《1ダースの国境越え》 
次の「国境を越えるエピソード」12個は、1987年から1990年まで、僕が世界一周をしていたころの話です。
僕の本にある旅の話は、最近の経験がメインになっているのですが、実はその奥には、このようなディープなバックグラウンドがあるわけですね♪
「国境を越える」は、この他にも、たくさんネタはありますから、ベストセラーに興味のある出版社は急いで御連絡ください。
《雨のシェルブールから、英仏海峡をフェリーで渡り、優しさに出会う》
シェルブール(フランス)〜ポーツマス(イギリス)
 (雨のシェルブールから夜のポーツマスへ英仏海峡をフェリーで渡る)
《ジブラルタル海峡を越えて、初めてアフリカの風に吹かれる》
アルヘシラス(スペイン)〜タンジェ(モロッコ)
 (ジブラルタル海峡を越えて、鉄道でタンジェからカサブランカへ)
《ラプラタ川を水中翼船で越えて、モンテビデオに過去の繁栄を想う》
ブエノスアイレス(アルゼンチン)〜コローニャ、モンテビデオ(ウルグアイ)
 (南米の大河ラプラタ川を水中翼船で越える)
《インティファーダの中、アレンビーブリッジを渡り、エルサレムの夜に遠く砲声を聞く》
アンマン(ヨルダン)〜エルサレム(イスラエル)
 (インティファーダの中、アレンビーブリッジを越えてエルサレムへ)
《アマゾン奥地三国国境地帯、タクシーで国境を越える》
バチンガ(ブラジル)〜レティシア(コロンビア)
 (アマゾン奥地三国国境地帯で、タクシーで国境を越える)
《エクアドルビザの謎=焦って取ったビザは大損だった!》
サンホセ(コスタリカ)〜キト(エクアドル)
 (中米から南米へのフライト、そこにはエクアドルのビザ問題という大きな落とし穴が)
《オーストラリアも、インドネシアも、敢えて片道切符で入国する》
ダーウィン(オーストラリア)〜クパン(インドネシア、チモール島) (世界旅行者はオーストラリアもインドネシアも、片道切符で入国する)
《アルジェリアからチュニジアへ、砂漠の国境をタライを持って越えると、そこには日本の映画撮影隊が…》
エル・ウッド(アルジェリア)〜トゥズール(チュニジア)
1988年 (北アフリカ三国のガイドブックに、どこまでもだまされ続けた話)
《鉄道に乗って、一日で4か国、ヨーロッパの三つの国境を越える》
アムステルダム(オランダ)〜ブリユッセル(ベルギー)〜ルクセンブルク(ルクセンブルク)〜ストラスブール(フランス)

(世界旅行者は神に乗り移られる)
《革命政権下のニカラグアへ突入し、その日のうちにマナグアへたどりつく奇跡を起こす》
テグシガルパ(ホンジュラス)〜マナグア(ニカラグア)
 (ホンジュラスから、革命政権下のニカラグアへ、たった一日で入国する奇跡)
《ユーゴスラビアからハンガリーへ国境越えすると、同行のアルジェリア人がどこかへ》
ベオグラード(ユーゴスラビア)〜ブダペスト(ハンガリー)
 (海外個人旅行の基本は面倒に巻き込まれないこと)
《長い滞在のロサンジェルスを、やっと思い切って、さあ中南米旅行が始まる》
ロサンジェルス(米国)〜ティファナ(メキシコ)
 (中南米を陸路で一周する長い旅がここから始まった)

world index


xxx