『ベリーズのビザを申請し、テオティワカンを探険する』@メキシコシティ/メキシコ
ベリーズの領事館はごく普通の民家だった。
中に入ると小さな机があって、痩せた白人が1人ビザの申請書を書いていた。
彼も旅行者のようだ。
挨拶替わりに「キーカーカーに行くの?」と、声をかける。
「君も行くのかい?」と返事がかえる。
「いいや。あそこは蚊が多いらしいよ」と、昨日ラテンアメリカタワーで会った日本人旅行者から聞いたばかりの情報をあげる。
ビザの書類を書き込みながら互いの旅の話をする。
10ドルを払ってビザの書類を出す。
明日の朝には受け取れるそうだ。
領事館の近くからコレクティーボ(350ペソ)に乗る。
適当なところで、「どこでもいいから」と降りて、地下鉄(100ペソ)の駅に着く。
そのまま乗り継いで、北バスターミナルに行き、セルフサービスレストランで昼食をとる。
ポージョ(チキン)ソパ(スープ)フーゴデナランハ(オレンジジュース)にセルベッサ(ビール)を3本。
これで1万5千ペソ、つまり750円とは、ちょっと豪華過ぎたかな。
バスターミナルだから、ちょっと物価が高く設定してあるのかもしれない。
バスターミナルに着いた時に発見していたテオティワカーノ社から、午後2時発のバスに乗る。
北バスターミナルからテオティワカンへ、20分毎にバスが出ている。
料金は、1750ペソ。
シートのリクライニングしない、ごく普通のローカルバスに乗って1時間。
隣に座った白人がフランス語で友人と話をしているのに気付く。
「ブゼットフランセ(フランス人ですか)。ジャビテアパリプールドゥモワ(僕はパリに2か月いたんですよ)」と話しかける。
続けて、フランス人をほめたおす、得意の「ほめごろし」の布石を打つ。
フランス人なら、パリの素晴らしさを2時間ぐらいはしゃべってあげるつもりだ。
ところが「僕たちはカナダから来たんだ」との愛想のない返事が返る。
それでもケベックの観光案内所で親切にされた話をして、フランス語圏のカナダ人をほめるのは簡単だ。
何しろ僕は本当に頭がいいんだもの。
「フランス語を話す日本人には始めてあったよ」と、言葉をしゃべるポケットモンキーを初めて見たような目つきで僕を見る。
そこで、「アブロエスパニョールタンビエン(スペイン語もしゃべりまっせ)」と、つけ加える。
僕がこの2人に話しかけたのは、降りる所を確かめたかったのが大きな理由だ。
知らない土地で知らないバスに乗ったら、とにかく誰かに話しかけて、降りる所を間違えないようにするのが大切。
このバスにしても、結構乗客は多かったのだが、観光客っぽい人は少なかった。
普通の観光客の場合は、こういう有名な遺跡はツアーに組み込まれているので、専用の観光バスで行くことになる。
僕のような旅行者は絶対にツアーには参加せず、地元のバスを使う。
しかし、地元のバスには案外旅行者はいないものなのだ。
まあ愛想の悪い外人に少々つっけんどんにされることだってあるさ。
旅行で出会う人が皆朗らかで好い人で、日本人を尊敬して親切だなんて、日本の海外旅行のテレビ番組が作った幻想。
日本人の信じたいようなことは、テレビの中以外の現実には、そうあることじゃないんだよ。
海外では、日本人は差別されるし、ばかにされるのが普通だ。
フランス語をしゃべる人に話しかけたのは、ただ降りる所を確かめたかっただけだ。
一緒に遺跡を見ようとか友達になろうとかいう理由じゃなかった。
仏語圏のケベック州のカナダ人なのだから、彼らは英語も結構しゃべれた。
適当な話をしているうちに、バスが止まる。
バスの中のメキシコの人たちが、親切に、「テオティワカン。テオティワカン」と教えてくれる。
テオティワカンのビジターズセンターの前に広場があって、そこに高いポールが立っている。
その高い棒の上に、男の人たちが3人、足をロープで結んでいる。
彼らは、体を逆さにしてぐるぐる回り出した。
僕は一瞬、ちょっと変わった自殺かとも思った。
それとも何らかの刑罰、例えば公開処刑なのかしら。
いい話の種になると、どきどきしながら喜んで見ている。
と、ただぐるぐる回って上から降りてくるだけで血を流すというわけではない。
なーんだ、つまらない!期待してがっかりした。
あとで読んだが、これは何かマヤの伝統的なお祭りの儀式らしいよ。
テオティワカンの入場料は、たったの千ペソ。
千ペソとは、50円くらいだ(笑)♪
遺跡に入ると、これはこれは、とにかく広い!
歩き回るのが大変だ。
この広さでは、高年齢者の場合、ピラミッドに登るどころか、片道歩くだけでも、半分ぐらいの参加者は、倒れてしまうかも。
テオティワカンは本当に大きかった。
入場口の向かいにシタデルがあり、その奥にケツアルコアトルの神殿があった。
神殿の一部が昨日見た人類学博物館の中に再現されていたのを思い出す。
遺跡が非常に大きいので、ほとんど観光客がいない雰囲気だったのだ。
ここでは、神殿を見る長い列が出来ていた。
世界中どこでも見かける日本人の団体かとも思うが、そうではない。
するとドイツ人に決まっている(ドイツ人も日本人と同じで団体旅行が大好きなのだ)と、予測した。
彼らの言葉に耳を傾ける。
フランス語が聞こえるので話しかけると、なんとフランス人の団体なのだ。
フランス人の団体は珍しいと、ちょっとびっくりする。
これを見た後は、途中の遺跡に登ったり降りたりしながら、歩いた。
遺跡の中央を通る「死者の道」を、遺跡のもう一方の端の「月のピラミッド」まで時間をかけて歩く。
これだけで1時間かかった。
月のピラミッドに登ってそこから今まで歩いた死者の道を見下ろそうとする。
ピラミッドの上には日本人の学生らしい男の子が2人座り込んでいた。
ピラミッドの上というのは非常に狭い。
こんな所で日本人が3人もいるのに挨拶しないのもおかしい。
声をかける。
1人は、日本の大学の獣医学部の学生だという。
初めての旅行で僕と同じようにカリフォルニア半島を下ってきた。
すごくナイーブな男の子らしく、何にでも感激している。
僕は、「一緒に、太陽のピラミッドに登ろうよ!」と提案する。
一人の若者は、すでに太陽のピラミッドに登っていたというので、別れる。
獣医の卵と一緒に太陽のピラミッドまで、また歩いた。
太陽のピラミッドの下でおばさんたちがビールを売っているのを見つけた。
大きな氷を机に置いて、その上にビールの缶を並べている。
缶ビール1個が2千ペソ。
買おうとすると、「まだ冷たくないよ」と言う。
なーんて、正直な人たちだろう!
「大丈夫」と言って、僕は氷の上の缶ビールをぐるぐる回す。
シリアのダマスカスの街角でビールを買った時に、少年がやっていたことだ。
ビールを買って、それを持って太陽のピラミッドを登って頂上に行く。
ぐるっと遺跡が眼下にある。
ここでもビールを売っていて、頂上では1本3千ペソ。
日が暮れるまで、ビールを飲みながらピラミッドの上にいた。
帰りは別の入口からバスに乗って、地下鉄の駅「インディオス・ベルデス」へ行き、そこから地下鉄を使ってホテルへ帰った。
地下鉄の駅からホテルへ帰る途中でポジョメディオ(ハーフチキン)を買って、ホテル近くの酒屋で買ったテキーラ(これはちょっと強過ぎた)とビールで腹に流し込んだ。
今日はいろんなことをやったね。
国際学生証をつくって、ベリーズのビザを申請して、テオティワカンに行った。
もうこれでメキシコシティにいる意味はない。
明日ビザを取ったら、メリダ行きのバスに乗ろう。
しかし、世の中は、すんなりとメリダ行きのバスに乗れるほど、甘くはなかった。
それもまた、神の定めだったのだが…。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 中米北上 mexico world index


xxx