『船会社のオフィスで、キャビンを確保し、日本人学生カップルと話をする』@ラパス/メキシコ
1989年3月8日、午前5時半に、カリフォルニア半島の南端に近いラパスに到着した。
前日の3月7日、午前10時20分にエンセナーダを出たので、19時間くらいバスに乗っていたわけだ。
もちろん、途中でミールストップもあったわけだが、まるまる一日バスに乗っていた。
この旅の時代も、僕は結構な年齢だったが、なにしろ北米一周をバスでやってきた後なので、ひどく大変だとは思わない。
ラパスの町のカテドラルで祈って、海沿いにある観光案内所へやってきた。
そうして、観光案内所が開くのを待っている。
観光案内所でなにを聞きたいかというとだね、マサトランまでのフェリーの情報だ。
ここラパスからカリフォルニア湾を渡った向こう岸のマサトランまでフェリーがある。
ラパスの町には特に何も見るものがない。
朝にラパスに着いたのだから、ここに今晩泊まる意味はない。
このままバハカリフォルニアの最南端まで行けば、サンルーカスというリゾート地があるらしい。
そこは、アメリカ人の多い保養地になっている。
しかし、僕としては、もともとは中南米を一周しようという計画だ。
だから、カリフォルニア半島(バハカリフォルニア)で、貴重な時間を使う気はない。
今日のフェリーでマサトランまで行くつもりだ。
ところがその切符を買う場所がわからないんだよね(笑)。
もちろん定番ガイドブック「シューストリング」は持っている。
だが、この本は中米と南米がまとめて1冊になっているので、ラパスの地図もないし、情報も少ないんだ。

【South America on a Shoestring(1987)】
この後、「Lonely Planet」の南米は、メキシコと、中米と南米が別々の3つの本に別れた。
でも、こうなると本物の長期旅行者には、かさばりすぎてかえって使いにくいんだよね。
日本人の良く使う「地球の歩き方」も持っているが、これは旅行者の常識として、ほとんど信用出来ない。
使う時は内容をいちいち確認しないと、ととんでもないことになる。
「地球の歩き方」には、北アフリカで散々騙されたから免疫があるんだ(「国境を越える」#7「エルウッド〜トゥズール」参照)。
でも、海外旅行の本質は、「現地で自分で情報を入手すること」なのだから問題はない。
午前8時10分まで待って、ラパスのインフォメーションに行く。
メキシコのことだから8時にオープン、とはいっても30分は遅れるだろうと考えている。
寝っころがっているのも飽きたので、試しに観光案内所に行ってみる。
すると、思いがけなく開いている上に、ちゃんときれいな女の子がいて、仕事をしている!
「ブエノスディアス。セニョリータ!」と、ニコニコ笑って挨拶をすると、セニョリータも笑顔で挨拶を返してくれる。。
「ムイ・テンプラーノ(早いですね)」と聞くと、「もう9時過ぎよ」という答。
「あなたも時差を計算してないんでしょ(笑)♪」とからかわれる。
そうだ、カリフォルニア半島の途中で1時間時差があるのを忘れていた。
本当に陸路で国境を越えていくと、時差の問題はとても重要だ。
僕は世界各地で、時差のせいで、うっかり時間を間違えた経験がたくさんある。
時差を考えずに、大使館へ早く行きすぎたり、遅いと思って列車に乗り遅れそうになったり。
僕には、時差にまつわるトラブルがとても多い。
ほとんどの日本人の旅行記には、時差のトラブルはあまり書いてない。
実際に旅行した本当の旅行記ではない、ということなんじゃないかな…(笑)。
インフォメーション(観光案内所)で、まずラパスの町の地図を入手する。
インフォメーションへ入ったら、とにかく「町の地図はありますか?」と聞く。
これがインフォメーション訪問の原則だ。
たとえ自分のガイドブックに地図が載っていても、町の地図を必ずもらうこと。
これが一番いい、地元の最新のものなのだから。
マサトランへのフェリー会社の場所を聞く。
フェリーの切符は港では売ってないらしい。
乗客はラパスの町にある船会社のオフィスで、切符を買わなければならないのだ。
オフィスの場所は、「歩き方」に書いてある所とは違っていた。
でもこれはもちろん予想通りなので、何の感情もおきない。
インフォメーションを立ち去ろうとしたら「感想をどうぞ」とノートを差し出された。
インフォメーションに来た人に名前と国と感想を書いてもらうことになっている。
これもあちこちで出会う習慣だ(でも、誰も目の前で悪口は書かないと思うけれどね)。
訪問者のリストを見るとどういう国から来た人が多いのかわかるので、目を通すだけで面白いよ。
国籍がJAPANの日本人を捜すと、おやおや、結構来ている。
ぱらぱらめくるとだいたい1日あたり必ず1人はいる感じだ。
ラパスへ来ても、観光案内所を訪れない人も大勢いるだろう。
ということは、カリフォルニア半島を下る日本人は、かなりの人数だということだね。
バスに20時間ちょっと乗って、ラパスに来たぐらいでは話のネタにならない。
バハカリフォルニアを下るには、やはり、自分の車やバイクで、あちこち寄ってゆっくりと旅するのが本当だろう。
僕が教わった英語教師からは、バハカリフォルニアで温泉に入ったという話も聞いている。
またもちろん、昨日途中まで一緒だったドイツ人の若者ラルフ君は、ホエールウォッチングが目的だったしね。
こういうふうにインフォメーションや博物館や遺跡で記念に名前を書く場合の、日本人長期旅行者の常識を教えておこう。
漢字で自分の名前を書いて、その後括弧の中にローマ字を書くこと。
こうすると日本人同士、漢字の名前を見て、すぐに「日本人が来たな♪」とわかるからだ。
長期旅行になれば、旅行ルートはほとんど一緒だ。
その途中で旅人は、追い越したり、追い越されたり、同じ日本人と何度も会う。
漢字で自分の名前を残しておくと、友達の情報が簡単に手に入ったりする。
このあとエクアドルから陸路で国境を越えてペルーの遺跡をあちこち旅行することになる。
すると、ロサンゼルスで会った旅行者とクスコで再会するまで、互いにあちこちの遺跡や博物館の名簿で相手の名前を確認しあっていた。
こういうのが、長期旅行者だけが持てる、旅のちょっと変わった楽しみなのだ。
互いに「オイオイ、こんなわかりにくい遺跡まで、あいつも来たのか」と元気が出るもの。
日本人のたむろする宿を次々と渡り歩いて、常に日本人と会いながら、旅を続ける人たちもいる。
すると、「世界中を旅したのに、日本人宿の感想しか話せない」という旅行者が出来上がるよ。
観光案内所でもらった地図で、マサトランまでのフェリーの切符を買えるオフィスを確認する。
ラパスの町は、格子状の通りでキレイに区切られている。
オフィスは「EJIDO」と「IGNACIO RAMIREZ」の角にある。
ソカロ(中欧公園)から、EHIDOは11本南、海と反対方向へ3ブロックのところだ。
天気もいいし、急いでもいない。
ラパスの町を、フェリーオフィスまでのんびり歩いていった。
白人の旅行者が数人、オフィスの前に座り込んでいる。
彼らも今日午後のフェリーに乗るそうで、軽く世間話をする。
僕は2人用船室の「カビーナ」を、2人分買う。
つまり、1人で2人分の金を払って、船室を1個占拠しようというわけだ。
1人が2万6千ペソなので2人分で5万2千ペソ(3000円)。
ペソの持ち合わせがないのでドルで払おうとすると、窓口での両替率が1ドル=2260ペソ。
ティファナのバスターミナルでは、1ドルが2320ペソだった。
かなりレートが悪いが、仕方ない。
結局ここで20ドルのトラベラーズチェックを、1枚使った。
バスのシートで寝たので、睡眠は不十分。
身体がまだ自分のものではないような、ふわふわした感じがしている。
船や列車で知らない人と2人部屋というのは、4人部屋よりも避けるべきことだ。
料金的にホテル代1泊分と同じくらいなら、一部屋取るのはあたり前のこと。
それに船室を借り切って3千円ならば、結構安い(ただし、南米から帰る時、このフェリー料金は4倍になっていた)。
フェリーの出港が夕方の5時。
しかし、港に行くのは3時と念を押される。
乗船前にパスポートのチェックがあるという話だ。
切符を買った後、オフィスの前で、同じ船にのる旅行者の中に日本人のカップルを見つける。
もちろん、すぐに話かける。
一緒に町に戻って、道端の屋台で、遅いデサジューノ(朝食)を取る。
2人とも大学4年生で、男はぼーっとした感じで背が高い。
女の子は小柄だが、活発で話好きだ。
女の子はインドのゴアなどで外人旅行者が着ているようなだぶっとしたパンツ姿。
ちょっと見にはかなり旅慣れた雰囲気がする。
グアテマラの織物を買いにいくのが目的だというのだから、なかなか洒落ているよね。
この時代、グアテマラの織物というのが人気だったようで、日本のガイドブックも織物に重点を置いて紹介していた。
話を聞くと、彼らはロサンゼルスの「ホテル大元(だいまる)」に泊まったそうだ。
僕も泊まったことがあるが、大元の2人部屋で1泊60ドルも取られたという(涙)。
あんな安宿で、2人で泊まったからといって、60ドルは確実にぼったくられている。
そういう意味では、あまり、旅慣れているとはいえないかもね。
もう少し出せば1番街の向かいにある、こざっぱりしたシティホテルの「ホテル東京」にだって泊まれたはず。
もちろん「ホテル加宝」に来れば2人で35ドルで十分だったのに…。
世界中どこにでもいる「地球の歩き方」の通りに旅行をするタイプの旅行者らしい。
その証拠に彼らは昨日ラパスに着いて、「歩き方」に書いてある住所にフェリーオフィスを訪ねていったら存在しなかった。
仕方ないので昨夜はラパスのホテルに泊まって、それが30ドルかかったという。
こういうふうに「歩き方」を信じていること自体が、使い方を間違っているよね。
旅行ルートを聞くと、日本からロサンゼルスへ飛んで、ハリウッド、リトル東京と宿を移動して、サンディエゴでも1泊したそうだ。
メキシコでもティファナに泊まっているという。
旅では、小刻みな宿の移動は、できるだけ避けるほうがいい。
距離が近くても、宿を移動すれば、チェックアウト、移動、チェックインと、それだけでまるまる1日かかってしまうのだから。
彼らは1か月ちょっとの旅行で目的地がグアテマラだというのに、1週間たってもまだラパスなんて信じられない遅さだ。
しかもほとんど毎日移動を繰り返しているのだから、ゆっくり休むことも見物することも出来なかったはずだよ。
でも僕が考えたことはもちろん、彼らには言わなかった。
旅で出会ったときは、楽しい話、面白い話、うれしい話をするのが基本だからね。
僕は、「カップル2人の旅はいいですねー♪」と、持ち上げる。
また、僕のアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカでの、ドジ話を語って盛り上げた。
屋台で出た、めちゃめちゃ辛い肉のスープがとてもおいしい。
でも、屋台にはビールがない。
屋台のおばさんに聞いた斜め向かいの酒屋に走って、ビールを買ってくる。
冷えたテカテを3本(1本1100ペソ)買う。
太陽が頭の上に昇って、暑い!
いつもはおっているアーミージャケットを脱いで、Tシャツを肩までめくり上げる。
これは、ニューヨークの店でバーゲンで買った1枚4ドルの「バナナリパブリック」のグリーンのTシャツだ。
このTシャツは、この後もずっと僕と一緒に旅を続けて、今も、僕のゼロハリバートンのTシャツコレクションの中に納まっているよ。
暑い大気と眩い日差しの下で、良く冷えたビールを飲む。
これ以上の幸福はないよ。

食事のあと、カップルと別れる。
若い2人の恋愛のじゃまをしてはいけないからね。
ねー、熱烈な恋愛をして、離婚で傷ついた世界旅行者は、若い恋人たちに、結構気を使ってるでしょ(笑)。