『バハカリフォルニアのラパスから船でマサトラン、そしてバスでグアダラハラへ』@メキシコ
1989年3月8日、エンセナーダからラパスへ到着した。
観光案内所で情報を得て、今日のマサトラン行きの船の切符を買った。
そうなると、ちょっとペソが足りない。
明朝フェリーがマサトランに着いたらすぐに、グアダラハラかメキシコシティへのバスへ飛び乗るつもりだ。
両替でばたばたしたくない。
いつも十分な現地通貨を持っていないと、いざという時困るよね。
時間があるのでまたインフォメーションへ行って、オフィスの場所を教えてくれた女の子に、無事フェリーの切符を買えたとお礼を言う。
これは半分はスペイン語の練習ね。
両替率の一番いい所を聞くと「BANAMEX」を薦めてくれて、市内地図に印をつけてくれた。
海外旅行のコツは、観光案内所の女の子とどれだけ仲良くなれるかにかかっている。
仲良くなればいくらでも情報が得られるんだからね。
地図に従って銀行に行って、90ドルをペソに換える。
ここでは1ドルが2370ペソ。
BANAMEXは両替率がいいと評判なのか、長い列が出来ている。
列に並んでいると、後ろから声をかけられた。
彼はドイツから来た学生だそうだ。
さっきのフェリーオフィスで僕を見かけたという。
軽く定番の互いの旅行予定なんかを話する。
ラルフもそうだっただが、いやにドイツ人学生が多いな。
まあ、愛想のいい奴が多いのでいいけれど。
「アギーラ」という会社の事務所から、フェリー乗り場のあるピチリンゲ(PICHILINGUE)ヘバスが出ている。
だいたい1時間ごとにあり、バス料金は800ペソ。
午後2時のバスに乗ると、20分で船着き場に到着した。
3時過ぎ、税関を通る時にパスポートとツーリストカードのチェックがある。
僕の場合は、ツーリストカードを確認されたのはここが初めてだ。
バハカリフォルニアをバスで旅行する場合にはツーリストカードは不要という推測が成り立つ。
別の時期バハカリフォルニアを自分の車で下った人は、エンセナーダの南でツーリストカードのチェックがあったという話だけどね。
僕のフェリーの部屋は、カビーナ(船室/キャビン)の25番。
部屋に窓はない。
窓があるのはもっと高い部屋なのだろうね。
トイレとシャワー付きのすっきりした部屋だが、シャワー室の電灯がつかない。
人を呼んで直すように言ったが、電球が悪いわけじゃないらしく、あきらめる。
正直、3千円でこんなにきちんとした、いい船室だとは思ってなかった。
僕としては、ベッドランプが付いて、寝ながら本が読めさえすれば十分だよ。
部屋にバックパックを置いて、念の為にチェーンでベッドの脚に結びつける。
船が出港しそうな状況で、身体に感じる船の振動が変化している。
甲板に上ると、空がとても高い。
船は午後5時半に、ラパスの港をゆっくりと出港した。
手摺に持たれていた背の高いほっそりした若い白人と目が合って、話が始まる。
彼の名前はキース、オレゴンから来たそうだ。
これからマヤの遺跡を見るという。
僕はなるべく早く中米を下りたいのだが、マヤの遺跡も面白そうだね。
この時までは、僕は、中米の遺跡を特に見ようとは思ってなかった。
中米をとっとと下って、なるべく早く南米へ入ることが目的だったからね。
キースに、どこを見たらいいのか、アドバイスを頼む。
彼によると、主なマヤの遺跡は「パレンケ・チチェンイツア・ティカル」だという。
あと、ホンジュラスの「コパン」を見ればまあまあだとか。
メソアメリカの遺跡はたくさんあるので、細かく見るときりがないという話だ。
そこへさっき一緒に食事をした日本人カップルがやって来て、僕に声をかけた。
アメリカ人学生のキース君とは、「ブエン・ビアヘ(良い旅を)」といって別れる。
一緒に話をしていても良かったのだが、日本人カップルは英語がしゃべれない(日本人学生は英語は世間話もできないのが普通)。
それに、もうオレゴンからの学生とは十分話をした。
互いにちょうどいい、切り上げごろだと感じている。
旅先の付き合いは、あっさりしているのがいいところだ。
日本人カップルを見ると、シャワーを浴びていたとすぐにわかる。
彼らは、2人部屋を2人で取っているはず。
ということは、船室で仲良くした後で、シャワーを浴びたのかしら?と、誰でも抱く疑問が口元まで出る。
しかし、(失礼だからそれは聞かずに)一緒に日が沈むのを見ていた。
その後、3人で船のディスコに行き、「モデーロ・エスペシア」というビールを飲んで話をした。
このカップルは、正直な話、どう考えても男の方が格好いい。
つい「彼が会社に入ったら、おいしそうなOLがいっぱいいるから注意しないと逃げられちゃうよ」と本気でアドバイスしてあげた。
まあ、余計なお節介だけどね。
適当な話をして、ビールを飲んで、いいかげん酔っ払った。
部屋に戻って、温かいシャワーを浴びる。
寝ようとした時、なぜか胸騒ぎがした。
部屋を出て、階段を駆け上がって、外に出て空を見上げる。
子供のころ田舎で見たような天の川が、空いっぱいに広がっていた。
部屋に戻って、ベッドに横になり、文庫本を手にしたが、すぐに、そのまま寝てしまった。
朝起きて、目覚し時計をチェックして、荷物をまとめる。
上甲板に上がるころには、もうマサトランの海岸が目の前に広がっている。
今日もメキシコらしい晴れ渡った空が、船の上空からメキシコシティ、更には向うのカリブ海まで広がっている(と、想像する)。
マサトランの港に入る前の突き出た岬、岬に寄せる波が、細かい所までくっきりと見える。

午前9時半に、船はマサトランの桟橋に接岸。
下船のための荷物を持った人たちの長い列が出来る。
船を下りる列がなぜとっとと進まないのかと先を見ると、ここマサトランでもパスポートと荷物のチェックをしているのだ。
僕は部屋を何度もチェックしたせいか(荷物を置き忘れないようにするのはとても大切なのだ)下船の列では後ろの方だった。
日本のパスポートと僕の顔を見ると、役人は何も質問せずに通してくれた。
これから、マサトランのバスターミナルへ行かなければならない。
ちょっと遅れたので、あれほどいた船客がどこへ行ったのか、影も形も見えない。
マサトラン名物のサンドバギーの兄さんのような、いかにも南国らしい乗り物が港に数台待っている。
バスターミナルまで8000ペソで行くと声をかけてくる。
8000ペソといえば3ドル以上だ。
無視して歩き続けると7000ペソに下がる。
でもこういうのは倍はふっかけて来てると考えるのが常識だ、と思う。
しかし、どんなに汚い格好をしていても誰がどこから見ても僕は旅行者なのだ。
だから、少々ふっかけられるのは仕方がない。
変に意地を張らずに、いいかげんな所で手を打たなければならない。
今日の目標は、なるべく早くバスに乗って、メキシコDF(メキシコシティ)へ近づくことだ。
港の出口近くに、また4輪の幌をかぶった車を見つけた。
「5000ペソ!テルミナル・デ・アウトブス(バスターミナル)!」と声をかける。
運転手がうなずくのを見て乗り込み、そのままバスターミナルへ向かった。
バスターミナルで、バスの時刻表を見ながら、メキシコシティへ行くか、その途中のグアダラハラにするか、少し迷った。
結局メキシコDFへ直行するのは止めて、グアダラハラで一泊することにする。
バスでメキシコシティまで行くとなると、バスの中で一晩過ごすことになる。
僕は、エンセナーダからラパスまでバスで寝ている。
まだ中南米の旅は始まったばかりで、あまり急いで体を壊しては何にもならない。
それに、グアダラハラはメキシコ第二の都会で、コロニアル様式の旧市街がなかなか有名なのだ。
これも見逃すわけには行かないだろう。
「シューストリング」にも「歩き方」にも、「グアダラハラのバスターミナルの回りは安宿だらけ」と書いてある。
つまり、グアダラハラのバスターミナルで降りさえすれば、安宿が簡単に見つかる、ってことね。
旅の始まりの時期は、慎重な方がいい。
午前11時発グアダラハラ行き「トレス・エストレージャス・デ・オーロ(3つの金の星)」社のバスに席を取る。
16800ペソ(900円)。
バスの番号が271号。
切符(ボレート)にそう書いてあるのだが、行き先が「メキシコDF」のバスが27号で、これがやはり、11時に出ようとしていた。
「27」と「271」の間でバスなのかと迷い、確認であちこち聞き回ってうろうろしてしまった。
慌てることはない。
中南米ではバスが庶民の足なので、案外きちんとしているのだ。
11時発予定の僕のバス「271」は、結局11時25分にバスターミナルを出た。
途中「イダルゴ」の町のミールストップで、ソカロに面した教会で旅の無事を祈る。
午後4時半にまた結構大きなバスターミナルで休んだ時、昨日一緒だった日本人カップルに出会う。
僕と同じころ、別のバスに乗ったらしい。
彼らはこのままメキシコDFに向かうという。
彼らに「良い旅を(ブエン・ビアヘ)」と心から祈る。
バスに戻って、そのままうつらうつらと夜の高原を走るバスのランプを眺めている。
突然、闇の中から異常に大きな空港のようなものが浮かび上がった。
これが、グアダラハラのバスターミナルだ。
つまり、僕はここで降りる。
今までの旅で鍛えた勘が鋭く働く。
こんな大きなバスターミナルが町の真ん中にあるはずがない。
これはグアダラハラの郊外に新設されたものに違いない。
つまり、ガイドブックに説明してあるバスターミナルとは違う。
ということは、安宿を見つけるためには、またバスに乗って、グアダラハラのセントロ(ダウンタウン)へ行かなければならないってわけだ。
現在、夜の9時。もういいかげん頭がぼーっとしてきている。
今乗っているバスは、このまま乗っていれば、そのままメキシコDFまで行くという。
そうすれば、これから夜の町へ出て、ホテルを捜して、うろうろしなくても安全に明朝はDFだ(DFとはメキシコシティのことです)。
どうしよう。
このまま行ってしまおうか?
でも、僕はメキシコに入って、ラパス、イダルゴと教会で祈ったのだ。
僕は神に導かれている。
何とか旧市街へたどり着ける。
安宿を捜せるはずだ。
途中でいろいろと話をしていた隣の若者に挨拶をしてバスを降りる。
バスから僕のバックパックを取り出す。
えいやっと、背中に担ぐ。
スペイン人はその都市を気候のいい山岳地帯に作った。
グアダラハラも高原にある。
夜は結構冷える。
異常に大きなバスターミナルに一人立ちすくんだ。
さて、これからセントロ行きのバスを捜さなければ。
しかし、何とかなるはずだ。
アドレナリンがぐっと血中に高まるのを感じる。