ドグバヤズィットからワンへ行って泊まり、ワン(VAN)湖にがっかりして、ディヤルバキールへ@トルコ

【ワン湖】
イランからトルコの国境を超えて、マイクロバスでドグベヤズィットへ。
ドグベヤズィットで昼飯を食べて、バスを乗り換えて、ワン(VAN)の町へと進む。

ワンという町は、トルコ東部のワン湖の湖畔にあることになっている。
が、町の中心は湖からちょっと離れているので、町にいるだけでは湖は見えない。

ワン湖には、恐竜が泳いでいたという目撃情報もある、神秘的な湖だ。
と思っていたら、何の変哲もないただの湖だった(涙)。
最初に見たときは感激したが、その感激は5分と続かずあっけなく消滅した。
僕が最初にトルコへ来た1988年から、トルコ東部のワン湖に憧れを抱いていたものだが。

トルコ東部はクルド民族問題がある。
だから、軍隊が目に付き、三回ほどバスを止められてチェックがある。
ワンへ到着してバスを降りたが、特に面白くもおかしくもない、きれいでも汚くもない普通のトルコの町。
世界旅行者の勘を使って、適当に歩いてみる。
すると「Lonely Planet」に名前があった「Otel Sirhan」を見つける。
トルコでは「Otel」とはホテルのことだ。

ちょっと高いが、部屋を見ると壁紙がピンクで金具は金色に光り、まるでラブホテルみたいだ。
これを交渉して18ドルにする。

バスターミナルへ明日のバスの切符を買いに行こうと、フロントでタクシー料金を聞く。
ホテルで言われた料金の方が、タクシーの運転手さんの料金よりも高かった。
なんとなく信用の置けないホテルだったよ。
町の中のバス会社オフィスで明日のアンタクヤ行きの切符を買う。
トルコ東部ではワン湖を見ればそれで十分。
一気にトルコ東部を抜けて、シリア国境のアンタクヤへ行ってしまおうと考えたんだ。

午後1時にワンを出発して翌朝6時アンタクヤ着、乗車時間17時間。
これで一千万トルコリラ(3千円)。

しかし、翌日になって、考え直して、バスの切符をキャンセルする。
無理をしてバスに一晩乗り続けるというのは、世界旅行者ももう歳なので勘弁して欲しいね。

とにかくバスターミナルへ行って、出発寸前のディヤルバキール行きのバスに飛び乗る。
午前9時ワン発、ディヤルバキール着が午後4時半。
これならば、昼間移動で夜は身体を休められるので、おじさん旅行者にピッタリだ。
バスの中で日本人の旅行者と会ったので、話をしながらディヤルバキールへ。
バスターミナルからドルムシュに相乗りして、町へつくと、日本に住んでいたというトルコ人が話しかけてきた。
ホテルを紹介するというが、いかにも信用できそうにない。

彼を振り切って、世界旅行者の勘のままに歩いてホテルを発見する。
ホテルを三つほど見て回って、非常に近代的な「BALKAN HOTEL」(20ドル)に決める。

部屋は大きくはないが、テレビもあり、空調が完璧で、バストイレもピカピカで、日本のビジネスホテル並みの清潔さだ。
ただ問題だったのが、衛星放送が入っていて、なんとヨーロッパの「VENUS TV」という女性の裸がたくさん出てくる番組をやっていたこと。
目をさらにして熱心に見ていたが、本格的なエッチ放送ではなかったようだった。
これが、メキシコシティのホテル「PENSILVANIA」では「MIDNIGHT BLUE」という本格的な衛星放送が入ってて、眠れなかったけどね(涙)。

でも白人女性の裸が、たくさん見れたので、なぜかがっくりと疲れてしまいましたとさ。

【写真】ワン(VAN)湖
【旅行哲学】女性の裸を見放題のテレビがあると、なぜか翌朝疲れている。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD