『静かなウマイヤドモスクの絨毯の上で、ごろごろしていて、眠ってしまった記憶』@ダマスカス/シリア
僕が最初にダマスカスに入ったのは、1988年8月22日のことだった。
この日は、イスラエルのエルサレムを出て、陸路国境を越えてヨルダンのアンマンへ移動した。
そのままサービスタクシーに乗って、アンマンから陸路国境を越えて、シリアのダマスカスへ。
1日で、イスラエル(エルサレム)、ヨルダン(アンマン)、シリア(ダマスカス)と旅をしたわけだ。
これは、また別の話があるので、そちらを参照してください。
1988年といえば、イランイラク戦争の最中。
いま調べると、イランイラク戦争は、1988年8月20日に停戦協定が結ばれたということだ。
その直後だとしても、まだまだ戦争中だと考えてもいいだろう。
イランイラク戦争のシリアへの影響とは、ホテルがイラン人で占められていたということ。
つまり、イランの金持ちは戦争から逃れて、シリアに滞在していたんだ。
その影響はというと、とにかく、ダマスカスのホテルがイラン人で満室だったってこと。
僕は10軒くらいホテルを当って、次々に断られて、やっと一部屋見つけた。
このときは、「ダマスカスでは宿は見つからない」という話が流れていたようだ。
また、別な噂として、「日本人はヨルダンへ入国できない」というのもあったけどね。
でもこれも、また別の話として、語ろうと思う。
これは、ダマスカスの「ウマイヤドモスク(Umayyad Mosque)」の話だ。
わざわざウマイヤドモスクについて語るのは、このモスクは「世界最古のモスク」と呼ばれているから。
また、確かに、僕が見てきた世界中のモスクの中で、一番印象的だったからかな。
8月23日は、僕はまず、ダマスカスからパルミラ遺跡への交通手段を探して歩いた。
25日のパルミラ行きのカルナックバス(KARNAK BUS)の予約を取る。
そのあとで、ウマイヤドモスクへ行ったんだ。
モスクへ入るときは、もちろん、靴を脱がなければならない。
ここで、靴は、デイパックの中に入れる。
裸足になって、ウマイヤドモスクの外の広場を歩くと、大理石が足裏にひんやりして心地よかった。
モスクに入ると、天井の高い巨大な空間だ。
床にはじゅうたんが敷き詰められていた。
僕は特にやることもなかった(パルミラへのバスの切符を買ってしまっていた)ので、壁に寄りかかって、腰を下ろす。
ごろごろと横になっても気持ちいい。
アラブ人も、横になって休んでいる人が多かった。
僕もモスクの中のジュウタンに横になって、うとうとしたよ。
そのあと、僕は1988年8月25日にダマスカスを出て、パルミラへ行った。
続いて、アレッポからトルコのアンタクヤへ出て、バスを乗り継いでイスタンブールへと旅が続く。
だから僕のダマスカスの滞在では、ウマイヤドモスクの記憶が強く残っていたんだ。
僕はそれから11年後の1999年に、アジア横断旅行をした。
アジア横断旅行は、1987年から1990年の最初の世界一周旅行、1996年の2回目の世界一周旅行で完全に世界百カ国旅行を達成したあとの旅。
まだ旅し残していた、パキスタン、イランを見て、中国奥地のシルクロードを通るのも目的だった。
中東では、1987年にレバノンへ行ってなかったので、レバノンへ入って、バールベック神殿を見たいという気もあった。
レバノンへ行くためには、シリアから入ることになる。
つまり、またダマスカスを訪問する。
シリアのダマスカスへ入ったのは、1999年9月4日のことだった。
この「アジア横断旅行(1999)」では、日本を出て、中国、(フンジュラブ峠)、パキスタン、イラン、トルコと旅をして、シリアへ入った。
シリアではまず、アレッポで一泊して、すぐにダマスカスへ移動した。
ダマスカスでは、日本人にも人気の「スルタンホテル(SULTAN HOTEL)」に泊まる(103号室/24ドル)。
このホテルのフロントには、日本語の本がどっさり置いてあったよ。
部屋を決めて、思い出のウマイヤドモスクへ向かう。
しかし、1988年の記憶とは違って、モスクへ向かうスーク(商店街)がいやに賑わっている。
歩いていると、日本語で声をかけられた。
どうやら絨毯屋らしい。
「日本語で声をかけてくる絨毯屋」というのは、イスタンブールで散々経験している。
だから、あっさりと切り抜けようとした。
ついうっかり、「またあとでねー」と、軽く返事をしてしまう。
すると日本語を話す絨毯屋は、「あとでいいけど、店の名刺を渡したい」と答える。
名刺をもらうだけならばいいんじゃないかと、立ち止まる。
彼は、「あっ、名刺を忘れてきた!店に行って取ってくるので、一緒に来て欲しい」と言う。
その流れに乗ってしまうと、断ることが出来ない。
店に着いていくので、結局、店に連れ込まれてしまった。
ただ僕は、どんなことがあっても、絨毯屋で買い物をする気はないけどね。
そこは、この日本語使いもわかったようだった。
店の中には、ゴラン高原にPKOで派遣された自衛隊隊員のみなさんを始め、他の日本人旅行者諸君の大量の写真があったよ。
日本人相手にかなり儲けている雰囲気だったね。
僕は普通の日本人とはちょっと違って、雰囲気に流されて何かをするということはない。
また別に、旅先で現地の人と友達になりたいなんて、全く思っていない。
何も買わずに店を出て、モスクを見に行った。
しかし同じ通りを帰れば、絶対にこの絨毯屋が僕を待っていて、話しかけられてしまうだろう。
それを断るのも、切り抜けるのも面倒だ。
ウンザリだ。
だから、「Lonely Planet」のダマスカス地図を見て、わざわざ別の道を選んで脱出したよ。
面倒な話だよね。
なお、ウマイヤドモスクは、1999年に行った時、モスク前の広場には、ハトの糞が散らばっていた。
人も多かった。
1988年にやったように、モスクの絨毯で横になって、昼寝でもしようとした。
でも、寝ている人をたたき起こすのが仕事のおじさんがいて、ゆっくりとごろごろ出来る雰囲気ではなかったよ(涙)。
やはり、世界中どこでも、「昔のほうがよかった」ってことではないでしょうか。
僕の中では、ウマイヤドモスクは、1988年の、のんびりした、静かな、人の少ない状況として、キレイな記憶が残っています。
なんでも昔の方がよかったという話ね(笑)。
egypt jordan Israel syria turkey asia world index

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
xxx