チャオプラヤーエクスプレスから、ワットアルン(暁の寺)を見て、失った恋を想う@バンコク/タイ

【暁の寺/ワットアルン(Wat Arun)】
世界旅行者はバンコクのスカイトレインスでチャオプラヤー川へ出る。
チャオプラヤーエキスプレスに乗って、カオサン近くの船着場まで、移動した。
その途中、右手に僕がインド旅行帰りに宿泊した「オリエンタルホテル」を眺め、左手にはワットアルン(暁の寺)を見る。
そう、想いおこせば、バンコクからネパール、インド、それからスリランカを回って、帰りにオリエンタルホテルに泊まって、豪華プールでたった一人泳いだことがあったなー。
暁の寺には、ずいぶん昔のことだが、大好きだった女の子と二度来たことがあったよなー。
一度は互いに好きだった時、もう一度はすこし仲が悪くなってから…(でも僕は好きだったんだけどね…)。
と、センチメンタルなキモチに浸る。
旅に出て、過ぎ去った恋の想い出に浸るのは、悪いことではないね。
だって、旅先なんだから。
【写真】チャオプラヤーエキスプレスからワットアルンを見る。
【旅行哲学】旅に出て、失った恋を思い出すのは許される。だって、旅先なんだからさ。