『カリフォルニア半島を下る/ゲレーロネグロからラパスへ』
ゲレーロネグロの町を出てすぐ、ミールストップがある。
道路際にぽつんとある、家族経営っぽい小さなレストランだ。
ブリトーを3つと、テカテというビールを2本飲んで、500円ちょっとは高い。
きっとバス会社にリベートを払っているのだろうけどね。
ガイドブックには「メキシコではチップが必要だ」と書いてあった。
それで、食事の後余分に10パーセント渡したら、「多いよ」と戻してくれた。
どうやら庶民的な食堂では、メキシコでもチップはいらないようだ。
チップを払うかどうかという問題は考えれば考えるほど解らなくなる。
アメリカでは、たとえカウンターでラーメンを食べても、チップを払う。
これが普通のことだと理解するまでに、ずいぶん時間がかかった。

誰が考えてもチップなんか払いそうにない小汚ないレストランで食べても、アメリカ生活に慣れていればチップを払ってしまう。
でも、ファーストフードでは、払わない。
また国によっても違う。
アメリカではチップを払うが、オーストラリアではチップは払わないのが原則だ。
世界中を見回すと、チップを払う所と払わない所とが混在している。
だから初めて旅行をして、チップのあげ方が最初からうまく行くことはないと考えていて間違いない。
もちろん日本のガイドブックなどを読んでも、旅行業者に聞いてもわかるわけがない。
本当は払わなくてもいい所でも、観光客と見ればチップを要求する所もある。
そういう所では日本人は物笑いの種になっているとか。
カナダのワーキングホリデイを利用して調理師として働いている日本人とケベックで会った。
彼は、「日本人はチップを出し過ぎるので、笑われてますよ」と話してくれた。
結論としては、基本的に出さないのがいいと思う。
出して笑われるよりも、出さずに怒られた方がいい。
それにチップを払わない習慣の所の方が多いのだから、チップを知らなくてもはずかしがることはない。
メキシコの安いレストランではチップを置かなくてもいいということがこれで解った。
スペイン語でおばさんに聞いて、トイレがレストランの裏にあるとの情報を得る。
トイレに近づこうとすると、少年が立っていて、両手を広げて僕をさえぎる。
なんだなんだこのガキは、僕はおしっこをしたいんだけど。
少年は手のひらを僕にむけてつき出した。
日本人が珍しいので握手をしたいのかと、手を握って「ブエナスタルデス。チコ」(少年よ、今晩は)と挨拶する。
が、彼はトイレへの道をさえぎったままだ。
少年は「プロピーナ!」と叫ぶ。
名前が「プロピーナ」というのかな。
「オラ!プロピーナ。メ・ジャーモ・ケン」(ヤア、プロピーナ君。僕はケンといいます)と挨拶をする。
まだ、どこうとしない。
訳のわからないガキだ。僕はおしっこがちびりそうなんだよ!
次に、少年は「キニエントス」と叫んだ。
ところで、キニエントスというのはスペイン語の数字で500のことだ。
アハーン、解った、思い出した。
そういえばプロピナとはチップのことだよ。
彼はチップが欲しいのだ。
レストランではチップを取らなかったのにトイレではチップを取るというわけだ。
しかし、500ペソは約20円。
こんなに出す必要があるかしらん。
この付近までは日本人旅行者もかなりの人数来ているはずだ。
そういう旅行者は言われるままにチップを多く出しているだろう。
日本人だと思って、ふっかけてるかも知れないぞ。
しかし、ここでの適正なチップが解らない。
迷ったが、100ペソ出した。
少年は通してくれたからこれで良かったのかも知れない。
食事とトイレが終わって、バスに戻って席に付く。
疲れとビールのせいか、思ったよりもバスの中で寝るのは簡単で、いつのまにか寝てしまっていた。
起きたのはバスがラパスのバスターミナルに着く寸前だった。
バスのエンジンの音が変わって、スピードを落としたせいだろう。
眠い目をこすって窓の外を見ると、真っ白だ。
濃い霧にバスごとすっぽりと包まれている。
時計を見ると朝の5時半。
ちょうどあたりが明るくなったばかりだ。
ラパスのバスターミナルは、バスターミナルとはいっても平屋建ての小さな建物。
この時間には誰もいない。
終点のここで降りた乗客は、僕も含めて、たった4人。
乗っている人が少ないのは、きっと夜のうちにいろんな町で下りたのだろう。
ウンコがしたいので、早速トイレを捜す。
トイレは2つあって、1つは壊れていた。
トイレの前に人はいなかったが、100ペソと書いた箱がある。
つまりトイレ使用料は100ペソ。
昨晩のトイレでチップを100ペソ渡した僕の勘は正しかったといえるかもしれないね。
旅行をすると旅の勘がさえてくるものね。
バスターミナルのまわりには何もない。
ここからラパスの町へ行かなければならない。
これから同じことが何回も起きるが、中南米の交通の中心は長距離バスだ。
そして、バスターミナルが町の中心から外れたところに存在する。
すると、バスターミナルから町の中心へ行くのが、また面倒なんだよね。
例えばティファナだって、初めて行くと、バスターミナルとダウンタウンを結ぶバスを見つけるのが面倒だったりする。
一応小型のタクシーが止まっているが、これは当然使わない。
道端で地元の人らしい若者に話しかけて、一緒にバスを待つ。
霧の中をガタゴトといった感じでバスがやって来た。
セントロまで500ペソ。
乗り込むと、10分ぐらいでメルカード(市場)に着いた。
降りた所で人にカテドラルの場所を聞いて、歩く。
カテドラルでひざまずいて、神に旅の無事を祈る。
祈り終って、ラパスの海岸へ歩いていく。
海岸沿いの公園にインフォメーションを見つけた。
8時からオープンと書いてある。
まだ7時前なのでずいぶん時間がある。
空は奇麗に晴れている。
が、まだ日が昇って間もないせいか、空気はちょっと冷たい。
日差しが強いので、日なたにいると気持ちいい。
アメリカとの国境の町ティファナの喧騒と比べると、この町はラパス(平和)という名のとおりにとても静かだ。
バックパックを下ろし、公園のベンチで横になって、僕はインフォメーションが開くのを待つことにした。