『メキシコシティの北ターミナルからホテル・コンコルディアへ』@メキシコシティ/メキシコ
午後7時45分にグアダラハラを出たバスは、しばらくは普通の道を、ゆったりと走っていた。
が、途中から高速道路にでも入ったのか、非常なスピードで飛ばした。
寝込んだり、目が覚めたりを繰り返していると、バスがスピードを落として、止まる。
バスの中に照明がついて、時計を見ると朝の4時半だ。
僕の計算だとグアダラハラからメキシコDFへは、10時間かかるはず。
到着予定は、午前6時だから、ちょっと早過ぎる。
目を閉じて、もう一度寝ようとしたら、ばたばたと人が動く。
荷物を持って降りる人もいるので、念の為に「デーエフェ(メキシコシティ)?」と訊ねると、「シー(イエス)」と答える。
起き上って、運転手の所にいって確かめると、彼もメキシコシティだと答える。
寝ぼけているので、考えがまとまらない。
予想よりも1時間以上早い。
でも、なぜかメキシコシティに着いてしまったようだよ…(途中で高速道路を通ったせいかしら…)。
バスに預けてあったバックパックを受け取って、一応担ぐ。
ここはメキシコシティに4つあるバスターミナルのうちのひとつ、北ターミナルのはずだ。
朝早いので、やはり肌寒い。
でも、気分はうきうきしている。
少し昨日のビールが残っているのだろうか。
バックパックを背負ったまま、北ターミナルを隅から隅まで歩いてみる。
いやー大きいなー。
それにグアダラハラのターミナルより、入っているバス会社の数が多くて、ごちゃごちゃしている。
一番端まで歩くと、そこに「サン・フアン・テオティワカン」社を見つけた。
このバスがテオティワカンの遺跡へのバスを運行しているはずだ。
メキシコシティに着いたばかりなのに、これから乗る予定のバスの乗り場を突き止めるなんて、運がいいよなー♪と嬉しくなる。
さて、バスターミナルから移動する前に、メキシコシティの情報を整理しなければならない。
だって、どのホテルに泊まるかもまだ決めてないのだ。
動くにはもちろん早すぎる。
もう一度、僕の降りた付近、バスターミナルの中央付近に戻り、そこにあった待合室に入る。
熱いコーヒーにミルクをいれて千ペソ。
バックパックを待合室のプラスチックの椅子に置いて、それを盗まれないように気をつけている。
自分が寝不足でボーっとしているのを意識して、こういう時はなにをするにも慎重にしなければならない。
僕のバッグは本が多いので結構重く、これを抱えてとっとと走って逃げるのは無理なんだよ。
重いバックパックもこう考えると意味があるよね。
次々とバスが到着、出発するのを、コーヒーカップを片手に眺めている。
すると、日本人の学生らしい若者が2人、停まったばかりのバスから飛び降りてきた。
大声で話しているのを聞いてわかった。
バスが早く着き過ぎたので、彼らも、ここがメキシコシティだと気付いていないようだ。
「トイレ、トイレ!」と大声を上げながら、荷物を取らずに走っていく。
彼らが降りたばかりのバスは、他の乗客を降ろし荷物を渡すと、そのままどこかへ行ってしまった。
アレレ、あんな調子だと、バス会社に問い合わせして、荷物を引き取るのが大変だぞ。
実はこうなる前は、日本人旅行者でも見つけて、話しかけて時間つぶしでもしようかと思っていたのだ。
でも、この後は彼らの荷物探しを通訳として手伝わされても面倒だ。
僕は待合室の奥に引っ込んで姿を隠してしまった。
ね、この件でも解るでしょ。
1人で旅行する大切さが。
もし彼らが1人で旅行していたのなら、絶対に不安なはずだ。
だから、バスがどこに着いたのか、確かめただろう。
彼らは2人で旅行していたので、互いに相手もメキシコシティじゃないと思い込んでいることに安心した。
だから、どこに着いたのか、確かめなかったんだね。
彼らは、あれだけ急いでトイレを捜しに飛び出した。
「水分を控える」というバス旅行の鉄則を無視したということね。
2人で旅すると、絶対に気の緩みが出る。
旅行では気を緩めた時が、一番危ない。
僕も実はこの中南米旅行の帰り、長距離バスに乗って、マサトランからティファナのバスターミナルに着いた。
その時、ほっとしてしまって、アーミージャケットをバスの中に置き忘れてしまった苦い経験がある。
この世界一周旅行の始めからずーっと一緒だった服だったからから、ガッカリしたね。
長期旅行ではどれだけ緊張を続けられるかが勝負だ。
2人で旅行すると、それがもともと存在しない。
だから基本的には1人で旅行する方が、かえって安全なんだよね。
待合室に引込んだ僕は、英文のガイドブック「シューストリング」を取り出して、じっくり読み出した。
なになに「北ターミナルを出た所には地下鉄の駅があり、これでセントロまで行ける」とある。
これはいいぞ。
「しかし、ラッシュアワーはめちゃめちゃ混む。スリやバッグ切りに注意すること」だって。
ここでバッグを切られたら大問題だ。
注意しなければ。
「彼らはプロだ」ふーむ。
「大きな荷物を持って地下鉄に乗れるのは、午前9時から午後4時まで。乗ろうとすると改札口で追い返される」
なるほど。
僕はこのアドバイスに従って、北バスターミナルで午前9時過ぎまで粘ることにする。
とにかく9時まではターミナルにいることにした。
早く町へ出たところで、ホテルの部屋が空いてないからね。
宿については「シューストリング」と「歩き方」の両方を見比べる。
町の中心ソカロ(中央広場)の南にあるウルグアイ通りに何軒か安ホテルがあるようなので、まずここらへんを当たることにしよう。
安宿が見つからなければ、また別の地域を当たればいい。
とにかく午前中に目的地についてさえいれば、宿は必ず見つかるもの。
特に何にも問題がないので、クリスティーの小説をひたすら読む。
ちょうど読み終ったのが、午前9時を少し過ぎたころだった。
北バスターミナルから、なかなか立派な地下鉄を2回乗り継いでソカロで降りる。
ソカロから、ウルグアイ通りを西へ歩くと、「HOTEL CONCORDIA」を発見。
これはエレベーターもあるきちんとしたホテルだ。
値段を聞くと、トイレシャワー付きの清潔なシングルルームが1万5千ペソ(750円)。
今までのホテルと比べると、設備の割りにはぐんと安い。
コンコルディアに泊まることにして、ホテルの周辺を歩き回り、大切なものを発見。
つまり、それは酒屋だね♪
ここだと冷やしたテカテが1200ペソ(60円)だ。
アラメダ公園からまたソカロまで歩き、たまたま結婚式をやっていたカテドラルで祈った。
それから、ソカロのフラッグセレモニー(メキシコ国旗を降ろす無意味に大げさな儀式)を見る。
ホテルのそばのレストランでテカテを一本飲んで夕食。
合計6千8百ペソ。
ホテルの部屋でホットシャワーを浴びる。
寝る前にノートを出して、メキシコシティでやることを書き出す。
テオティワカンのピラミッドを見る。
人類学博物館を訪れる。

これから行くベリーズのビザを取る。
国際学生証を作る。
最初のメキシコシティには5日しかいなかったが、このすべてをやった。
これは次回のお楽しみね。
注:1989年のレートは1000ペソ=50円

xxx

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx