『セマーナサンタでメリダへ直行できず、オアハカへ行くことを決め、メキシコの色っぽい雑誌を買う』@メキシコシティ/メキシコ
メキシコシティには4つのバスターミナルがあるというのは前に述べた。
その中でも大きいのが、北ターミナルと東ターミナル。
北ターミナルはアメリカ国境方面からのバスが発着し、テオティワカン遺跡へもここからバスが出ている。
東ターミナルはメキシコの東部及び南部方面へのバスが出る所。
このほかの南(アカプルコへ)や西(役に立たない?)ターミナルもある。
4つのバスターミナルと空港が全部地下鉄に接しているというのは、ラテンアメリカには珍しい便利さだ。
僕は一気にメリダへ行くつもりなので東ターミナルへ。
このバスターミナルもなかなか大きい。
地下鉄の駅から専用の通路があるのだが、その幅広い通路が人でいっぱいだ。
この通路で、僕は「何かおかしい」と感じた。
人が多過ぎる。
まるで一斉に移動を始めたような雰囲気だ。
今日は、1989年3月14日、平日の火曜日。
年末年始ではないし、もちろんクリスマスでもない。
メキシコシティに地震警報でも出て避難を始めたのだろうか。
それにしてはみんなニコニコ顔でのんびりしている。
切符売り場のホールに出ると人がいっぱいで、窓口に長い列が出来ている。
一応「メリダ」の列に並ぶが全く前に進まない。
「何故こんなに人が多いんですか?」とスペイン語で前にいた太鼓腹のおじさんに聞いてみる。
僕がスペイン語ぺらぺらなのはすでに書いているが、これはすべてスペイン語の会話です。
「セマーナサンタだよ」と、おじさんはにっこりと答える。
ドキッ!何かいやーな予感がするよ。
この言葉は、何か聞いたような響きがある。
同じく旅行しにくかった思い出がよぎる。
以前、この気持ちを抱いたのは、どこだったろう。
僕の今までの旅行経験が、早回しのフィルムのコマのように目の前にちらつく。
そうだ、ローマだ!
あの時もカトリックの休みだとかいうので、ホテルが取りにくかった。
ローマのテルミニ駅近くの安宿を、2泊で追い出された。
そのあとのベローナではツィンの部屋しかなくて、2人分払わされた思い出がある。
でも去年北アフリカのチュニジアからローマに着いたの、は4月の初めだった。
今はまだ3月半ばじゃないか。
こんなのってありか〜。
さてここで読者の為に、後にじっくり調べたセマーナサンタの解説をやっておこう。
セマーナサンタとはもちろんスペイン語だ。
日本語だと「聖週」英語では「ホーリーウイーク」。
定義は「復活祭前の一週間」。
ところでこの「復活祭」とは何かといえば「イースター」のことだ。
「キリストの復活を祝う祭日」という簡単な定義だが、この決定が面倒だ。
「春分の日以降の最初の満月の後の最初の日曜日」
早い話が日本人にはわけのわからない祭日で、その前の休暇も日本人には理解できない。
ところがこれが旅行者にとっては、大変な問題なのだ。
定義に従って毎年この休暇の日付けが変わる。
イースターは3月22日から4月25日までの一日らしい。
その前の1週間がセマーナサンタの休みだ。
ということは、それが日本の学生の卒業旅行に引っかかる場合がある。
こういう時期に特にカトリック系の多い観光地に行く。
すると、ホテルは取れない乗り物の予約は取れないという、大変な問題になる。
卒業旅行でセマーナサンタの民族大移動にぶつかって日本に帰り損なった人も多い。
それで、就職が取り消しになり、そのままスペインに住み着いているなどという連中もいるとかいないとか。
これは実際に僕が自分でホテルを取り乗り物の予約を取り、一人で旅行しているから言えるのだけどね。
まあ、全部あらかじめ旅行会社に予約を取らせて旅行して、何の苦労もせずに旅をしていては、セマーナサンタで困ることもない。
逆に、セマーナサンタの苦労をしたことがないならば、本当の旅を知らないってこと。
本物の旅行者ではないってことなんだよね。
バスターミナルの、インフォメーションの窓口が開いたので、それを見て慌てて走って行く。
「今は休暇の時期なんですか?」と窓口で訊ねる。
「セマーナサンタだよ」との答。
「メリダに行きたいんですが、切符は取れるでしょうか?」
窓口の痩せた青年は「ちょっと待ってね」と言って、なんとコンピューターのキーボードをたたき始めた。
メキシコにもコンピューターがあるんだ(オット、これは失礼)。
その結果を見た青年はにこっとして、朗らかに答えた。
「1週間先まで満席です」
オイオイ、何ということだ!
一度こういう経験がありながら、同じ過ちをしてしまうなんて。
あまりのショックで頭が真っ白となり、窓口を離れてふらふらと歩く。
切符売り場のホールの、高い天井の下で、雷に打たれたように立ちすくんでしまった。
この困難を何とか切り抜けなければならない。
もちろん僕ほどの経験があれば何とでもなるはず。
こういう時にはまず第一にすることがある。
神を心に思い浮かべ、強く祈る。
そして信じる。
これは神のなされた技なのだと。
メリダへの直行が一週間先まで満席でも、バスを乗り継いでいけばいいだろう。
少し遅くはなるだろうが、メリダに行けるのは間違いない。
ここでこういう状態になったのは、「メリダに直行するな」との神の指図だ。
東へ向かう最初の計画を変更しよう。
別の方向へ進もう。
時刻表を見ると「オアハカ」という地名が目に入る。
メキシコシティからオアハカへは、毎日20便以上のバスが出ているようだ。
オアハカならば、何とか切符があるだろう。
オアハカとは、DF(メキシコシティ)から南へ、バスで10時間ほどのところにある町だ。
とにかく、この町への切符を予約する。
明日3月15日夜8時発、席番号37番、料金17500ペソ(900円)、オアハカへの到着が朝6時半。
明日の夜のバスの切符なのにほとんど売り切れているのは席番号からも解る。
外国の大型バスの定員は、40人を越えることはない。
もし40番に近い席番号をもらったら、それは一番後ろのリクライニングしない席の可能性が大きいのだ。
実は無理やりこういう席に座らされてイスタンブールからカッパドキアまで旅行したことがある。
リクライニングしない最後尾の席では眠れず、次の日は疲れてほとんど動けなかったっけ。
それを確かめる為、バスの座席表を見せて貰った。
実はこのバスの僕の席も一番後ろだったがリクライニングする席だった。
僕の後ろには交代のバス運転手のベッドが作りつけてあったのだ。
長い列に並んで切符を買って、ちょっと疲れてしまった。
売店で雑誌でも買おう。
覗くと、「ニューズウイーク」がある。
3350ペソだが、これは200円しないのだから安い。
色っぽそうな雑誌を見つける。
「ゴールデン」と「シニョーレ」。
表紙を見ると「ゴールデン」がアメリカの「ペントハウス」、「シニョーレ」が「プレイボーイ」と提携していると書いてある。
どちらも7千ペソちょっと。
3ドル弱ということは、物価から考えると結構な値段だ。
とすれば「期待出来る」かも知れないね。
今日は最後の所で、バスの切符を買うことで、精神的に疲れてしまった。
こういう時はホテルでハーフチキンにワインでもやりながら、ゴロゴロしたいものだ。
どちらがいいかといえば一応「ペントハウス」の方が激しいので「ゴールデン」を購入した。
にこにこしながら、足取りも軽くホテルへ戻る。
部屋でどきどきして本を開くと、なんと日本と同じで修正済みだ。
ガッカリしたので、とっとと寝ました。
明日は夜行バスだよ。疲れるなー(涙)。
注:2010年では、メキシコシティ〜オアハカは、バスで6時間半で行くようです。

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx