタ」の真っ只中だという切迫感があるので、オアハカに着いたとたんにここからの脱出方法を考えている。
以前シリアの「パルミラ」の遺跡を見に行って、パルミラから脱出するバスが全部満員だったことがある。
このときは、まるで「プリズナーNO6」になったような、不思議な経験をしたことがあるよ。
ある町へ着いたのに、そこから出る交通機関が見つからないのは、本当に困るものだ。
だから、着いた時には、まず最初に脱出方法を確認しておくのがいい。
オアハカから、いったいどこへ行けるのだろう。
メキシコシティで会った日本人から、メキシコ湾岸の町ベラクルスとオアハカを回った話を聞いている。
オアハカからベラクルスへ行くバスは、もちろんあるようだ。
ベラクルスはオアハカの北にある、ただのビーチリゾートだ。
そんな所でぐずぐずするわけには行かない。
「シューストリング」の簡単な地図を見ると、オアハカの南に「サンクリストバル・デ・ラス・カーサス」という町がある。
何か見るものがあるのだろう。
その先はすぐ、グアテマラとの国境だ。
すぐにグアテマラへ入るのでは、ちょっとこまる。
中米旅行のポイントは、やはり、マヤの遺跡群だからね。
マヤの遺跡は、ユカタン半島にあるので、グアテマラへ行く前に、ユカタン半島へ行きたい。
オアハカから南に下りさえすればユカタン半島の根元に近付いている。
だから、おそらくは、サンクリストバルラスカーサスから、ユカタン半島へ行けるだろう。
間違いではないはずだ。
バスターミナルの時刻表を見ると「サンクリストバル」へは朝1本のバスが出ている。
時刻表の文字が「おいで、おいで」と誘っている。
これは「買い」だな。
すぐに窓口で、オアハカからサンクリストバルラスカーサスへの切符を買う。
明後日の朝7時発のバス。
料金は2万ペソ弱(約千円)で、座席番号33。
町へ出て宿探しをしなければと考えていると、あご髭を生やした、痩せて色の黒い日本人らしい男がいるのに気付く。
話しかけるとやはり日本人で、彼をここでは「ヒゲ君」と呼ぶことにする。
初めての町で、まだはっきりしたイメージがつかめない時は、誰かと一緒の方が互いに便利だ。
よく知らない旅先では、旅行者同士が助け合うのは、これは、海外個人旅行の基本。
オアハカには、モンテアルバンという遺跡が山の上にあるらしい。
もし一人だと行きにくい所なら、誰かと一緒の方が何かと有利だ。
タクシーに乗るとしても安全だし、割り勘にできる。
だから、新しい町に着いたときに、声を掛け合って、一緒に行動するのは大原則だ。
ひげ君に「一緒に行こう」と声をかけて、オアハカの町を北からセントロへ歩き出す。
オアハカの町はいかにもコロニアル風の町で、街路が碁盤の目状に走っている。
途中の公園では、まだ朝なので、ジョギングをしている紳士も見かける。
オアハカの中心に近付くと、建物もなかなか立派で町並みも由緒ありげだ。
注:2010年では、メキシコシティ〜オアハカは、バスで6時間半で行くようです。
xxx

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx