『ユルギュップからアンカラへ移動したが、ホテルに忘れ物をしたので、取りに戻ることにする(神の定めを知る)』@アンカラ/トルコ

1988年5月1日にイスタンブールを夜行バスで出て、5月2日3日4日と、カッパドキアで過ごした。
今日、5月5日は、カッパドキアを出て、トルコの首都アンカラ(ANKARA)へと向かう。
この理由は、「カッパドキアを見たのでとっととイスタンブールへ戻ろう」ってことね。
僕はもともと、ロンドンを起点として旅を続けている。
僕はなぜか、ロンドンで、エジプトのビザ、ケニアのビザを取ってしまっている。
そこで、アテネから、エジプト、ケニアと旅をするのが最初の予定。
トルコへ来ているのは、アテネで出会った日本人旅行者の話を聞いたから。
心が揺れて、アジアとヨーロッパが出合うイスタンブールは見ておいたほうがいいかも、と感じたから。
「イスタンブールへ行くのが、神の導きだ」と考えたからなのね。
だからもともと、イスタンブールさえ見れば、僕としてはそれで十分に満足だった。
ところが、イスタンブールにいるうちに、「地球の歩き方」のトルコ編を見つけてしまった。
また、日本人旅行者と出会って話をした。
そのうちに、「ここまで来たら、サントリーウィスキーのコマーシャルで有名なカッパドキアは行かないとまずいだろう」という気持ちになった。
だから、カッパドキアの奇岩群を見れば、僕の目的は達成された。
あとは、イスタンブールへ戻って、またしばらくダラダラして、(列車やバスは疲れるので)また飛行機でアテネへ戻るつもり。
このフライトの料金は、1万3千円程だ。
しかし、イスタンブールへ戻るのに、来たときと同じような夜行バスに乗るのは避けたい。
それは、イスタンブールからネブシヒールへのバスで良く眠れなくて、身体がボロボロになったから。
イスタンブールからネブシヒールまで、11時間から12時間かかった。
この時間を一気にバスに乗るとすると、やはり、夜行バスのほうがいい。
しかし、カッパドキアからアンカラへ行って、アンカラを観光したらどうなるだろう。
カッパドキアからイスタンブールへ行く途中にアンカラがあるわけだから、旅を分割できることになる。
カッパドキアからアンカラまでが4〜5時間程度。
アンカラからイスタンブールまでが、6〜7時間になるだろう。
カッパドキアからアンカラへ、朝のバスに乗れば、午後の早い時間に到着できる。
しかも、もちろんアンカラはトルコの首都なので、それなりに見るものもあるでしょう。
5月5日の朝、ユルギュップのホテルヒッタイトをチェックアウトして、部屋代を12000リラ(千2百円)支払う。
チェックインのときにお金を前払いしてないわけだから、このホテルが安宿ではない、とわかるね(安宿は前払いが普通です)。
アンカラ行きのバス乗り場へ。
そこで、大阪方面から来た日本人旅行者に出会った。
彼は、これから陸路で、シリア、ヨルダン、エジプトと南下し、そこからケニアへ向かうとのこと。
僕もアテネに戻ったら、エジプト経由でケニアへ飛ぶつもりなので、「じゃあ、6月か7月ごろにナイロビで会おう!」と言った。
ただ彼とは、ナイロビでは会わなかったが。
でも、ナイロビでは、モロッコのマラケシュで話をした旅人と再会したけどね。
ま、それはそれとして、僕はアンカラ行きのバスに乗った。
5月初めで、寒くもなく、暑くもない、とてもいい気候だ。
バスも大型で、道路は舗装されている。
バスには、トイレは付いてないが、トルコ特有の巨大サービスステーションに立ち寄り、軽い食事やトイレができる。
車窓から見るアナトリアの風景も、穏やかで、なだらかな草原が続いている。
アンカラへ行く途中で見た湖(というか、草原の低いところに水がたまっている感じ)もステキだった。
5時間くらいして、アンカラのバスターミナルに到着。
そこから、市内バスで、ウルス(ULUS)という観光客の集まる地域へと移動した。
いまは、地下鉄が通っているようだが、1988年5月は、バス移動で25分かかった。
ウルス地区は、アンカラ城を中心とした、観光客の集まる地域だ。
ここを歩いていると、「ホテルヒッタイト(HOTEL HITIT)」を見つけた。
僕がユルギュップで泊まっていたホテルも、同じ名前のホテルヒッタイト。
これは何かの縁でしょうと、泊まることに決める。
なかなかいい部屋で、ツインのシングルユースで2万リラ(2千円)。
部屋にバックパックを置いて、すぐに、ホテルから上ったところにある「アンカラ城」へと歩いた。
アンカラ城からアンカラの市外を見下ろして、次に「アナトリア文明博物館」へ。
これは、僕が行った1988年には「ヒッタイト博物館」という名前だったと記憶している。
ほとんど人がいなかったので、ゆっくりと博物館を見て回った。
ホテル近くのレストランで食事をして、(もちろん)ビールを飲んだ。
部屋に戻って、荷物を整理していたとき、ワイヤロックをユルギュップの「ホテルヒッタイト」に忘れてきたと気付いた。
ワイアロックは、この時代、日本で買ったときは、2千5百円ほど。
これから、エジプト、ケニアと旅をするならば、ワイアロックがあったほうが安心だ。
僕は、アンカラのホテルヒッタイトのフロントに相談して、ユルギュップのホテルヒッタイトに電話してもらった。
僕が英語で話をして、僕のワイアロックがユルギュップの、僕が泊まった部屋に残っていることを確認する。
僕はなぜか、今朝、ユルギュップのホテルヒッタイトを出るときに、ワイアロックを部屋の荷物置きの台に、結びつけたままにした。
偶然にアンカラで、同じ名前のホテルを見つけて、泊まった。
そうして、ホテルヒッタイト同士で電話をかけてもらい、僕のワイアロックが、あることを確認した。
家具に結んであって外れないということなので、「番号は***です」と教える。
「明日行きます(I'll come tomorrow)」と言った。
その時に僕は、僕の運命がはっきりとわかった。
神は、僕にもう一度カッパドキアへ来るように呼んでいる。
とすれば、またアンカラへ来ることも、イスタンブールへ戻ることもできない。
神は、僕に「もっとトルコを旅しろ」と、僕のたどるべき道を示している。
ならば、僕は、ただ、神の声に従うしかありません。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx