『国際学生証を作り、ベリーズのビザを取りにイギリス大使館、イギリス領事館、ベリーズ大使館へ行く』@メキシコシティ/メキシコ
1989年3月9日、今日は月曜日だ。
メキシコシティでまず第一に見るものはテオティワカンの遺跡だ、と僕は言っていた。
それなのに、人類学博物館に最初に行くとは筋が通ってないじゃないかと考える読者がいたら、君は頭がいい。
頭はいいが、そんなに理屈っぽかったら友達から嫌われるタイプに違いない。
そう理詰めに追求されたら、普通のわけのわからない旅行者は困るだろう。
でも、「世界旅行者」の僕のやることにはきちんとした理由がある。
実は今日、月曜日は人類学博物館の休館日なのだ。
だから、もし昨日テオティワカンのピラミッドを見ていたら、今日は博物館が見れないことになってた。
2日でメキシコシティの2大アトラクションを見る為には、どうしても昨日人類学博物館に行かなければならなかった。
わかったかな?
ところで、こういう休館日の問題は旅行する時には案外と大きな問題となる。
ツアーでマドリッドのプラド美術館を訪問する日が、ちょうど休館日に当たっていて、見れなかったという事件があった。
マドリッドでプラド美術館を見なければ、ちょっとガッカリかも。
正直、マドリッドは王宮とプラド美術館しかないからね。
ツアーだと大げさな問題になるが、個人で旅行する時でも、案外と施設が休みだったりする。
ロサンゼルスでも、マジックマウンテンは冬場になると週末しかオープンしてない。
遊園地巡りが目的でロサンゼルス来た時は、案外これで引っかかってしまって、見残したりすることがある。
だから自分が行きたい所が博物館だったり美術館だったりする時は、休館日を確認しておかなければならない。
例えばこれから僕が向かうコスタリカの黄金博物館は土曜日と日曜日だけオープンしている。
これは変なので、ぎりぎりまでそれに気付かず、危うく見損なう所だったよ。
ロサンゼルスの博物館、美術館は、無料で入場できる日が決まっていたりする。
だから、無料入場の日や、時間を調べておけば、とってもオトクだよ♪
という訳で、今日はテオティワカンに行く。
しかし昨日の学生の話では、簡単に行けるらしいので、午後に出かければ大丈夫だ。
まず、メキシコシティの銀座とよばれる繁華街ソナロッサのはずれにある学生旅行社(SETEJ)に行く。
ここで国際学生証(ISIC)を作るつもりなんだ。
もちろん僕は、学生証を持っている。
僕の手許にあるのは、ニューヨークで取った、あの有名大学のコロンビア大学の学生証だ。
本物の長期旅行者は必ず国際学生証(ISIC)を持っているもの。
メキシコでも国際学生証を作るのはあっけないほど簡単で、10分もかからなかったよ。
ヨーロッパやアフリカでは、博物館や美術館で、学生証が使える。
ただ正直、中南米ではISICは、もともと物価が安かったこともあって、ほとんど使えなかったけどね(涙)。
まだ時間が十分あるので、英国大使館領事部に行く。
何をすると思う?
これからベリーズのビザを取るのだ。
メキシコをユカタン半島東岸沿いに下ってグアテマラに入ろうとすると、そこに小さな国がある。
これが「ベリーズ」だ。
昔は「英領ホンジュラス」といっていたが、名前の通りイギリス領だった。
ベリーズは、英領だったから、英語が公用語だ。
ユカタン半島のマヤの遺跡を見て回ったあと、グアテマラに行く為にはこの小さな国を通過しなければならないことになる。
メキシコからグアテマラまでは、ベリーズを通らない別の入国ルートもあるけどね。
ベリーズは、イギリスに(ビザを発行する)領事事務を任せているという情報があったので、イギリス大使館へ行くわけだ。
ソナロッサにある観光案内所で、イギリス大使館の住所と場所を確認し、歩いて行く。
大使館に行くと「領事部はここではありません」と入口に地図が貼ってある。
英国大使館の領事部は、そこからちょっと街角を曲がった所にあった。
小さくて場所がわかりにくく、しばらくうろついて、最後には近所の人に聞いて見つけた。
領事館の中の小さな待合室に入って、ぐるっと周りを見回す。
と、今度はそこに別の紙切れがあって「ベリーズのビザはベリーズ大使館でとってね」と住所が書いてある。
思わず「なんだ、なんだ、こりゃ!」と、日本語でぶつくさ言ってしまう。
最初からインフォメーションで気をきかせて教えてくれてもいいのに。
本当に気がきかないんだから…。
地図を見ると、英国大使館領事部からベリーズ大使館まで、歩いて25分の見当。
まあ今日もいい天気だし、時間は十分ある。
町を歩き回るのは好きだ。
僕の場合は、バックパックを背負っていても足が速い。
一緒に歩く人がびっくりする程だから、歩くのは問題ない。
14kgのバックパックのハンディのない今は、とっとことっとこと足が進む。
調子よく歩いていたら、後ろから「ハーイ、ケン!」と声をかけられた。
メキシコシティの路上で、僕の名前を知っているとは、いったい誰だろう?
この旅行記をずっと読んでれば解るよね。
ティファナのバスターミナルで出会って一緒のホテルに泊まった、西ドイツ人の学生「ラルフ」君だったのだよ(笑)!
彼とは、バハカリフォルニアを下る途中で、ゲレーロ・ネグロという小さな町で別れていた。
「それで、どうだったの?鯨は見れたの?」と聞く。
「いやあ、鯨を見るポイントまで、タクシーで50ドルと言われたので、止めたんだ」とのこと。
結局バハカリフォルニアは、自分で車を持っていなければ動きの取れない所みたいだね。
ラルフは、グアダラハラでは泊まらずに、マサトランから直接メキシコシティへ来たと言う。
昨日はテオティワカンのピラミッドを見たそうだ。
これからカリブ海側の町ベラクルスへ下り、それから海岸沿いにユカタン半島へ向かうとのこと。
僕は一気にメリダまで行く気だ。
そこにしばらくいて、チチェンイツアやウシュマルのマヤ遺跡を見るので、また会えるかもしれない。
互いに「元気でね、また会おう」と握手をして、あっさりと別れる。
彼とはもう一度思いがけない所で会うことになったが、それもクイズにしておこう。

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx