『ベリーズのビザをゲットして、ソナロッサでTシャツを買い、床屋へ行く』@メキシコシティ/メキシコ
1989年3月14日。
今日はまず、昨日申請したベリーズのビザを午前中にもらいに行く。
昨日は朝からたくさん動いたよ。
国際学生証は作るは、ベリーズのビザは申請するは、テオティワカンへは行くは、と一生懸命だった。
今日はゆっくり過ごすつもりだ。
長期旅行をする時は、あんまりがつがつと動き回ってはいけない。
無理をして体を壊したら最後だ。
だんだんと中南米のリズムに合わせなければならない。
ナイロビロサンゼルスで長期滞在していた時は、「一日にひとつのこと」がモットーだった。
何か新しいものを見たり新しい人と話をしたりすれば、その一日は意味があったというふうに考えていたものだ。
僕の場合は旅先でも、英語の本を読んでいたり、フランス語やスペイン語の勉強もしていた。
だから、一日に一つ、新しい単語に出会ったらそれでいいということにしていた。
昔インドにいた時は、とにかくどんなくだらないことでも一つのことをすればいい、というのが原則だった。
例えば「今日は絵はがきを買ってきたからいい」となる。
次の日は、「はがきを1枚書いたからいい」、そして次の日になると「昨日書いた葉書を郵便局まで行って出したからいい」となるわけだ。
インドでは、はがき一枚出すのが三日がかりだ。
「はがきを書くボールペンを買いに行く」という一日が間に入ることもある。
とんでもない奴は、鉛筆を使うので鉛筆を削る日も必要で、はがき一枚一週間かかることにもなりかねない。
ここまでイッてしまうと、もう日本には戻れないだろうね。
この感覚が身につくのは、移動を繰り返す旅行に出て3か月が過ぎたころからだと、我々世界旅行の専門家は分析している。
その調子でいくと、今日は「ビザをもらったからいい」という話になる。
ただ、今日はもうひとつやることがある。
東バスターミナルへ行く。
明日ユカタン半島の中心地メリダに行くバスの切符を買っておかなければならないんだ。
メリダまでバスに乗りっぱなしで、約20時間かかるらしい。
明日の昼頃のバスに乗り、メリダ到着を明後日の朝にすれば、安ホテルを捜すにも便利だろう。
とにかく、交通機関を利用する時は、すべて到着時間から逆算することになる。
メキシコシティの繁華街ソナロッサをうろついている。
「アカジョー」という面白そうなTシャツ屋を見つけたので、選んで1枚買った。
物もいいが値段もいい。
3万ペソを越えたから12ドル。
つまりアメリカのまともなブティック並みだ。
例えば僕が愛している、米国製の「バナナリパブリック」のTシャツは、定価が16ドルする。
もちろん僕が定価を払うわけはなく、セールの時に9ドルぐらいで買う。
しかも、このとき僕が着ていたシャツはニューヨークのワシントン広場のそばの店のセールで買った。
その値段が、たった4ドルなのだから、なおさら高く思う。
近くに「バハマス」という、別のTシャツ屋もみつけた。
ここも面白いデザインの物が多かった。
値段はぐっと安くて、2枚で2万7千ペソちょっと。
しかし、実際着ていると、安い物はやはり色落ちが激しいし材質も良くないので、すぐだめになってしまった。
そのあとホテルの近くの床屋に飛び込み、髪を切って貰うと5千ペソ(250円)。
5百ペソのチップをあげる。
ああすっきりした。これで南へ下る準備が出来たぞ。
地下鉄1号線をサンラサロ駅で降り、東ターミナルへ。
これから、メリダへのバスの切符を買うつもりだ。
ところが、それがスンナリと行かないのが、海外個人旅行というものなんだよね。
それには、「セマーナサンタ」という魔法の呪文が関係しているが。
次回に謎は解かれるでしょう。

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx