『バハカリフォルニアをバスで下る/エンセナーダからゲレーロネグロへ』
1989年3月7日、午前8時。
ラルフと泊まったエンセナーダの安ホテルの部屋で起きた。
普通、移動をする日は5時頃には目が覚めるのもの。
ただ、昨日アメリカからメキシコへの国境をこわごわ越えたばかり。
それに、ロサンゼルスのホテル加宝で2か月以上グータラしていたので、旅に出るのは久しぶりだ。
自分では意識しなくても、精神的、肉体的に疲れていたのだろう。
昨日の夕方エンセナーダでバスを降りた時、バスターミナルで今日のバスについては調べてある。
朝10時にカリフォルニア半島の南端に近い町ラパスへ行くバスがある。
その時切符を予約する必要があるかどうか聞いた。
すると、「バスの出る30分前に来れば大丈夫、席はある」という返事だった。
旅では、なにが起きるかわからないもの。
だから、できるだけ予約は避けるのが原則だ。
ひょっとしてエンセナーダが好きになるかもしれない。
そうしたらしばらくいてもいいと思ったので、予約はしなかった。
切符は今朝バスに乗る前に買うことになる。
起きてから部屋のトイレに3回ぐらい行って、ウンコを何度も出した。
念の為にLAの日系スーパー「ヤオハン」で買った「正露丸」を3粒飲む。
今日は久しぶりに20時間ぐらいバスに乗らなければいけない。
昨日乗ったバスの様子からいっても、今日のバスにトイレがついているかどうか、かなり怪しい。
ホテルの2階の自分の部屋からロビーに下りて、フロントでラルフが出たかどうか聞く。
ラルフはまだチェックアウトしていないそうだが、昨夜一緒に夕食をとった時に、彼はホエールウオッチングがしたいと言っていた。
今日もここに泊まるつもりなのかもしれない。
旅人は別れがあっさりしてるのが肝心だ。
無理に一緒に行動することもないし、わざわざ別れを告げる必要もない。
荷物をまとめて1人でホテルを出たのが午前9時。
歩いてバスターミナルについたのが9時20分だった。
10時発のラパス行きのバスの切符を買うと、46100ペソ(2600円)。
バスの番号が30番、席番号が21番、これは切符に書いてある。
このバスの番号というのがとても重要だ。
バスが食事などで停車する所は決まっているし、食事時間はだいたい一緒。
だから、駐車場に同じ形のバスがずらりと並ぶことがしょっちゅうだ。
すると行き先が一緒で、同じ会社の形も色も全く同じバスが同じところに並ぶことになる。
運転手もいいかげんだから、乗客の数が少なくても気にしない。
また、間違った乗客を乗せて走り出すのも珍しい話ではない。
アメリカのグレイハウンドだって乗り間違えたり、置いてきぼりにされたりは普通のこと、
言葉の通じにくい中米でこんなことになったら、まあ、お終いだ。
だからバスの切符はいつもしっかりと財布に挟んでおかなければならない。
これは、自分自身に言い聞かせていることなんだけどね。
バスの切符を買って、財布にいれ、日記にバスの番号を書き入れて、コーラ(1000ペソ)を飲んで休んでいる。
すると、ラルフがやって来た。
「ケン、早いね。ホテルで聞いてみたけれど、ホエールウオッチングの船がどこから出るのかよく解らないんだ」とのこと。
「君と一緒に途中まで行くよ」というので、ちょっとうれしい。
旅先では、とにかく誰か知っている人と一緒でいる方が安全だからね。
ラルフ君とは、昨日、サンディエゴのバスターミナルで知り合っただけ。
その後ずっと一緒に行動して、行き先を相談したり、宿を決めたり、夕食を取ったりした。
その中で、信頼できる人間だとわかっている。
ただ、彼はドイツ語のガイドブックに完全に頼っているようだ。
その本では、バハカリフォルニアでは鯨を見るのが定番となっているらしい。
彼はバハカリフォルニアの真ん中付近にある小さな町「ゲレーロ・ネグロ」(スペイン語で「黒い戦士」)までの切符を買った。
この町で、ホエールウオッチングができると、ガイドブックにあるらしい。
僕は1リットルの水の入ったプラスチックボトルを2900ペソで買う。
ついでにチョコレートも入手する。
チョコレートさえあればバスに乗っているあいだの空腹ぐらいは我慢出来る。
これはトルコをバス旅行した時の知恵だ。
水は万が一、バスが山の中などでエンストを起こした時のためのもの。
バスの中でがぶがぶ飲むために買ったのではないよ。
長距離バス旅行の時は、途中で食事をとるためのミールストップがあっても、出来るだけ食事も水分も摂らないのが常識だ。
変なものを食べたり飲み過ぎたりするととんでもないことになる。
トルコ旅行では一般にバス自体はとても快適だったが、バスにはトイレがついてなかった。
でも定期的にバス専用の非常に大きくて清潔なサービスエリアのような所に停車する。
バスの基本は、なるだけトイレに行きたくならないように、体調を管理すること。
僕は乗客にサービスで出されるトルコ特有の小さなカップに入った紅茶ですら、飲むのを我慢していたくらいだ。
アメリカ大陸をグレイハウンドで横断した時は、確かにバスにトイレはついていた。
でも、時にはとても汚れていて、便座に腰を下ろせないような場合もあったからね。
ロサンゼルスの「ホテル加宝」で会った日本人旅行者の一人は、中米を下って南米エクアドルまで行った。
が、「下痢が激しくてバスに乗れず戻ってきた」と話していた。
本当かどうか確かじゃないが、僕自身の経験からもいかにもありそうなことだ。
ちなみに、僕自身、これからあとペルーに入って、ひどい下痢で予約したバスに乗れなかったよ(涙)。
このエンセナーダからラパスへ向かうバスを確認すると、一応トイレらしき物はついている。
ただ、本当に使わせてくれるかどうかは解らない。
最初からないものと考えておくのが安全だ。
バスのトイレを使うのは、最終手段と考えておいた方がいい。
ツアーバスにトイレが付いていても、普通はバスのトイレを使わないのが、マナーだ。
ツアーバスの場合は、バスをトイレのあるレストランに停めたり、野原で停めてくれたりする。
僕たちが乗ったバスの乗客は10人もいない。
一応座席指定ということになっているが、実際は、自由席とおなじだ。
ちょうど暇な時の飛行機の席のようなものだね。
2人並んで座る意味もないので、ラルフは僕の前の席に座った。
昨日ティファナからエンセナーダまで乗ってきたバスは、ごく普通の市バス程度のもので背もたれが低く、頭を支えることも出来なかった。
が、さすがに今度のバスはちゃんとしている。
リクライニングシートだし、実際にリクライニングする。
この2つのことは中南米のバスでは似て非なるものだ。
リクライニングシートでリクライニングしないものがあるのはまだいい。
最初からリクライニングしたままで立ち上がらないという、すっごく迷惑なものもあるんだから。
中米のバスはたいていアメリカで長年使い古されたバスだ。
このバスもかなりくたびれている。
バスはくたびれていたが、エンジンは快調だ。
そういえば世界中でいろんなバスに乗ったが、中南米では、アフリカみたいにバスに乗っているときの故障というのはなかった。
一度だけ、エクアドルの首都からアマゾン奥地のオリエンテへ下る時に、故障して動かなくなったバスを見たことはある。
でも、僕の乗ったバスが故障したことはないんだ。
中南米では、古いバスを修理して使っているので、技術水準は結構高いのかも知れない。
バスはエンセナーダを出て、砂漠の中を、快調に走り続けた。
景色はというと何もない。
ただ3mほどある大きなサボテンの集落が所々に見られただけだ。
カリフォルニア半島を下る一本道をただひた走るだけのバスからは、海岸線もたまにしか見られない。
ほとんど同じ景色が続くので、30分も見ていると飽きて、眠くなってくるよ。
バハカリフォルニアの荒涼とした自然が特にいいとは、僕は思わなかった。
ロサンゼルスから日帰り出来る「ジョシュアツリー」の方が景色がいいと思う。
また、正直、カリフォルニア湾の東の海岸線を通った方が、時間的にも金銭的にもメキシコ旅行では有利だ。
フェリーに乗らずにすむからね。
夕方6時半に「ゲレーロ・ネグロ」に着いた。
バスが停まったあたりは真っ暗で、なにも見えない。
ラルフは不安そうだったが、ここで下りるという。
スペイン語で「アスタ・ラ・ビスタ」(また会おう)と言って別れる。
ラルフは、なかなかさわやかでいい奴だったが、この後メキシコシティで歩いている時、偶然再会した。
結局この町で鯨を見ることは出来なかったそうだ。


 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx


xxx