『旅行案内書について哲学しながらグアダラハラの町へ、また時差に迷う』@グアダラハラ/メキシコ
マサトランから約10時間バスに乗って、グアダラハラ郊外の巨大バスターミナルに着いたのが夜9時。
バスターミナルの巨大さは、昔の羽田空港の国際線チェックインカウンターと出発ロビーを合わせたよりずっと大きい。
まあ、古いたとえなので、今の人は誰もわからないだろうが、僕が旅をしていた1989年には、そう思ったのだから書いておきます。
僕は、最初のインド旅行のときから使っている、緑色のバックパックを背負ったまま、しばらく立ちすくんだ。
僕はガイドブックにあるとおり、グアダラハラの町中のバスターミナルに到着すると思い込んでいた。
さてこれから、どうしましょうか?
メキシコの一流バス会社「トレス・エストレージャス・デ・オーロ」社のカウンターに行く。
そこで、町の中心に行く方法を、もちろんスペイン語で聞いてみる。
「13番のコレクティーボで旧バスターミナルに行けます」との返事だ。
僕の持っているガイドブック「シューストリング」と「歩き方」には、どちらもこの新バスターミナルの記事はない。
ただ、「バスターミナルの回りには安宿がたくさんある」とだけ書いてある。
これが旧バスターミナルだろうことは常識があれば予想がつく。
ピカピカの新バスターミナルから、町の中にある旧バスターミナルへ行けばいい。
その周辺に安ホテルがあるはずだ。
さて、13番のバスを捜しにバスターミナルの表玄関に出た。
次から次へとコレクティーボというマイクロバスがやって来る。
バスは次々にやってくるが、なかなか13番が見つからない。
やっと見つけても満員で乗れない。
1時間ほど待ったような気がする(30分くらいは確実に待った)。
いいかげん厭になったころ、また13番がやって来た。
今度は席があるので、バックパックを持ったまま慌てて乗り込む。
バスの運転手が、どこに行くのかと聞いてくる。
「テルミナル・デ・アウトブス。テルミナル・ビエホ(旧バスターミナル)」と答える。
「ポルケ(何のためだ)」
「キエロ・トマール・ウナ・アビタシオン・ムイ・バラート(安い部屋に泊まりたいんです)」と言う。
さらに、おしゃべりな僕は「エストイ・ムイ・カンサード(とっても疲れてるんです)。テンゴ・ムーチョ・スエーニョ(眠いよー)」と簡単なスペイン語を並べる。
メキシコ人は親切なので、こういうふうに頼られると何とかしたいと思うものらしい。
運転手と乗客が、一緒に「どのくらいの値段のホテルだ」と僕に聞く。
どうやら、コレクティーボのままホテルに直接運んでくれる雰囲気だ。
親切だが、これも面倒な話だ。
寝られさえすればいいのだから、僕はここらで一番安いホテルをねらっている。
ただ、それがどのくらいの値段なのかは解らないだけなんだ。
乗客の一人が、どうやらいいホテルを知っているからと、教えてくれる様子だ。
困った。
僕は旧バスターミナルに着けば何とかなると思っている。
いざとなれば、軒先でアーミージャケットごと寝てもいい。
親切な申し出を断って、旧バスターミナルらしい所で降ろしてもらう。
あたりは真っ暗だ。
こりゃ困った。本当に野宿にもなりかねない。
と、思った所に、声をかけてきたおじさんがいる。
「ホテルを捜してるのなら、案内するよ」
この、ホテル案内おじさんのことは、ガイドブックにも載っている。
「安い所」へ案内してもらう事にして、後について行く。
1軒目は満員と断られ、2軒目の「HOTEL・SONORA」の21号室に決めた。
部屋はかなり汚く、格子の入った窓は天井に近い所にある。
部屋は裸電球ひとつで薄暗い。
シャワーは水道の蛇口が壁から出ているだけで、もちろん温水は出ない。
部屋代は1万ペソ、つまり1ドル=2500ペソで考えると4ドル。
この頃は1ドルが127円ぐらいなので1000ペソを50円と計算して、約500円。
これよりちょっとましなだけのホテルが、エンセナーダで13ドルもした。
ということは、グアダラハラの宿は、バハカリフォルニアよりはずっと安いね。
米国国境から離れて、本格的に物価の安い中米に入ったという感じだ。
ホテルの外の道路脇に屋台を見つけ、食事をする。
カルネアサダをトルティージャで包んで(つまりこれが「タコス」という食べ物だ)2個で1000ペソ。
缶入りビールのテカテが1500ペソだった。
合計で1ドルくらいなので、食事も安いようだ♪
翌朝は7時頃に起きた。
荷物をホテルの受付に預け、何の変哲もない普通の町並みを20分ほど歩いてグアダラハラのセントロに行く。
この町はメキシコ第二の都会なので、正直言うと見る所はあんまりない。
中心部のごく一部、カテドラル(大聖堂)付近を再開発して観光客用に整備してあるという雰囲気だ。
何を置いてもまずカテドラルで神に旅の無事を祈る。
絵はがきを買って(1枚500ペソ)日本へ送る(切手が1枚あたり1600ペソ)。
その後、カテドラル近くのカバーニャス孤児院で「オロスコ」の壁画を見る。
オロスコという人は有名な壁画家という事だが、良く解らない。
しかし、孤児院の建物自体はなかなか素敵だ。
天井の壁画を見ながら、しんとした石造りの建物の中に一人でいる事がとても気持ちいい。
日本では観光地には人が多過ぎるね。
メキシコでは、静かに建物や景色を見ることも、静かに祈ることも出来るようだ。
孤児院の外に出ると、大きな屋根の下に巨大なリベルタ市場があった。
何気なく中に入って、道に迷いながら通路をうろつく。
すると、お土産を買わないというのが主義の僕も何か買いたくなるほど品物が豊富だ。
日本から持ってきたコードバン製の、4000円した小銭入れが壊れてきている。
それにメキシコで一番良く使う、100ペソ、1000ペソのコインがとにかく大きい。
メキシコで使うためには、コイン入れも大きいやつが必要だ。
LAのメキシコ土産屋街の「オルベラ街」で見ていいなと思っていた小銭入れを買う事にする。
この市場はものすごく大きいので革の小物売り場だけでも、いろんな種類の革製品が山と積まれている。
値段を聞くと6千5百ペソ。
細かな模様が刻んであるので欲しくなって、交渉をするがどうしても5百ペソしか下げない。
結局6千ペソ(300円)で手を打った。
モロッコで値切りにはずいぶん経験を積んできたのだが、少なくともメキシコではそんなに悠長に値段の交渉はしないようだ。
この小銭入れも5千ペソまで持ち込もうとして、4千ペソから交渉を始めようとした。
4千ペソと言ったとたんに、帰ってくれという態度をとられた。
この小銭入れは結構便利で、ロサンゼルスのオルベラ街では、1個あたり値切って3ドル50セントだ。
とても便利で日本でも使っている。
プラサ・タパティアの通りで少し休んだ。
グアダラハラの観光地はこの中心街しかないというのだから、ここを見ればもういい。
また歩いてホテルへ戻る途中に、教会を見つけてはかたっぱしから祈った。
これは僕の癖で、歩いている時に教会に出くわせば、それは神からの祈れとの命令だと考えている。
特にカトリックの中南米は、教会こそが訪れる所であるとの気持ちもある。
ホテルに預けていたバックパックをもらって、旧バスターミナルへ歩く。
バスターミナル近くの食堂で、ゆっくりと食事をする。
豪華なカルネ・アサダを食べてゆっくりビールを飲むと5千ペソ。
ここはビールの「テカテ」が2千ペソ、「XX(ドス・エキス)」が千5百ペソだった。
やはり13番のバスに乗って、昨日のバスターミナルへ戻った(300ペソ)。
メキシコシティへのバスの切符を買うが、ここで考えなければいけないのはメキシコDFへの到着時間だ。
グアダラハラとDFの間は東京−大阪のような幹線なのでバスは毎時間発車している。
ガイドブックによると、バスは約10時間かかるようだ。
DFに朝6時頃に着くとして、出発は夜の8時。
こう計算して午後7時45分発のバスの予約を取る。
時間があるのでまた町へ戻ろうかと考えて、バス会社の職員と雑談をしていて、また僕の時計が1時間ずれているのに気がついた。
マサトランとグアダラハラの間にも1時間の時差があったらしい。
思ったよりも時間がないし、町へ出るのも面倒だ。
アガサクリスティーの「サーティーン・アットディナー」を読んで時間をつぶす事にする。
バスは定刻に発車した。
座席番号が5番。
これは一番揺れが少ないだろうし、途中でバスを出入りするにも便利だと念を入れて選んだ前から3列目の窓際の席。
だが、失敗だった。
このバスは変に格好が良くて床が2段になっていたのだ。
前の方の座席は後方の座席よりも1段低くなっている。
その影響で前の車輪の部分で床が盛り上がっている。
その盛り上がりが僕の前の席の下だ。
つまり、足を伸ばせない。
これではゆっくりと休めないよ(涙)。
が、仕方がないとあきらめる。
諦めたら、隣に座ったおじさんが途中で降りる。
結局、寝る時は隣の席を使うことが出来た。
これも今日、かたっぱしから教会で祈ったおかげだ。
と、何でもいい方にいい方に考えるのが、旅行のコツなんですね。

 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx