『長い滞在のロサンゼルスを、やっと思い切って、さあ中南米旅行が始まる』@ロサンゼルス〜ティファナ〜エンセナーダ


【ユニオンステーションの内部(2007)】

ロサンゼルス(米国)〜ティファナ(メキシコ)

1989年3月6日。LA、ユニオンステーション。
コロニアル風の駅舎。

天井の高い、がらんとした待合室。
背の高いどっしりとした一人掛け用の椅子に座る。

どこからか"We are all alone"が流れて来る。

外は真っ青なカリフォルニアの空と日差しだ。
風は待合室の中でよどんでいる。

汗が背に少し。
それもひんやりとした空間の中で消えて行く。

新しい旅の始まり。

1989年3月6日、僕は2か月以上も居座っていた「ホテル加宝」を、1人出た。
誰にも見送られず、誰にもサヨナラを言わず、こっそりといなくなること。

それが僕が考えていたことだった。
旅人は、いつの間にかいなくなり、いつの間にかまた戻ってくる(戻ってこないことの方が多いが)。

旅人にはいろんな経験があるが、ただひとつだけ苦手なことがある。
それは「サヨナラ」を言うこと、なんだよ。

ホテル加宝から、バックパックを背負って、ユニオンステーションまで20分ほど歩く。
今日は、一応メキシコ国境を超えるつもりだ。

アムトラック(アメリカの鉄道)は、ロサンゼルスから、メキシコ国境に近い町サンディエゴまで、自由席片道で23ドル。
予約の必要はないが、もし予約するとあと5ドルかかる。

午前10時50分発の列車は、ほぼ時間通りに11時に発車した。
席はがらがらというほどではなかったが、太平洋側に面した窓際の席を見つける。

ユニオンステーションから、アムトラックに乗り込む日本人は僕一人だった。
同じ客車の中には、そのころ流行の雑誌だった「ポパイ」に出てきそうな「ウエストコースト風」ファッションの男1人、女2人の日本人がいる。

彼らは、ディズニーランドに行くようで、アナハイムで降りようとしているようだ。
アメリカの鉄道は車内アナウンスがない。

彼らはロサンゼルスを出たとたん、降りる用意をして大騒ぎをしながら大きな荷物をいくつもドアの方へ運んだ。
時刻表を持ってないようで、「次がアナハイム?」「今どこなの?」と大声で騒いでいる。


【アナハイム駅からアナハイムスタジアムを見る】

彼らがバタバタと、アナハイムで降りたあとは、車内はとても静かになった。
鉄道路線はカリフォルニアの海岸線ぎりぎりを通っている。

サンンディエゴに近くなると、窓からは、海岸で遊んでいる人達が見える。
3月なのにトップレスで、デッキチェアに寝そべっている白人美女もいる。

カリフォルニアでは海流が冷たいし波も荒いので、あまり海で泳いだりはしない。
だから3月初めでも、今日のように日差しが強くて30℃近くに気温が上がれば、夏と同じように海岸に人が繰り出す。


【サンディエゴの鉄道駅】

サンディエゴ到着が、午後1時45分(2時間45分)。
駅を出て、港と反対の方角にYMCAの前を通って5分程歩くと、道の左側にグレイハウンドのバスターミナルがある。

サンディエゴからは、このままグレイハウンドバスで、メキシコの国境を越えることにする。
グレイハウンドのティファナ行きには2種類ある。

一つは以前僕が使った、サンイシドロのボーダーを通って、ティファナの街へ行くもの。
もう一つが直接ティファナのバスターミナルへ行くルート。

ティファナの町からメキシコシティやバハカリフォルニアのラパスへ行くバスの発着するバスターミナルまでは離れている。
重いバックパックを背負って、町からバスターミナルへ行くバスを捜すのも面倒だ。

それにティファナの町は一度見ている。
直接バスターミナルに行ってしまった方がいろいろと面倒が省けるので、バスターミナルに直行するバスに乗ることにする。

時刻表を見る。
次のサンディエゴからのティファナ中央バスターミナル行きは午後2時45分。

バスの切符を買った後、本屋でアガサクリスティーの「The Mysterious Affair at Styles(スタイルズ荘の怪事件)」を買う。
クリスティーは時間つぶしに読むには最高だ。

昔から日本語でも英語でも何度も読んでいるのだが、不思議に飽きない。
スペイン語圏に一旦入ってしまえば、日本語の本はもちろん英語の本も入手しにくいはずだ。

ロサンゼルスの日系図書館から、安い文庫本をずいぶん買って来た。
だが、バスに乗ってたりすると日本語の本だと一日4冊ぐらいは軽く読むので、いくらあっても足りない。

サンディエゴのバスディポで列に並んだ。
ほとんどはメキシコ人だが、一人だけ背の高い白人の旅行者がいる。

僕もロンドンにいる時はアメリカンインディアンによく間違えられたが、バックパックを見れば旅行者なのは一目瞭然だ。
向こうから話しかけてくる。

彼は西ドイツ(この頃はまだ分裂状態だった)から来た学生で、名前はラルフ。
貧乏旅行なのでドイツからLAに飛んできてここまで、飛行機の中で休んだ以外3日間、まともに寝てないということだ。

話を聞くと彼はメキシコ旅行が目的で、バハカリフォルニア(カリフォルニア半島)をバスで下るという。
僕とメキシコシティまでは同じルートだ。

彼のドイツ語のガイドブックにはバハカリフォルニアで鯨を見ることを推薦してある。
途中の町で下りて、ホエールウォッチングをする予定だとか。

なかなか性格の良さそうな奴だし、足手まといにもならないので一緒に行くことにする。
国境を超えるときに、旅行者同士で助け合うのは、世界中のバックパッカーの暗黙のマナーだ。

国境越えのグレイハウンドバスに乗り込むが、乗客はほんの10人程度。
高速道路を走ってメキシコの国境に着くと、バスが止まった。

乗り込んできた役人が僕とラルフを降ろす。
イミグレーションに連れて行かれて、ツーリストカードを見せると、滞在許可を90日と書き込んでくれた。

ラルフはドイツでカードをもらって来ていた。
荷物チェックは無しだったが、ティファナの町に歩いて入るルートに比べると本格的に国境を越えるという感じがするね。

国境を越えるとすぐに、なかなかキレイなセントラルバスターミナルだ。
午後3時35分着。

バスターミナルのカウンターで、ドルをペソに両替をする。
トラベラーズチェックだと1ドルが2320ペソ、ここでは1パーセントの手数料を取る。

50ドルを換えて11万4千8百4十ペソを手にした。
ティファナから、バハカリフォルニアの南の町ラパスへの直行バスに乗るつもりだった。

だが、次のバスは夜中になる上に、予約は満員だそうだ。
ここからラパスまでは20時間程かかる。

ラルフも疲れているし、僕も昨夜の酒が残っていて、二日酔いだ。
国境を越えたとたんに無理をする気はない(だって、もうけっこうな年齢なのだから)。

しかし、僕はわざわざがさつなティファナの町に戻って泊まるつもりはない。
そうラルフに言うと、彼もなるべく早く南へ下りたいとのことだ。

時刻表と相談して、ちょっと南の町エンセナーダまで進むことにする。
かなりくたびれたバスは僕たちを乗せて砂漠を1時間20分ほど走った。

ちょうど日が暮れたころ、エンセナーダのバスターミナルに着いた(料金4000ペソ)。
バスターミナルから、港の方へ歩いて行く。

ラルフのドイツ語のガイドブックを信頼して彼の推薦するホテルを当たった。
意外にエンセナーダのホテルは高くて、ベッドだけしかない部屋でシングル20ドルもする。

これじゃあ、あの素晴らしいLAの「ホテル加宝」よりも高い。
しかし、ラルフと2人でツィンに泊まるつもりはない。

結局3軒当ってまわった。
シングルで13ドルも出して、窓もない(どうせ1泊だからいいのだけれど)変なホテルに泊まることに決める。

その後2人で行った中華レストランは料理8皿にスープがついて、ビールの小びんを3本飲んで16000ペソ(900円)だ。
ホテルは高いが、食事はなかなかいいぞ!

部屋に帰ってきて、ベッドの薄いマットに、1人横たわる。
ようやくメキシコとの国境を越えてしまった。

これからが本物の旅の始まりだ。
伝説のマヤ・アステカ・インカの遺跡が僕を待っている。

そしてアマゾン川、イグアスの滝。
もう一度アメリカに戻るのはいつになることか?

その時僕はどう変わっているのだろう?
考えているうちに、つい眠り込んだようだった。

真夜中に隣の部屋から男女が仲良くしている声が聞こえてきて、目が覚めてしまう。
よく聞こえる理由は壁の上の方が、開いていて、隣の部屋と繋がっているせいだ。

テーブルをずらしてその上に乗り、覗こうとしたら、がたんと大きな音を立ててしまった。
例の声は止んでしまったが、再開するのかどうか確かめないまま、また僕は眠り込んでしまったようだ。

とにかくこれが、僕の長い中南米旅行の始まりだったのだ。


 中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx