「White Dolphin」@トンレサップ川〜シェムリアップ/カンボジア

【ホワイトドルフィンの船着場で】
2002年の「上海ーバンコク世界旅行者説教旅」のお話。
サイゴン(ホーチミンシティ)から一日がかりで移動して、プノンペンの「キャピタル3」にチェックインした。

キャピタルレストランへ行ったら、世界旅行者みどりのくつした(みどくつ/みど先生)のファンがたくさんいて、ビールを飲んで盛り上がった話は、また別の機会にね。

僕はプノンペンからシェムリアップへ行く。
思い起こせば、1994年にプノンペンへ来た時は、飛行機でシェムリアップへ往復した。

そのときトンレサップ湖を空中から見た印象が、「旅行哲学」的によかったよ。
人間の小ささが良くわかったから。

2002年になると、プノンペンからシェムリアップへのバスも運行していた。
が、道がまだ悪くて、10時間かかるという噂があった。

つまり、貧乏な旅行者でお金を節約する人はバスで時間をかけていく。
お金のある人は、飛行機を使う。

しかしこの時期、普通のバックパッカーはトンレサップ川を行くボートを使うことになっていた。
もちろん、バスよりもボートで移動する方が「世界旅行主義」的にはポイントが高い。

そこで、キャピタルのカウンターで値段を聞いてみると、なんとボートには2種類あるという。
安いボートと、高いボート。

安いボートの話はあちこちで聞いていた。
ボートの屋根に乗って移動するのが、景色が良く見えて、いいんだそうだ。

でも、世界旅行者みどりのくつした(みどくつ/みど先生)は、この時、もう50歳を越えているんだよ。
ボートの屋根に乗って移動するなんてしたくない。

できるだけ、楽して旅をしたい。
だってもう、死ぬほど苦しい旅はやり尽くしているからね(涙)。

今では、時々思う。
「ひょっとして僕はもう死んでいるのかしら」ってね。

昨夜キャピタルレストランで飲んで親しくなった、旅行者諸君に声をかける。
「高いボートがいいらしいよ♪」ってね。

その高いボートは、なんでも2階建てになっていて、日本製だそうだ。
料金は27ドル(念のため、これは2002年の話)。

ベトナムからカンボジアへ、一緒にバスで国境越えした日本人旅行者の若者2人と僕の3人で、ツアーに申し込む。
キャピタルから船着場へ、またシェムリアップの船着場からゲストハウスまでの送迎が付いている。

キャピタルの旅行社の美女の情報では、「雨が降っても二階席に屋根があるので景色が良く見えますよ」とのこと。
翌朝、キャピタルレストランでピックアップ。

旅行社のお姉さんと日本人3人でマイクロバスに乗り込む。
バスは「Mekong Express White Dolphin」の船着場へ。

驚いたことに、船着場にはJALの制服のようなものを着たクメール美女が待っていた。
彼女らがただ美しいだけではなく、恐るべき特技を持っていることは、この旅行記を読んでいると、徐々に明らかになるだろう。

【トンレサップ川を行くホワイトドルフィンの2階席で】
ホワイトドルフィンの切符を渡されるが、それは飛行機の搭乗券と同じ形だ。
ちょっと高級な感じがする。

しかし、高級なだけに内容もいい。
全席指定で、僕たち日本人男性の席は2D,2E,2Fという席。

これは、大きなテレビの前の席だ。
しかもテレビは東芝製。

テレビには、飛行機と同じく、救命胴衣のつけ方などの安全についての注意が流れる。
そのあとは、熱いおしぼりサービスもある。

ただ、こんなに設備がいいのに、席はガラガラだ。
客は10人くらいしかいない。

ボートが午前8時に船着場を出て、トンレサップ川を遡りだす。
ボートの2階へ上って、川岸の景色を見る。

2階は指定席ではなくて、プラスチックの椅子が置いてあるだけ。
トンレサップ川を行くボートの2階席で川岸の水上家屋を見るのは、キモチイイ。

でも、5分くらいいると飽きた。
船の上で、風に吹かれ続けているのも疲れるからね。

1階の指定席へ戻ると、スチワーデスさんがジュースかコーラの飲み物を配っていた。
もちろん無料で、わざわざお盆に載せて運んでくるところがにくい。

目の前のテレビ画面では映画の上映が始まる。
映画を観てても仕方がないので、また2階席に上がる。

【トンレサップ川の水上家屋】
カンボジアの8月は雨季なので、水位も高いようだ。
川の両側の水上家屋は高床式なのだが、水位が高いので、それがはっきりと見えない。

10時20分ごろになって、急にボートの速度が落ちる。
これは、トンレサップ川の幅が狭くなったからだ。

そのあと、11時ごろにボートはトンレサップ川からトンレサップ湖へと入った。
トンレサップ湖は大きいだけなので、2階席に上っても景色は見えない。

しかしこのあと、恐るべき悲劇が待っていたことを、神ならぬ身の知る由もなかった。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつ/みど先生)にも、予測できないことがあるってことね。
この話の続きは、「White Dolphin」でモンキーダンス
【写真】ホワイトドルフィンの船着場にて/2階席にて/トンレサップ川の水上家屋

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx