『アンティグアを出て、グアテマラシティからバスで国境を越えて、サンサルバドルへ』@サンサルバドル/エルサルバドル
1989年4月29日、アンティグアのスペイン語学校生活、ワーホリ夫妻との楽しいお付き合いが終わる。
僕は、今日、グアテマラを出て、エルサルバドルへと向かう。
4月29日は、考えてみれば昔の天皇誕生日だよ。
1年前はイスタンブールで日本領事館を訪ね、シリアのビザを取るための「推薦状」をもらいにいった日だ。
本国の休日は海外の領事館は休みなので、受けつけてもらえなかったけれどね。
思えばあれからアフリカ・中近東・東欧・北欧・西欧から北米とずいぶん長い旅をした…。
この旅に出る前は、ロサンゼルスのホテル加宝には、思いがけなく長く滞在した。
それもこれも、中南米旅行にちょっとビビッてたせいなんだけどね。
ロサンゼルスを出てからは、陸路でメキシコ国境を越えて、メキシコをぐるりとバスで旅をしてきた。
メキシコからベリーズを通ってグアテマラへ入り、ティカル遺跡を見て、グアテマラシティへ入った。
そうして、アンティグアで、スペイン語を勉強しながら、1か月ほど過ごしたわけだ。
アンティグアを出れば、特に休む予定はなく、一気に中米をパナマまで下るつもり。
だって僕は、中米旅行をしているのではない。
僕は中南米一週旅行の途中で、しかも、このあとは太平洋をアイランドホップして、太平洋を横断するつもりなのだから。
アンティグア出発の朝は、午前6時半に起きた。
いつもの出発の日に比べて、ちょっと遅いのは昨夜のビールのせいだ。
ゆっくりトイレに行っく(バスに乗る時はこれが大切)。
ホテルの男の子に別れの挨拶をして、バスターミナルからグアテマラシティへのバスに乗るのが午前7時40分。
セントロに着く前の「29Calle,Zona3」でバスを降りるのが、午前8時半。
歩いて坂を下り、ごちゃごちゃしたバス会社の通りを歩く。
INGUAT(グアテマラ観光局)でもらったバス会社リストをチェックする。
「4aAv.1aCalle,Zona9」付近に「サンサルバドル」行きのバス会社があるはずだ。
グアテマラには大きなバスターミナルがなく、会社ごとに別々の場所でバスが出る。
正しいバス会社を見つけるのが面倒なんだよね。
歩いて行くとおじさんが話しかけて来て、「サンサルバドルへ行くのか?」と聞く。
「シー」と答えると、連れて行かれたのが、ガレージのようなところ。
バスを修理している。
このバスがサンサルバドルへ行くというのだが、その場にいる人たちを見ても、どうも怪しい。
30分ほど待っても動きがなく、どう考えてもおかしい。
しびれを切らして、他のバス会社を捜しに外へ出る。
すると、出た角に大きなバス会社があるじゃないか。
「MELVA INTERNACIONAL」、これが、僕が捜していたサンサルバドル行きのバス会社なんだよ。
会社には、小さいが、奇麗な待合室もトイレもある。
切符はアンティグアからエルサルバドルの首都サンサルバドルまで10Q(500円)。
待合室の売店で、サンドイッチとカフェコンレチェとペプシで3.5Q。
バスは定刻10時30分に出発した。
そのまますんなりと走って、グアテマラ側のボーダーポストへ着いたのが午後1時30分。
出国税を3.5Q取られる。
国境には両替屋の大群が待っていて、余っていたケツァルを全部コローネに替える。
そのレートは1Q=2C(つまり1コローネが約25円)。
残っていたのが53ケツァルだから、106コローネになった。
バスに乗ったまま川を渡り、エルサルバドルのボーダーポストに行く。
エルサルバドルは、さすが内戦状態にあるというだけに、役人の目つきが厳しい。
荷物の検査も全部開けてまじめにやるし、冗談を言える気楽な雰囲気ではない。
出国税は本当は2Cのはずだが、3C取られた。
1C(コローネ)は25円なので、もちろん文句は言えないし、言わない。
エルサルバドルの滞在許可は、15日しかくれなかった。
僕としては、30日くらいもらえると思い込んでいたからね。
しかしあとで人に聞くと、エルサルバドルでは陸路入国の時の最大許可が15日なのだとか。
前もって調べた情報といものは、あくまでも参考にしかならないんだ。
グアテマラの滞在を伸ばすためにエルサルバドルの国境を越えるという旅行者がよくいる。
グアテマラからは、新しい滞在許可をもらうためには、72時間以上出国していなければならない。
あまりに出入国が続いたり、怪しげな人物だと、エルサルバドルでは2日しか入国許可をくれないそうだ。
その時はホンジュラスに行ってしまえばいいだけだけどね。
グアテマラシティから、エルサルバドルの首都サンサルバドルまでは、5時間で着く予定。
しかし、サンサルバドルのMELVA社のターミナルに着いたのは午後4時半だった。
結局6時間かかった訳だ。
この理由は、エルサルバドルの道路で、軍がバスを止めて検問するから。
バスを降ろされてバックパックを開けられパスポートまで調べられたのは1度だけだった。
それ以外にバスを止めて自動小銃を持った兵隊が乗り込んで来て、乗客をにらむというのは3回もあった。
僕はアメ横の中田商店で買った米軍のアーミージャケットを着ている。
どうもこれが評判が良くないようだね。
貧乏旅行にはアーミージャケットは非常に便利なのだが。
このままどこでも寝れるし、ポケットが大きいので本も簡単に入る。
ここエルサルバドルでは着ない方がいいかも知れない。
明日からはバックパックの中に隠すことにしよう。
MELVA社のターミナルはサンサルバドルの郊外にあった。
「シューストリング」によるとホンジュラスとの国境に行くバスは、別のターミナルからのようだ。
こことは違う、「TERMINAL DE ORIENTE(東ターミナル)」からのバスがホンジュラスへ行く。
今日はこのままサンサルバドルで宿を取ることになるが、明日は早く国境を越えたいもの。
軍人ばかりの所は居心地が悪い。
これまでの旅行の経験から言っても、また旅行の常識から言っても「安宿はバスターミナルのそばにある」はず。
東部バスターミナルまで行って、すぐそばの安宿に泊まり、明朝早いバスに乗れば便利だろう。
今どこにいるのかさっぱりわからないのだから、停まっているタクシーを使ってもいい。
客待ちしていたタクシーの運ちゃんに値段を聞く。
「セントロまで10 (センターボ)、東部バスターミナルまで15 」と言う。
10センターボ といえばたったの2.5円。
いくらなんでも、タクシー料金としては安すぎる、これはおかしい。
10C(コローネ)ならば250円で納得出来る(でもそれだと高すぎるよね…)値段なのだが。
「コローネでしょ?」と聞いても「センターボだ」と言いはる。
よく解らない話だ。
詐欺なのだろうか?
それとも強盗タクシーなのだろうか?
「タクシーは出来るだけ使わない」というのも旅行者の原則なのだ。
それに従ってこの怪しいタクシーには乗らず、ローカルバスを使うことにする。
バスの値段は30センターボ 。
バスの料金が30センターボなのだから、タクシーが15センターボのはずはないのだけれど。
わからないことは考えないことにしよう。
もちろん東部バスターミナルがどこなのか解らない。
こういう時は乗客と仲良くなって教えてもらうに限る。
まわりのバスの乗客に、「東部バスターミナルはどこで下りればいいんですか?」と聞きまくる。
こういう時は出来るだけ頼りなさそうなそぶりをする方がいい。
「どこから来た?」と聞かれるので、「日本からです」と答える。
すると「なーんだ、チーノ(中国人)か」という声が聞こえるが怒ってはいけない。
中南米では「チーノ」とは、中国人ではなくて、どうやら東洋人のことを言ってるらしいのだ。
でも、みんな親切なので、こうやって話をしておけば、誰か助けてくれるものだ。
バスはエルサルバドルの中心部の混雑したメルカードの近くを抜ける。
さらに、細い道をたどって、またちょっと郊外へ抜けようとした。
一緒に乗ってた人たちが「ここだここだ。チーノ。ここで降りろ」と教えてくれる。
バックパックをつかんで慌てて降りる。
見ると道の反対側にあんまり奇麗じゃないバスが止まっている。
ちょっと見るとゴミ捨場のようだが、確かにターミナルとも考えられる。
実はこれが東部バスターミナルだった。
予想していたのと違って、バスターミナルの周囲に、安宿や安食堂が集まっているのではない。
これは困った。
東部バスターミナルは結局セントロから近過ぎるみたいだ。
仕方ない、もう一度セントロに帰って、今夜の宿を捜そう。
近くにいた12歳ぐらいの少年に「どのバスに乗ったらいいの?」と聞く。
バスがやって来たら、それを指さして「これ」と言う。
29番のバスだ。
乗り込むと、なぜか、少年も一緒に付いてくる。
中心部の公園で降りても、少年がホテルを捜すのを手伝ってくれる。
3軒当たっていい部屋がなくて、納得が行かず、通りを歩いている。
たまたま「シューストリング」にあった「ホテルサンカルロス」に出くわす。
ガイドブックに載るだけあって、さすがに旅行者が多くて、雰囲気がいい。
個室にシャワーもトイレも付いて、25C(625円)。
2階に部屋を決めて、少年にお礼をしようと下に降りると、もういなくなっていた。
あれあれ、グアテマラ国境の少年とは違う。
本物の親切少年だったのだろうか?
それとも、僕が部屋を見ている間に、ホテルからなにかもらったのか?
これも、よくわからないので考えないことにした。
この時期はエルサルバドルは内戦中で、サンサルバドルには、夜間外出禁止令が出ていた。
午後6時以降は外出禁止で、うろうろしていると鉄砲で撃たれるらしい。
慌てて、外へ食事に行く。
ホテルからちょっと歩いた所に安いレストランがあって、同じホテルに泊まっている白人旅行者たちが、たむろしていた。
僕は出来るだけ町の中へ出ることにする。
明日早くホンジュラスへ向かうので、今しかサンサルバドルの町を見るチャンスがないんだ。
中心部の小綺麗なレストランでステーキとスープを取って、ビールを5本飲んだ(驚)!
この夕食で、30C(750円)かかったよ。
ちょっと豪華すぎたかもしれないね。
アンティグアでの気楽な生活からテロで有名なエルサルバドルにやって来た。
国境を越えるだけでも神経を使うし、サンサルバドルで宿に落ち着くまでも、肉体的にも精神的にも疲れたんだよ。
外出禁止時間に近くなると、あっという間に町から人影が消える。
レストランからがらんとした通りを走って、ぎりぎりにホテルに飛び込む。
ホテルで、またビールを飲んだ(1本2.6C/65円)。
世界旅行主義でも「一日の旅の終わりには、ビールが必要」となってるしね。
サンサルバドルに一泊して、明日はホンジュラスに行く。
それからすぐに、内戦状態のニカラグアへ突入だ。
これだけ急いでいるのには理由がある。
グアテマラシティのニカラグア大使館で取ったビザの有効期限が、発行から1か月。
あと4日以内にニカラグアに入国しなければ無効になってしまう。
アンティグアで、「東欧のビザがあるとホンジュラスへ入れない」という噂を聞いた。
信じてはいないのだが、完全には無視できない。
この話が本当でホンジュラスに入国出来なければ、別の国境からもう一度トライする余裕も必要だしね。
明日、エルサルバドル・ホンジュラス国境が通れるかどうかわかるさ。
ベッドに入る前に祈った。
神様、僕を導いてください。
僕は神の導きに従うだけの、子羊です。
なんとかなるだろう。
ならないなら、ならないだけだ。
心配しても仕方がないことは、考えない。
これが海外個人旅行の秘訣なんだよね。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx