『旅行論をしながらメキシコシティを歩き回って、国立人類学博物館へ』
旅行に出たら、この町ではこれを見ると決まっていることがある。
それは、ニューヨークでは自由の女神だし、ロサンゼルスではハリウッド、パリはエッフェル塔、カイロならギザのピラミッド、といったものだ。
ブリュッセルの小便小僧やコペンハーゲンの人魚姫の像は百パーセントの人が「見なきゃ良かった」と告白する。
ロサンゼルスのハリウッドにしても90パーセントはがっかりする。
しかし、失望する為にはやはり見なければならない。
これは大きなジレンマだね。
メキシコシティに来れば、テオティワカンのピラミッドは絶対に見逃してはいけない。
これさえ見れば、メキシコシティに1日だけいて、夜行バスで次の町に移ってしまってもいい。
何しろもっと南に下れば、もっと面白いものが山ほどあるのだ。
ところが、どんな場所でも、細かく言い出せばいろいろと興味を引くような所があるものなのだ。
そして、ガイドブックというものはこういったどうでもいいような情報を一杯詰め込んで、部厚くして、値段を正当化しようとしている。
これに騙されてはいけない。
メキシコシティなんかだって細かく見ていったら、1か月だってかかるだろう。
でも、長期海外旅行では、基本的には1つの町で見るメインなものを、とにかく1つ決めることが大切だ。
ここではテオティワカンのピラミッドがメインだ。
しかしもうひとつ大切なものがあって、これが「国立人類学博物館(Museo Nacional de Antropologia)」なのね。
ここでは非常にバラエティに富んだメキシコ各地の遺跡を概観出来る。
ピラミッドの模型もいっぱいあるし、最上の遺跡からの最上のものが展示されている。
よほどの時間と金をつぎ込まないとメキシコ中の遺跡を全部回るのは不可能。
だから国立人類学博物館でメキシコの遺跡の全体像を見れるのはとても便利だ。
あちこち見て回った後でも、自分の見た遺跡の位置付けをする為にも、どうしても訪れなければならない大切な所だ。
もし、まだ旅行計画を立ててないのなら、この博物館を見て興味を持った遺跡に行くことにすればいい。
この博物館はチャプルテペック公園にある。
そうして、今日は快晴の日曜日だ。
歩き回るには最高の日だ。
僕がいるホテルコンコルディアはウルグアイ通りの端、町の中心地にある。
まず、ラテンアメリカタワーの横を通って北へ、ガリバルディ広場へ歩く。
ガリバルディ広場とはマリアッチバンドが集まる所らしい。
日曜日の朝なので誰もいないだろうと思っていたが、例のマリアッチ演奏家の服装をした小肥りのおじさんたちが10人ほど集まっていた。
次にブエナビスタ鉄道駅へ歩いた。
これは、実は鉄道でメリダまで行くことを考えていて、できれば早めに(あるかどうか解らないが)夜行寝台の予約を取ろうと思っていたからだ。
アメリカ合衆国を含めたアメリカ大陸では、鉄道というものは基本的にはバスよりスピードが遅く、本数も少ない不便な乗り物だ。
だから、旅行には積極的に利用出来るものではなく、ただ話のネタにつかうのもの。
ヨーロッパをユーレイルパスを利用して旅行してこれに味をしめた単純な旅行者諸君がいる。
彼らの中には、アメリカを旅行するのに鉄道地図も時刻表も調べずに、アムトラックを利用しようとする人たちがいる。
アメリカではどの町にも鉄道が走っているわけではないし、本数も非常に少ない。
むろんこれでアメリカ旅行するのは大変だ。
中米や南米になると、移動手段としてはバスが主流で、鉄道はどんどん廃止されている。
メキシコシティも、鉄道駅は確かに存在していて、かなり大きかったが、ちょっと見たところがらんとして人影がない。
ここに来たのは「歩き方」にメキシコシティからメリダまでの鉄道のことが載っていたからだ。
なるべく早く中米を下るためには、マヤ遺跡の豊富なユカタン半島の中心地メリダまで行ってしまいたい。
メリダへはバスでも20時間かかる。
20時間バスに乗ること自体はたいしたことはないが、アメリカから陸路でずっとここまでバスで来たのに、またバスを使うというのも芸のない話だ。
ここは鉄道を使って健全な旅行をしたいものだ。
それと、本当にこの鉄道があるのかどうか確かめたかったという気持ちもある。
実はこのメキシコの鉄道の話は「歩き方」には載っているが「シューストリング」にも「Thomas Cook Overseas Timetable」にも載ってないのだ。
ということはほとんど存在しないに決まっている。
しかし、日本のガイドブックに載ってるからいいかげんな話だと最初から決めつけるのでは、それは旅行者の立場ではない。
ところで、この「Thomas Cook Overseas Timetable」とは、ヨーロッパを除く世界中の主な鉄道やバスや船舶の時刻表だ。
ロンドンのビクトリア駅の本屋で購入して以来、ずっと持って歩いている。
世界各国のビザの条件なども載っているし、特に中南米ではバスルートをチェックするのに役立つ。
実はグアダラハラからメキシコシティへのバスの時間を10時間と考えたのは、この時刻表に9時間半とあったからなんだ。
それはこの間の道路状況が変化したからで、どこかの国のガイドブックのように最初からいいかげんなわけではないから、仕方がない。
鉄道駅の案内所で聞くとやはりこのメリダまでの寝台車は運行してないという話だ。
ホッとしたよ。
何しろ「シューストリング」には「パレンケからメリダの鉄道では、もし一人なら決して眠っては行けない。泥棒が一杯だ」とある。
これで、無理に泥棒だらけの危険な列車に乗らずにすむ立派な理由が出来たのだ。
神に感謝しながら、鉄道駅を後にして、革命記念塔へ歩く。
歩いていると、日本人らしい2人連れを見かけたので、声をかけてみる。
すると、なんと、ラパスからマサトランへのフェリーで一緒だった日本人学生カップルだよ!
今夜は「ルチャリブレ」というメキシコのプロレスを見に行くそうだ。
誘われたが、メキシコのプロレスに興味がない僕は、遠慮させていただく。
それに、カップルの中に入るのは、ちょっと野暮です。
そのまま歩いて、メキシコシティの中心を走る大通り「レフォルマ通り」へ出る。
この大通りの突き当たりがチャプルテペック公園だ。
途中には独立記念塔があるので、まわりをぐるぐる回って、この塔をじろじろ見る。
更に歩いてチャプルテペック公園にはいると、大勢の人出だ。
日曜日のせいなのか、何かお祭りなのか、屋台がいっぱい並んでいる。
風船を持った子供たちがうろうろしている中を一人寂しくずんずんと歩いて、ついに博物館へ到着。
人類学博物館では見るものが多いし、それぞれに面白いので、閉館時刻まで粘ってしまった。
これなら、この博物館だけで2日は十分につぶせる。
明日行く予定のテオティワカンの模型もあるが、これは本当に随分大きそうだね。
オルメカの大頭にも感心したが、2階には特に興味を引くものはなかった。
チャプルテペック駅からサルトアグア駅まで地下鉄に乗り、ホテルに戻る。
ホテルのおじさんにルチャリブレのことを聞くと、今日はやってないとの話。
近くのラテンアメリカタワーに上ってDF(メキシコシティ)の夜景を見る。
展望台の高さが2422mとはすごいが、これは海抜の数字だ(入場料5千ペソ)。
タワーの展望台で見つけた日本人学生を捕まえて、ホテルの前のレストランで一緒に夕食をとる。
彼はメキシコ、グアテマラ、ベリーズをほとんど飛行機を使って旅行したという金持ち君だ。
テオティワカンにも行ったことがあるというので、バス乗り場のことを聞いたりする。
ベリーズ沖の島キーカーカーにも行ったという。
「島は奇麗なところですよ」と言いながら、ズボンをめくって、蚊に食われた後を見せてくれた。
とにかく蚊の多いところだそうだ。
これでキーカーカーへ行く気はなくなった。
いい情報をありがとう。
今日はずいぶん歩いた。
ホテルの部屋に戻りベッドに入ると本を広げる間もなく眠ってしまったようだ。
注:1989年のレートは1000ペソ=50円

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx