ボロブドール遺跡へローカルバスで往復する@ジョグジャカルタ/インドネシア

【ボロブドール遺跡】
僕は最初の世界一周の途中、1990年に、オーストラリアのダーウィンからインドネシアのチモール島へ片道切符で入国した。
そのあとバリ島のサヌールビーチで少し身体を休めて、ジャワ島のジョグジャカルタへと飛ぶ。
注)オーストラリアからチモール島へ入った話。
ジョグジャカルタの空港インドネシア音楽研究の日本女性たち3人と出会う。
声をかけて、一緒にタクシーをシェアして、プランバナン遺跡を見た。
僕としては、ただ、空港からジョグジャカルタの町へのタクシーをシェアしようと声をかけた。
すると、彼女たちがプランバナン遺跡へ行くというので、ついてっただけなんだけどさ。
プランバナン遺跡などというものは、彼女たちに会うまでは名前のかけらも聞いたことがなかった。
まあ、この時代、普通の日本人はほとんど知らなかったんじゃないかな。
でも、このとき世界旅行者が訪問したということも一つの大きな要因となったようで、1991年に世界遺産に登録された。
世界遺産になってしまえば、誰だって興味を持つものだ。
今では、ボロブドール遺跡を見に来るツアーには必ずプランバナン遺跡もトッピングされて、さらにおいしくなっていることだろうね。
まあ、ジャワからのツアーも出ているようだし。
しかし、プランバナン遺跡を見るためだけに、わざわざジョグジャカルタへやってくる人はいない。
このとき、神が女子大生さんたちを餌にして世界旅行者をプランバナン遺跡へ導いたと考えるのが自然な流れだ。
神は偉大なり!
さて、世界旅行者がジョグジャカルタへ来たのは、別の理由がある。
もっともっと名前の知れた、中学校の教科書にも載っている「ボロブドール遺跡」を見るためだ。
もちろん遺跡へ行くなら現地のツアーに参加すれば簡単。
しかし、世界旅行者はそんな安易なことはしないよ。
当然、現地の交通機関を使う。
まず、観光案内所へ足を運び遺跡への行き方を聞き出す。
観光案内所の説明どおりに、歩いてバスを見つけ、ムンティランでバスを乗り換え、ボロブドールのバス停へ到着。
バスを降りた後、方向を間違えて歩いてしまったので、通りかかったベチャックというリキシャーに乗り、ボロブドール遺跡の入り口へ。
さすがユネスコが整備しただけあって、入り口から遺跡までに距離がある。
遺跡の整備に無駄に金をかけている。
これは、グアテマラのティカル遺跡でも感じたことだが、公務員のやる施設整備事業というものは金の無駄遣いをするという典型だと感動する。
まず遺跡の頂上まで登って、ゆっくりと降りながら一応全部見た。
巨大な仏教寺院らしい。
教科書にも出てきた寺院だが、それほどの感動はない。
いまは、わざわざ見に行く人もいないだろうから、バリ島からの日帰りまたは一泊ツアーで訪れることが多いようだ。
この遺跡は、世界遺産になっているが、それほど魅力的なところではありません。
またベチャックに乗って、ちょっと離れたところにあるパウォン寺、メンドゥ寺を見た。
気がついたのは、日本人が第二次世界大戦で亡くなった戦友を弔うために立てた石碑が、あちこちにあったこと。
そうそう、遺跡へ行くバスの中でイヤに化粧の濃いインドネシア人の女性二人と話をしたよ。
彼女たちは学校の教師と自己紹介をして、「日本人にしては英語が上手ね」と褒めてくれた。
でも、世界旅行者はなにしろ「ケンブリッジ大学英語検定試験特級(CPE)」というすごい資格を持っている。
だから、彼女たちの英語が教育を受けたものではないと見破ってた。
多分夜の商売の女性なのだろう。
そういう出会いもまた、ローカルバスに乗ったからこそだよね。
ボロブドール自体は、たいした仏教遺跡でもないので、ローカルバスで往復すると、面白いかもしれません。
またバスを乗り継いでジョグジャの町へ戻りました。
【旅行哲学】現地の交通機関を使って旅をするとツアーより3倍は楽しいかも。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD